タイムオーバー (競馬)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > タイムオーバー (競馬)の意味・解説 

タイムオーバー (競馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/12/31 04:59 UTC 版)

タイムオーバーTime Over)とは競馬競走において、競走馬が1位に入線した馬から一定の時間をおくか、制限時間を超えて決勝線(ゴール板)を踏破すること。またその競走馬に対して一定期間の出走停止処分を科す制度のことである。


[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 「サークルだより『昭和48年度の主な施行方針』」、『優駿』、日本中央競馬会、1973年1月、 86頁。
  2. ^ a b 矢内浩美 (2008年8月15日). “そこんとこ教えて 【44】タイムオーバーの馬はなんで出られない?” (日本語). スポーツニッポン. 2012年9月28日閲覧。
  3. ^ ニュースぷらざ「2003年度開催日程決まる」” (日本語). 競馬ブックコーナー. NECインターチャネル (2002年12月9日). 2012年9月28日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i 競馬用語辞典「タイムオーバー」” (日本語). 日本中央競馬会. 2012年9月28日閲覧。
  5. ^ 平成17事業年度 事業報告書 (PDF)” (日本語). 日本中央競馬会. p. 7 (2006年). 2012年9月28日閲覧。
  6. ^ a b c d e 奥岡幹浩「ゆうしゅん広場『ウマにもわかる競馬本日快答』」、『優駿』、日本中央競馬会、1999年7月、 181頁。
  7. ^ a b 奥岡幹浩「ゆうしゅん広場『馬にもわかる競馬本日快答』」、『優駿』、日本中央競馬会、1999年8月、 173頁。
  8. ^ アラカルト” (日本語). 競馬ニホン (1998年11月8日). 2012年9月28日閲覧。 “再騎乗及ばず時計オーバーで失格”
    過去2例あり。
    (1)1975年12月7日阪神競馬場第5回4日目第5競走(3000m)・サカエフラッシュ。5分3秒7でゴールしたが、5分の時間切れのため。
    (2)1998年11月7日東京競馬場第5回1日目第5競走(3100m・障害)・レディーリベロ。落馬再騎乗をするが、7分の時間切れを1分25秒上回る8分25秒で8位入選するも失格
  9. ^ 野元賢一 (2002年3月18日). “専門記者の競馬コラム「“低資質馬整理”ルールと除外問題の行方」” (日本語). サラブnet. 日本経済新聞. 2012年9月28日閲覧。
  10. ^ 第1回 中山競馬 (PDF)” (日本語). 日本中央競馬会. p. 50 (2010年). 2012年9月28日閲覧。
  11. ^ アラカルト” (日本語). 競馬ニホン (2000年6月4日). 2012年9月28日閲覧。 “タイムオーバー適用除外理由を成績表へ記載”
  12. ^ 競馬番組要綱 (PDF)” (日本語). 愛知県競馬組合. p. 7 (2012年). 2012年9月28日閲覧。
  13. ^ 【お知らせ】本日の出来事” (日本語). 岐阜県地方競馬組合 (2012年5月23日). 2012年9月28日閲覧。


「タイムオーバー (競馬)」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「タイムオーバー (競馬)」の関連用語

タイムオーバー (競馬)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

榛

前頭骨

護衛艦「はるな」型

尺治川床固工

救出救助車

タテゴトアザラシ

泉が森湧水及びイトヨの里泉が森公園

コーヒー博物館





タイムオーバー (競馬)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのタイムオーバー (競馬) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS