超神伝説うろつき童子とは?

超神伝説 うろつき童子

原題:
製作国:日本
製作年:1989
配給:松竹富士ウエスト・ケープ・コーポレーション
スタッフ
監督:高山秀樹 タカヤマヒデキ
プロデューサー:山木泰人 
原作:前田俊夫 マエダトシオ
脚本:会川昇 アイカワショウ
企画:西崎義展 ニシザキヨシノリ
作画監督:金剛寺弾 

笠見四郎 カサミシロウ

鷲田薫 
アニメキャラクター・デザイン:山下明彦 

金剛寺弾 

東野英太郎 
音楽:天野正道 アマノマサミチ
スクリプター:山本暎一 ヤマモトエイイチ

菅谷信行 
製作プロダクション:ウエスト・ケープ・コーポレーション 

プロジェクトチーム・ムー 
キャスト(役名
解説
超神を追って人間界へやってきた獣人・天之邪鬼魔界妖怪との戦いを描く。前田俊夫同名劇画映画化で、一脚本は会川昇執筆監督高山秀樹監修は「宇宙戦艦ヤマトシリーズ山本暎一それぞれ担当
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
この世人間界魔界獣人界から成り立っており、三千年一度超神がこの三界統一して永遠の国を創るという。獣人・天之邪鬼その瞬間を見ようと超神を追って人間界へやってきた。そして横浜名門校名神学園ヒーロー尾崎こそ超神と信じ、自ら天野と名乗って身辺を探っていた。新体操部キャプテン明美男子生徒憧れの的同級生南雲秘かに恋していた。ある日明美保健室妖鬼犯されるが、天野がそれを退けた。明美南雲助けてくれたと思い二人の仲は深まっていく。尾崎は超神の片鱗見せたかと思われたが、天野前にあっさりと屈してしまった。天野の妹・恵は南雲が超神ではないか見抜くが、彼は恐るべき二面性を持っていた。南雲明美青春謳歌しつつ陰では超神と化し女を襲い、町を破壊していた。魔界からは超神を狙って水角がやってきていた。超神伝説に疑いを持った天野獣人界へ戻り未来をのぞくと、超神のため都市破壊されていた。水角も超神ナグモの前では歯が立たなかった。そして天之邪鬼子分黒子犠牲になったのに怒り、超神ナグモ戦い挑むのだった

超神伝説うろつき童子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/09/13 06:40 UTC 版)

超神伝説うろつき童子』(ちょうしんでんせつうろつきどうじ)は、前田俊夫による成人向け漫画、及びそれを原作として制作された各種作品群。本項では、アダルトアニメ版を中心に解説する。




「超神伝説うろつき童子」の続きの解説一覧





固有名詞の分類

アドベンチャーゲーム 倫敦精霊探偵団  マクロストライアングルフロンティア  超神伝説うろつき童子  しゅごキャラ! あむのにじいろキャラチェンジ  きらりん☆レボリューション
F&Cのゲームソフト ロマンスは剣の輝きII  Canvas 〜セピア色のモチーフ〜  超神伝説うろつき童子  魔女っ娘ア・ラ・モードII 〜光と闇のエトランゼ〜  ドラゴンシティX指定
1990年のアダルトゲーム 超神伝説うろつき童子  闘神都市  麻雀レモンエンジェル  SM調教師瞳  麻雀CLUB90''s
映画作品 秘密命令  初雪の恋 ヴァージン・スノー  超神伝説 うろつき童子  アンドリューNDR114  哀戀花火
成人向けOVA 人工少女 〜変身セックスアンドロイド〜  Milkyway  超神伝説うろつき童子  青い体験  嘆きの健康優良児
漫画作品 ち チャゲチャ  超常機動サイレーン  超神伝説うろつき童子  チェリーナイツ  超龍戦記ザウロスナイト

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

超神伝説うろつき童子に関連した本

超神伝説うろつき童子に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「超神伝説うろつき童子」の関連用語

超神伝説うろつき童子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




超神伝説うろつき童子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの超神伝説うろつき童子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS