恋のから騒ぎとは?

恋のから騒ぎ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/20 18:42 UTC 版)

恋のから騒ぎ』(こいのからさわぎ、英称:Much Ado About Love)は、1994年4月16日から2011年3月25日まで毎週土曜日 23:00 - 23:30(JST)(2010年4月2日からは、金曜 23:30 - 23:58(JST))に放送された日本テレビ系列の恋愛トークバラエティ番組。通称「恋から」「から騒ぎ」。司会明石家さんま




[ヘルプ]
  1. ^ 日本在住の外国人が出演する特別版。
  2. ^ 卒業生が後に結婚して、人妻スペシャルに出演した例もある。
  3. ^ 番組変更速報webザテレビジョン 2011年3月16日
  4. ^ “麻耶&麻央も出てました…「恋から」3月で終了”. スポーツニッポン. (2011年1月21日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/01/21/kiji/K20110121000088730.html 2011年2月26日閲覧。 
  5. ^ 出演したのは、岡田薫、岡野奈美子、加藤恵実、小林麻耶塩村あやか、豊田ローラ、西川史子、登尾佳奈、宝満まどか、山下彩佳の10人。
  6. ^ イマドキ女子として出演したのは、朝比奈彩おのののか滝沢カレン、はるたむの4人。
  7. ^ 放送開始当時は提供クレジット表示がブルーバックでトヨタ自動車と地元の専門学校や地元企業の複数スポンサーの提供だったが、開始直後から3か月間はクレームの電話が殺到した為か、約3か月後に地元の専門学校や地元企業はスポンサー打ち切りまでに発展した。
  8. ^ 放送開始当時は当該時間帯に『新婚さんいらっしゃい!』(ABC制作・テレビ朝日系)を放送していたため、1週遅れの土曜17:30-18:00に遅れネットで放送していた。eat開局に伴い『新婚さんいらっしゃい!』の放映権移行と同時に同時ネットに昇格した。
  9. ^ 直前番組であるフジテレビ系列『金曜プレステージ』の拡大等により、10〜30分程度の時差放送を行う場合がある。
  10. ^ 2006年9月まではFNS系列枠だったため土曜 24:55-25:25に1週遅れで放送していた。初期はネット自体なし。
  11. ^ 2006年度(第13期)までは同時ネット。2007年度からこの枠はTOSと逆に、同時ネットしているフジテレビ系の「土曜プレミアム」が拡大した影響で1週遅れの放送に移行した(2010年3月まで2週遅れで放送)。2010年度より、日本テレビでの放送が金曜深夜に移ることに伴い、同時ネットが再開された。
  12. ^ 2004年度(第11期)までは1週遅れの同時ネットだったが、2005年にフジテレビ土曜23時枠「リチャードホール」(現在は「土ドラ」)を同時ネットするため、深夜帯に枠移行。また一時期は土曜深夜(金曜深夜)や月曜深夜(日曜深夜)に放送することもあった。そのため、放送期間も移行前・後の一時期は1週遅れ(移行後は2時間遅れ)だったが徐々に間が空いて、今の時間に固定された。
  13. ^ なお塩村のいた14期生の「ご卒業スペシャル」に出演した東国原英夫が、塩村の態度、発言に対して「あれが政治向き」というコメントをしており、奇しくもそれを実現した形となった。







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

恋のから騒ぎに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「恋のから騒ぎ」の関連用語

恋のから騒ぎのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

小栗忠順

白浜中央海水浴場

キヒダフウセンタケ

BMW 6 シリーズ・カブリオレ

1目ゴム編み

エスティマハイブリッド

長沼洋

ボーイング式747-300型





恋のから騒ぎのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの恋のから騒ぎ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS