Shizuka Ōyaとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > Shizuka Ōyaの意味・解説 

大家志津香

(Shizuka Ōya から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/21 23:03 UTC 版)

大家 志津香(おおや しづか、1991年平成3年〉12月28日 - )は、日本タレント女性アイドルグループAKB48の元メンバーである。ワタナベエンターテインメント所属。


注釈

  1. ^ 大家志津香・太田奈緒・加藤玲奈・込山榛香・佐々木優佳里・谷口めぐ・西川怜・峯岸みなみ・山邊歩夢。
  2. ^ 例として「やけん」「おってくれる」「かけとった」「しまくったけん」など[52]
  3. ^ 卒業・移籍・辞退者を除く。
  4. ^ 2019年9月に16期生の佐藤美波と道枝咲がともに劇場公演デビューから943日で正規メンバー昇格するまでAKB48では最遅だった。
  5. ^ NGT48移籍後、卒業。
  6. ^ HKT48移籍後、卒業。
  7. ^ 元AKB48研究生。
  8. ^ SKE48移籍後、卒業。
  9. ^ 以上の2曲、3つのポジションの1つに出演し、倉持のポジションは岩佐美咲のアンダー。
  10. ^ AKB48の卒業に伴い、番組を降板した佐藤夏希の代役として出演。
  11. ^ 宮崎美穂の休演時の代役としてメインパーソナリティーを務めた。
  12. ^ 2012年11月の放送は、当時レギュラーパーソナリティであった佐藤夏希の代役としてメインパーソナリティーを務めた。翌月からは、当時同じ事務所に所属していた仲俣汐里とともに一時期準レギュラーを務めた。
  13. ^ 2014年12月までの番組名は「EVENT 80 Navi」。

出典

  1. ^ AKB48公式プロフィール
  2. ^ 大家志津香Google+
  3. ^ 大家志津香 オフィシャルブログ 「しーちゃんでんせつ」
  4. ^ 大家志津香(しーちゃん) (@ooyachaaan1228) - X(旧Twitter)
  5. ^ 講談社『AKB48総選挙公式ガイドブック2018』118頁
  6. ^ a b c “元AKB48大家志津香、俳優・岩田玲と結婚 15日に婚姻届提出、共通の知人介して知り合う”. ORICON NEWS (oricon ME). (2024年4月19日). https://www.oricon.co.jp/news/2323359/full/ 2024年4月19日閲覧。 
  7. ^ HKT初登場!福岡出身篠田らと同郷合体 (2/2ページ) - サンケイスポーツ(2012年1月22日)(2012年1月25日時点のオリジナルよりアーカイブ)2014年6月21日閲覧。
  8. ^ 有名進学校の成績アップの秘策は昼寝!?体育祭が三日間!?福岡の高校ネタ満載の特別番組が元日夕方に放送!”. RKBオンライン. 2022年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年1月22日閲覧。
  9. ^ a b c 『AKB48 DVD MAGAZINE Vol.05D AKB48 19th シングル選抜 「じゃんけん大会」 51のリアル〜Dブロック編』「大家志津香のリアル」
  10. ^ TVでた蔵「2011年1月14日放送 週刊AKB」”. ワイヤーアクション (2011年1月14日). 2015年7月11日閲覧。
  11. ^ 「AKB48 22ndシングル選抜総選挙結果」 AKB48オフィシャルブログ 2011年6月10日付記事
  12. ^ 「AKB48 24thシングルじゃんけん選抜決定!&1位〜8位発表!」 - AKB48オフィシャルブログ(2011年9月20日)
  13. ^ AKB48 27thシングル選抜総選挙 開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2012年6月6日)
  14. ^ 組閣後新体制 - AKB48オフィシャルブログ(2012年8月24日)
  15. ^ “AKB春の衝撃人事一覧――川栄卒業、北原NGT移籍、生駒留学解除”. ORICON STYLE. (2015年3月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2050670/full/ 2015年9月4日閲覧。 
  16. ^ “AKB48、約3年ぶり組閣発表 宮脇咲良ら兼任解除 武藤姉妹はチームKに”. ORICON NEWS (オリコン). (2017年12月8日). https://www.oricon.co.jp/news/2101966/full/ 2022年1月17日閲覧。 
  17. ^ テレ東「池の水」テーマソングにAKB48 大家志津香に秋元康氏が“プレゼント””. スポーツニッポン (2018年11月3日). 2021年1月17日閲覧。
  18. ^ a b “AKB大家志津香、初DVD発売に「ありのままの私を見て」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2020年2月3日). https://www.sanspo.com/article/20200203-UTCPCGH3GNI25IW753C4RFGPTE/ 2020年2月6日閲覧。 
  19. ^ a b 大家志津香(AKB48) (3 February 2020). 【公式】大家志津香「ぼくの、MERMAID。独占中!」 (グラビアDVD). リバプール株式会社(アイドルニッポン). 2020年8月20日閲覧
  20. ^ “「M-1グランプリ2020」にAKB48・大家志津香&中西智代梨の参戦が決定”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2020年9月14日). https://thetv.jp/news/detail/243340/ 2021年2月15日閲覧。 
  21. ^ “「M-1グランプリ2020」決勝直後の“大反省会”がGYAO!で生配信決定”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2020年12月11日). https://thetv.jp/news/detail/1013909/ 2021年2月15日閲覧。 
  22. ^ a b “AKB48大家志津香、体重&スリーサイズを公開 YouTubeチャンネル開設でダイエット経過を“毎日更新””. モデルプレス (ネットネイティブ). (2021年4月1日). https://mdpr.jp/news/detail/2512462 2021年4月1日閲覧。 
  23. ^ “AKB48・大家志津香、30歳誕生日12・28に卒業 -14キロ減量成功で宣言「卒業公演まで50キロ前後を維持」”. ORICON MUSIC (oricon ME). (2021年11月20日). https://www.oricon.co.jp/news/2214652/full/ 2021年11月20日閲覧。 
  24. ^ a b 大家志津香 卒業に関してのご報告”. AKB48オフィシャルブログ (2021年11月20日). 2021年12月28日閲覧。
  25. ^ “AKB大家志津香が卒業公演で感激涙「奇跡が重なりまくって今ここにいる」”. 日刊スポーツ. (2021年12月29日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/202112290000017.html 2021年12月29日閲覧。 
  26. ^ 元AKB48大家志津香が俳優岩田玲との結婚発表「幸せにします!!」プロポーズは昨年クリスマス”. 日刊スポーツ (2024-04-191). 2024年4月19日閲覧。
  27. ^ 大家志津香(しーちゃん) [@ooyachaaan1228] (2024年4月19日). "関わってくださっている全ての方へご報告です…!". X(旧Twitter)より2024年4月20日閲覧
  28. ^ AKB48の私たちの物語 第7話「君なら大丈夫」”. NHK-FM放送 (2011年5月27日). 2011年5月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月11日閲覧。
  29. ^ ネガティブの話しましょ”. オフィシャルブログ「しーちゃんでんせつ」 (2011年5月18日). 2015年7月11日閲覧。
  30. ^ a b c 『AKB5400sec.北原里英』より
  31. ^ a b 「返答の話しましょ♪」 - 本人オフィシャルブログ(2010年8月24日)
  32. ^ Google+ 2012年5月3日投稿より
  33. ^ Google+ 2012年5月4日投稿ならびに本人コメントより
  34. ^ イチ押しのお店>いけす料理 磯太郎 (PDF) - JAむなかた 2014年6月21日閲覧。
  35. ^ a b タモリ倶楽部2022年5月28日放送「一寸法師が乗るべき日用品決定戦」ゲスト出演時に本人談
  36. ^ 「明日の話しましょ♪」 - 本人オフィシャルブログ(2010年8月8日)
  37. ^ 『AKB48じゃんけん選抜公式ガイドブック』(光文社、2010年)。
  38. ^ TVでた蔵「2012年8月3日放送 ガチガセ」(1/2)”. ワイヤーアクション (2012年8月3日). 2015年7月11日閲覧。
  39. ^ TVでた蔵「2012年8月3日放送 ガチガセ」(2/2)”. ワイヤーアクション (2012年8月3日). 2015年7月11日閲覧。
  40. ^ 握手会の話しましょ”. オフィシャルブログ「しーちゃんでんせつ」 (2012年1月7日). 2015年7月11日閲覧。
  41. ^ a b 「圏外常連」AKB48大家志津香の身内からの評判”. アサ芸プラス (2014年8月18日). 2015年7月11日閲覧。
  42. ^ a b アートディンクAKB1/48 アイドルと恋したら…』(PlayStation Portableバンダイナムコゲームス、2010年12月23日、シーン: アドレス帳内メンバー紹介。 
  43. ^ 2009年7月1日放送分
  44. ^ AKB48大家志津香がマジ泣きの小森美果を救って人柄の良さを証明(エンタメ総合モバイルポータルサイト)
  45. ^ 『AKBINGO!』2009年8月19日放送分「ザ・AKBEST10」
  46. ^ 「長い話しましょ♪」 - 本人オフィシャルブログ(2011年8月11日)
  47. ^ a b c 大家志津香 プロフィール”. ワタナベエンターテインメント. 2022年5月28日閲覧。
  48. ^ AKB48ネ申テレビSeason5 #7『AKB48処女航海』(前編)
  49. ^ 大家志津香 (2017年12月13日). “潜水士免許取得)^o^(!”. Twitter(@ooyachaaan1228). 2022年5月28日閲覧。
  50. ^ AKBセクシー担当! もっちぃ&しいちゃん&あみな&なっちがポールダンス…舞台「DUMP SHOW!」 スポーツ報知2011年7月2日
  51. ^ 9周年!”. 大家志津香オフィシャルブログ しーちゃんでんせつ (2014年12月9日). 2015年2月26日閲覧。
  52. ^ 素敵な生誕祭”. 大家志津香オフィシャルブログ しーちゃんでんせつ (2015年1月15日). 2015年2月26日閲覧。
  53. ^ 「くりびつの話しましょ」 - 本人オフィシャルブログ(2011年3月7日)
  54. ^ 「昨日の話しましょ」 - 本人オフィシャルブログ(2010年12月29日)
  55. ^ 週刊AKB DVD Vol.15 収録
  56. ^ TVでた蔵「2012年2月23日放送 なるほど!ハイスクール」”. ワイヤーアクション (2012年2月23日). 2015年7月11日閲覧。
  57. ^ 「*SDN48*」 - 鈴木まりやオフィシャルブログ(2010年9月21日)
  58. ^ 20 0917 OA 大家志津香作詞 ドラマストア長谷川海作曲 「ことばはまほう」遂に完成!” (2020年9月18日). 2020年9月18日閲覧。
  59. ^ “元AKB大家志津香「しーちゃん、どうしちゃったの?」昨年グラビアに続き大人の色気衣装に挑戦”. nikkansports.com (日刊スポーツNEWS). (2022年9月26日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202209260001266.html 2023年8月8日閲覧。 
  60. ^ “AKB48大家志津香、泥まみれでレギュラー獲得「目を疑いました!」”. WEBザテレビジョン (KADOKAWA). (2018年6月25日). https://thetv.jp/news/detail/151688/ 2023年1月6日閲覧。 
  61. ^ “AKB48 大家志津香が1stグラビアDVD発売「カメラマンを彼氏だと思って撮影」”. ENTAME next (徳間書店). (2020年4月3日). https://entamenext.com/articles/detail/4298 2020年8月14日閲覧。 
  62. ^ “大家志津香『祈りのカルテ』出演で大興奮「人生で経験のないことをした」”. マイナビニュース (マイナビ). (2022年11月24日). https://news.mynavi.jp/article/20221124-2520963/ 2022年11月30日閲覧。 
  63. ^ “川崎鷹也、玉森裕太主演「祈りのカルテ」で“ドラマ初出演”決定 大家志津香は「人生で経験の無い」役に挑戦”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2022年11月24日). https://mdpr.jp/drama/detail/3470221 2022年12月1日閲覧。 
  64. ^ NHKonlineの投稿(3290030404356935) - Facebook
  65. ^ 映画で対決!おすすめ映画をプレゼンし合う映画トークバラエティ新番組 『ザ・シネマ流 レコメン道場』第2回は『ミッション:インポッシブル』、『トリプルX』でレコメン対決!(PR TIMES)』(プレスリリース)株式会社ザ・シネマ、2021年6月4日https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000106.000009513.html2021年8月9日閲覧 
  66. ^ 映画で対決!おすすめ映画をプレゼンし合う映画トークバラエティ 『ザ・シネマ流 レコメン道場』─ 第3回『死霊館』VS『ブレードランナー』の放送を前に番組MCのレキシさん、大家志津香さんのオフィシャルインタビューを公開!(PR TIMES)』(プレスリリース)株式会社ザ・シネマ、2021年7月31日https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000113.000009513.html2021年8月9日閲覧 
  67. ^ 「ザ・シネマ流 レコメン道場」番組制作(WORK:制作/演出/撮影/編集)”. ISC-YSC Inc.. 株式会社アイスクユウスク (2021年4月). 2022年3月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月9日閲覧。
  68. ^ ザ・シネマ流 レコメン道場 #8「MIB」シリーズ vs 「エクスペンダブルズ」”. ザ・シネマ. 株式会社ザ・シネマ (2022年). 2022年6月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月23日閲覧。
  69. ^ “大家志津香ら未知の絶景に感動!佐藤栞里も大興奮!?『THE無人島』”. マイナビニュース (マイナビ). (2022年9月1日). オリジナルの2022年9月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220901011707/https://news.mynavi.jp/article/20220901-2440848/ 2023年1月6日閲覧。 
  70. ^ “元AKB48・大家志津香、NHK『やさいの時間』初登場!杉浦太陽と野菜づくりに挑戦”. RBB TODAY (イード). (2023年3月18日). https://s.rbbtoday.com/article/2023/03/18/207339.html 
  71. ^ 【TOKYO FM 2014年10月改編のお知らせ】』(プレスリリース)TOKYO FM、2014年9月29日https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000465.000004829.html2024年3月12日閲覧 
  72. ^ 【TOKYO FM 2019年4月改編のお知らせ】朝ワイドを11年ぶりに改編!大学生以上のための学び舎が開校!世代を超えて共感を呼ぶ、個性豊かな新出演者も!』(プレスリリース)TOKYO FM、2019年3月28日https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001670.000004829.html2024年4月10日閲覧 
  73. ^ 開局50周年イヤー幕開けを飾る、大型改編“第一弾”発表!【TOKYO FM 2020年春の番組改編】』(プレスリリース)TOKYO FM、2020年3月25日https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001960.000004829.html2024年4月10日閲覧 
  74. ^ 【華結び】今週からのアシスタントは大家志津香さん!”. RKBオンライン. RKB毎日放送 (2021年8月26日). 2024年3月12日閲覧。
  75. ^ 『DUMP SHOW!』Nelke Planning”. NelkePlanning. 2021年11月11日閲覧。
  76. ^ 芸劇+トーク 朗読「東京」第四回”. 2021年11月11日閲覧。
  77. ^ “ドラマを飛び出し現実に、AKB48メンバーがプロレス聖地でガチ対決”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年6月24日). https://natalie.mu/music/news/238150 2024年2月12日閲覧。 


「大家志津香」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

Shizuka Ōyaのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Shizuka Ōyaのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大家志津香 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS