スター千一夜とは?

スター千一夜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/06 09:48 UTC 版)

スター千一夜』(スターせんいちや)は、フジテレビ系列で、1959年3月1日(フジテレビ開局当日) - 1981年9月25日に放送されたトーク番組。放送回数は6417回。通称は「スタ千」。




[ヘルプ]
  1. ^ 最後にモノクロで放送されたのは1970年3月23日(#3410)、大相撲春場所優勝者大鵬幸喜と大阪万博各国パビリオンホステスがゲストの回であった
  2. ^ 関口が初めて司会を務めた際、前田武彦がゲストとして招かれたが、放送直前になってよど号ハイジャック事件の人質帰国のニュースが入ったため、その模様を報じることになったものの当時関口にはこのような報道を扱ったことがなかったため、前田が関口に代わって番組を仕切ることとなった(2012年6月29日放送分のテレビ朝日系列『徹子の部屋』関口談)。
  3. ^ フジテレビで“秋の三谷まつり” 『スター千一夜』が復活”. ORICON STYLE (2015年10月8日). 2015年10月9日閲覧。
  4. ^ 1959年3月6日付朝日新聞夕刊に掲載されている旭化成工業の広告によると、全曜日をネットしていた局は一つもない。
  5. ^ 『北海道新聞』(マイクロフィルム版) 1959年(昭和34年)3月 - 1961年(昭和36年)9月 テレビ欄
  6. ^ 『北海道新聞』(マイクロフィルム版) 1961年(昭和36年)10月 - 1965年(昭和40年)9月 テレビ欄
  7. ^ 放送当時は日本テレビ系列局。1971年10月の福島中央テレビとのネット交換ではTBSメインの編成となったため、福島中央テレビからの再移行は行われなかった。
  8. ^ 開局から1981年3月まで同時ネット。1981年4月から番組終了までの半年は、1週間遅れの14時45分から放送。
  9. ^ 開局前の試験放送期間中も、ほとんどの日に当番組を放送した。
  10. ^ 小柄な男が歩いていると、頭上の鳥が卵を産み落とし、卵が大きくなってエミューの様な鳥が産まれ、毛玉風になってジャンプ、地平線が糸に変わると男はその糸を丸めて(この時画面右下に提供クレジット)投げてタイトルが登場するといった内容。その後タイトルに星が当たって星空に変わると、今日の放送内容が映される。


「スター千一夜」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「スター千一夜」の関連用語

スター千一夜のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

万里の長城

回転対座シート

A5527SA

オニドコロ

オオバコ

冠組

工作車

ニットトップ





スター千一夜のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスター千一夜 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS