Weblio 辞書 > 金融コラム一覧 > 株365の特徴は

株365の特徴は

 

株365は、株価指数を対象にした金融商品のことで、取引所株価指数証拠金取引、取引所CFDなどともいいます。

株365の特徴は次の通りです。

▼取扱銘柄は4つ
株365で取り扱っている銘柄は2012年9月現在、「日経225証拠金取引」、「DAX証拠金取引」、「FTSE100証拠金取引」、「FTSE中国25証拠金取引」の4銘柄です。株式やFX、CFDなどと比べると株365の銘柄数は少ないです。

▼レバレッジが使える
株365では、FXやCFDと同じようにレバレッジを使った取引ができます。ただし株365の場合には証券会社がレバレッジを決めて取引を行っているのではなく、東京金融取引所が独自に算出した証拠金基準額で取引が行われます。例えば、2012年9月3日から2012年9月7日までの日経225証拠金取引の証拠金基準額は27,000円に設定されています。2012年9月3日の日経平均株価が8,870円なので、結果としておよそ32.85倍のレバレッジで取引していることになります。

8,870円×100倍÷27,000円≒32.85倍

なお、一部の証券会社では独自に証拠金額を定めている場合もあります。

▼配当が受け取れる
株価指数を構成する銘柄に配当が発生した場合には、買いポジションを保有していればその都度、株価指数ベースでの配当を受け取ることができます。一方、売りポジションを保有していればその都度、株価指数ベースでの支払いをしなければなりません。なお、株主優待等の株主権はありません。

▼金利が受け取れる
株365では、買いポジションを保有していれば金利相当額の支払いが生じます。一方、売りポジションを保有していれば金利相当額を受け取ることができます。

▼すべて円通貨で取引をする
株365では、「DAX証拠金取引」、「FTSE100証拠金取引」、「FTSE中国25証拠金取引」も円通貨で取引が行われます。例えば、DAX証拠金取引のレートが7,000ポイントの時に買い、7,100ポイントで売った場合には、10,000円の利益になります。この時、ユーロに換算して損益を計算しません。

(7.100ポイント-7,000ポイント)×100=10,000円

▼決済期限がない
株365は取引に期限がないため、先物取引のような決済期限はありません。

▼ロスカットがある
株365には、FXやCFDと同じように証拠金不足によるロスカットがあります。
(2012年09月04日更新)




カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

検索ランキング

©2022 GRAS Group, Inc.RSS