チェーンストアー理論とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > チェーン > チェーンストアー理論の意味・解説 

チェーンストアー理論

チェーンストアーとは10店舗以上を指す。この多数店舗開発運営する思想仕組み論理的説明したものがチェーンストアー理論である。この理論根底には、規模の利益追求するマス大量理論がある。
 事業戦略商品開発調達人事財務・管理などの中枢的機能本社本部)へ集中させ、店舗現場)はオペレーション専念することで最大運営効率を挙げ、同時にコストダウンを可能とする考え方である。これを可能ならしめているのは、3Sの手法である。3Sとは、標準化standardization), 単純化(simplification),専門化又は分業化(specialization)の3つのSを指す。フランチャイズ店舗拡大流通仕組みであることを考えると、好むと好まざるとにかかわらずフランチャイズ仕組みもチェーンストアー理論をベースにして成り立っているといえる標準化単純化の手法でフランチャイズ・パッケージ完成し、本部加盟店とは分業仕組み成り立っており、共に規模の利益享受することを考えると、このことは容易に理解できる。 関連用語→3S





チェーンストアー理論と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

チェーンストアー理論に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「チェーンストアー理論」の関連用語

チェーンストアー理論のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

docomo STYLE series SH-06B

サンチ ゴルゴンゾーラ

補給艦「ましゅう」型

マツ類

桐生和紙

ゲーリッケ

西本 欽哉

おおさかエキスプレス





チェーンストアー理論のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
フランチャイジングJPフランチャイジングJP
Copyright(C)1999-2016 franchising.jp All rights reserved

©2016 Weblio RSS