霊友会系教団とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 霊友会系教団の意味・解説 

霊友会系教団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/31 00:01 UTC 版)

霊友会系教団(れいゆうかいけいきょうだん)は、新しい仏教教団の一つである霊友会[1]から分かれた法華系教団のこと。分派教団は霊友会時代の教えと活動方式を大幅に踏襲している。西田無学が提唱した在家による法華経先祖供養を重視し、先祖の成仏が、子孫の幸福に深くかかわっているという考え方が共通する[2]。 その歴史及び昭和24、25年のいわゆる霊友会事件から分派した霊友会系教団も多い。霊友会及び霊友会系教団を合せると優に創価学会の会員数を上回る。だが、霊友会系教団といえど決して霊友会と懇意にしているわけではなく、むしろ「霊友会」対「追い出された支部長」の遺恨があり、総本山身延山久遠寺参拝などでは霊友会と霊友会系教団が万が一にも出くわさないようにスケジュール調整をしているという話がある。


  1. ^ 文化庁 『宗教年鑑 平成21年版』 P16
  2. ^ 井上順孝『人はなぜ新宗教に魅かれるのか?』 三笠書房(2009) p203


「霊友会系教団」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「霊友会系教団」の関連用語

霊友会系教団のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アサダ

ヘレラサウルス・イスキガラステンシス

1000型車両

エリマ

村中秀史

スプリット

乃木希典

袖志





霊友会系教団のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの霊友会系教団 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS