*家とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 施設 > 建物 > *家の意味・解説 

うち【内】

読み方:うち

【一】[名]

(「中」とも書く)ある一定の区域範囲の中。

仕切られ内側内部。「家の—」⇔外(そと)。

中心または手前に寄ったほう。「—に切れ込むシュート

㋒ある範囲含まれるもの。「会員の—から探す」「これも仕事の—」「苦しい—にも張り合いがあった」

外から見えないところ。うら。「—を探ると、問題があるらしい」

心の中。心。内心。「腹の—を探る」「—に秘めた思い

㋕ある数量のなか。「三つの—から一つを選ぶ」

ある時間のなか。以内。あいだ。「一瞬の—に消えた」「試合二日の—に迫る」「若い—に苦労する

自分が所属しているものをいう

㋐(「家」とも書く)自分一員として属する家。また、他人の家含めて一般に家庭家族をいう。「—が貧乏で苦労した」「—じゅうで出かける」「よその—」

㋑(「家」とも書く)自分の夫、また、妻。「—に相談してからにします」

自分が所属するところ。「—の会社」⇔よそ。

手紙署名で、妻が夫の名に添えて「内」と書き代筆であるこを示す

(「家」とも書く)建物としての家。家屋。「いい—に住んでいる

(「裡」とも書く。「…のうちに」の形で物事行われる状況を表す。「暗黙の—に理解しあう」「会は成功の—に終わる」

仏教に関すること。仏教以外、特に儒教を「外(そと・ほか)」というのに対していう。

ひと続き時間。特に、現世という限られた時間

たまきはる—の限りは平らけく安くもあらむを」〈万・八九七〉

内面内輪うちとけた面。

「外(ほか)には仁義礼智信五常守りつつ、—にはまた、花鳥風月詩歌管絃専らとし」〈謡・経政

宮中内裏(だいり)。

「君はまづ—に参り給ひて」〈源・若紫

天皇

「—の渡らせ給ふを、見奉らせ給ふらむ御心地」〈一二八〉

【二】[代]一人称人代名詞。わたし。わたくし。自分関西地方で、多く女性用いる。「—は嫌やわ」

アクセント【一】17はウ【二】チ。

[用法] うち・なか——ある仕切り区切られ空間平面などを表す場合は、「外は寒かったが、部屋の内(中)には暖かく火が燃えていた」のように、「内」も「中」も同じように使うが、「内」のほうがやや文語的な言い方である。◇ある状態にあることを示す雨の中を歩く」「忙しい中無理に頼む」などは「内」に置き換えられない。また「中の指」のように順序中間を示すときも「内」とはいわない。◇「大勢応募者の内(中)から選ばれた人」のように「内」「中」は、また、ある範囲を示すこともある。この場合ある時間の範囲内であることを示す「朝、まだ暗い内に出発した」や、事柄がある範囲含まれることを示す苦労するのも勉強の内だ」などでは、「内」を「中」で置き換えることはできない

[下接句] 足元の明るいうち蝙蝠(こうもり)も鳥の内・舌の根の乾かぬうち自慢高慢馬鹿(ばか)の内・腹も身の内卑下も自慢の内目の黒いうち目高(とと)の内・夜目(よめ)遠目(とおめ)笠(かさ)の内


け【化/仮/花/家/華】

読み方:け

〈化〉⇒か

〈仮〉⇒か

〈花〉⇒か

〈家〉⇒か

〉⇒か


いえ〔いへ〕【家】

読み方:いえ

人の住むための建物。すまい。家屋。「—を建てる

自分の住んでいる建物。うち。自宅。「あすは—にいます」「友人を—に招く」

夫婦親子・兄弟など血縁の近いものが生活を共にする小集団家庭所帯。「結婚して—を構える」「—を切り盛りする」「貧乏な—」

祖先から代々続いてきた血族としてのまとまりまた、その伝的な名誉や財産など。家名家督。「—を継ぐ」

家族集団置かれている社会的地位家柄。「学者の—に生まれる」

㋑特に、よい家柄

愚かにつたなき人も、—に生まれ時にあへば」〈徒然三八

民法旧規定における家制度で、戸主統轄のもとに戸籍上一家をなしている親族団体

妻。

左大臣の—、昔よりよろしからず心聞こゆる人なり」〈宇津保・忠こそ〉

出家に対して在家在俗

「—にあり、人に交はるとも」〈徒然五八

[補説] 書名別項。→家


いえ〔いへ〕【家】


か【家】

読み方:か

[音](漢) (呉) [訓]いえ や うち

学習漢字2年

[一]〈カ〉

人の住む建物。「家屋家宅人家農家廃家民家隣家

血縁集団生活の場としての家。一家一族。「家事家政家族・家庭家風旧家国家婚家実家主家生家檀家(だんか)・貧家名家

自分の家の。「家兄家厳家父

その道専門にする人。一事秀でた人。「画家作家儒家諸家書家大家兵家専門家

そうした性向の強い人。そういう状態にいる人。「厭世家」「健啖家」「金満家」「倹約家

[二]〈ケ〉[一]2に同じ。「家来(けらい)/公家(くげ)・後家(ごけ)・在家出家他家当家武家分家平家本家宮家(みやけ)」

[三]〈いえ〉「家柄家路家元

[四]〈や〉「家賃家主借家(しゃくや)・平家(ひらや)」

名のり]え・お・やか

難読家鴨(あひる)


か【家】

読み方:か

接尾名詞に付く

そのこと従事している人であることを表す。「咄(はなし)—」「革命—」「芸術—」「起業—」

そうした性向の強い人、また、そういう状態にいる人であることを表す。「愛妻—」「情熱—」「努力—」「好事—」「財産—」


け【家】

読み方:け

接尾

姓氏などに付いて、その一族またはその成員であることを表す。「佐藤—」「創業—」

官職称号などに付いて敬意を表す。「将軍—」「右大臣—」


ち【家】

読み方:ち

いえ。すまい。多く格助詞「ん」を付けてん家」の形で用いる。「自分—」「お前ん—」


へ【家】

読み方:へ

《「いへ」の音変化》いえ。人家

春の野鳴くうぐひすなつけむと我が—の園に花咲く」〈万・八三七


や【屋/家】

読み方:や

【一】[名]

住むための建物家屋。いえ。「我が—」「一軒—」

屋根

声高になのたまひそ。—の上にをる人どもの聞くに、いとまさなし」〈竹取〉

【二】接尾名詞に付く

それを売買する人や家の意を表す。「本—」「菓子—」

そのような性質の人をいう。使う人、場合によって軽蔑自嘲の意を込めて用いられることもある。「気取り—」「わからず—」「がんばり—」

役者屋号文人雅号などとして用いる。「紀の国—」「鈴の—」

商業などを営んでいる家の屋号として用いる。「越後—」「近江—」

そのこと専門にしている人、ある技術優れている人などをさしていう。使う人、場合によって自慢げにうらやましげに、あるいは自嘲軽蔑の意を込めて用いられる。「事務—」「技術—」「政治—」「チーム随一飛ばし—だ」「速いだけが取り柄の走り—さ」


作者アイプ・ロシディ

収載図書スンダ過ぎし日の夢
出版社めこん
刊行年月1987.7
シリーズ名アジア現代文学


作者原田喜示

収載図書女―創作文芸
出版社原田喜示
刊行年月2003.6


作者安部公房

収載図書無関係な死時の崖 改版
出版社新潮社
刊行年月2003.12
シリーズ名新潮文庫


作者城戸則人

収載図書鈍色閃光
出版社城戸則人
刊行年月2004.9


作者ロウラ・ストダート

収載図書庭の小径
出版社BL出版
刊行年月2005.1


作者松本攸吾

収載図書葉集大江戸実話特選
出版社文芸社
刊行年月2005.5


作者筒井康隆

収載図書ヨッパ谷への降下自選ファンタジー傑作集
出版社新潮社
刊行年月2006.1
シリーズ名新潮文庫


作者アゴタ・クリストフ

収載図書どちらでもいい
出版社早川書房
刊行年月2006.9

収載図書どちらでもいい
出版社早川書房
刊行年月2008.5
シリーズ名ハヤカワepi文庫


作者アリス・マンロー

収載図書林檎の木の下で
出版社新潮社
刊行年月2007.3
シリーズ名新潮クレスト・ブックス


作者光田千熙

収載図書百物語 黎明編第一話-第十五話
出版社文芸社
刊行年月2008.4



作者阿刀田高

収載図書恐怖同盟
出版社新潮社
刊行年月1987.12

収載図書現代小説 1988
出版社徳間書店
刊行年月1988.5

収載図書恐怖同盟
出版社新潮社
刊行年月1991.1
シリーズ名新潮文庫


作者アンドレ・モーロワ

収載図書フランス怪奇小説
出版社偕成社
刊行年月1988.8
シリーズ名偕成社文庫


作者ジェイン・アン・フィリップス

収載図書アメリカ小説をどうぞ
出版社晶文社
刊行年月1990.6


作者林京子

収載図書三界の家
出版社新潮社
刊行年月1990.12
シリーズ名新潮文庫

収載図書三界の家
出版社日本図書センター
刊行年月2005.6
シリーズ名林京子全集


作者ジェイムズ・スティヴンスン

収載図書大雪のニューヨークを歩くには
出版社筑摩書房
刊行年月1991.12
シリーズ名ちくま文庫


作者デイヴィッド・レーヴィット

収載図書行ったことのないところ
出版社河出書房新社
刊行年月1993.5


作者今日野真

収載図書夢を渡る
出版社近代文芸社
刊行年月1996.4


作者井出祥子

収載図書フーコー短編小説傑作選 4(上)
出版社フーコー
刊行年月2000.7


読み方
いえ
いえたか
いえとく
かりゅう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/29 23:21 UTC 版)

いえ、うち




「家」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2021/08/24 14:30 UTC 版)

発音(?)

熟語

名詞

  1. いえ うち)人が生活用い建物住居家屋
  2. いえ うち家庭家族
  3. いえ家系

接尾辞

  1. 家柄家庭などを表す。
  2. 職業専門にしている人を表す。
  3. そのような傾向が強い人を表す。
  4. 一家一族
  5. 屋号構成する。

※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「 家」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



*家と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「*家」に関係したコラム

  • CFDの金取引とは

    金取引には、現物取引と先物取引の2つの取引があります。金の現物取引は、ロンドン金市場で1日に2回取引が行われ、価格が決定されます。これをフィキシングプライスといいます。一方、金の先物市場は、ニューヨー...

  • CFDのオーバーナイト金利とは

    CFDのオーバーナイト金利とは、CFDの取引において、日をまたいでポジションを保有した場合に発生するお金のことで、金利調整額ともいいます。FXでいうところのスワップに当たります。オーバーナイト金利の発...

  • 株365の取引のリスクは

    株365の取引を行う際のリスクには次のようなものが挙げられます。▼価格変動によるリスク株365の銘柄の価格変動による損失のリスクがあります。また、株365ではレバレッジを使った取引のため、差し入れた証...

  • 株式相場のアノマリー

    株式相場のアノマリーとは、日本の経済や景気、企業の業績などとは関係なく起きる、理屈の上では説明のつかない株価の変動のことです。次は株式相場のアノマリーの一例です。▼1月の株高正月休みを終えて再び機関投...

  • 株式の信用取引における日々公表銘柄とは

    株式の信用取引における日々公表銘柄とは、証券取引所が投資家に注意を促すために、個別の銘柄について毎日の信用取引残高を公表する銘柄のことです。日々公表銘柄の公表は、投資家の過度の信用取引の利用を防止する...

  • 株365のマーケットメイク方式とは

    マーケットメイク方式とは、マーケットメイカーの提示する価格の中から投資家に有利な価格を抽出して、その価格で取引を行う方式のことです。マーケットメイク方式では、マーケットメイカーが買い呼値と売り呼値の2...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



*家のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの家 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS