*罰*とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 法概念 > 制裁 > *罰*の意味・解説 

ばち [2]

呉音
神仏下す悪事こらしめるための報い。たたり。 -があたる -をこうむるばつ
[句項目] 罰は目の前

ばつ [1]

社会的規範犯した者や倫理的・宗教規範に背いた者に対して与えられる制裁こらしめ。しおき。 -を受ける なまけた-だ

ばつ[漢字]

⇒ まつ [漢]
[音] バツ
木を切る。 伐採伐木盗伐乱伐
たたく。敵を討つ。殺す。 殺伐征伐誅伐ゆうばつ)・討伐
ほこる。手柄功伐
[音] バツ
引きぬく。ぬける。 抜剣抜刀抜錨ばつびよう)・抜本塞源ばつぽんそくげん
えらび出す。 抜粋抜擢ばつてき)・選抜
[音] バツ
こえる。踏んで行く。歩き回る跋渉
足をはねあげる。勝手な振る舞いをする。 跋扈ばつこ
書物末尾に記す文。 跋語跋文題跋
[音] バツバチ
[音] バツ
家柄閥族門閥
手柄功閥


ばつ 【罰】

罪または過ちのあるものに対す懲らしめ宗教世界では、これを天罰神罰仏罰どのように超越的権威から下されるとみる思想がある。

【英】Punishment
読み方:ばつ

オペラント条件づけにおいて、反応自発後続して嫌悪刺激提示する手続き、あるいはこの結果として生じる反応自発頻度低下する過程をいう。したがって、消去とは区別される。

作者三浦哲郎

収載図書三浦哲郎自選全集 第7巻 野・拳銃と十五の短篇
出版社新潮社
刊行年月1988.3

収載図書
出版社講談社
刊行年月1990.4
シリーズ名講談社文芸文庫


作者大岡玲

収載図書塩の味
出版社集英社
刊行年月2000.12


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/25 04:19 UTC 版)

(ばつ)とは、法令や特定集団における決まりごと、道徳などに違反したものに対する公もしくは集団が行う、多くは当人に不利益または不快になることである。罰を与えることを制裁というが、制裁を罰の意味で使うこともある。仕置懲罰とも言う。


  1. ^ a b ウーヴェ・ダンカー『盗賊の社会史』藤川芳朗法政大学出版局 2005年、ISBN 4-588-36200-3 pp.381-393.
  2. ^ 川合伸幸『ヒトの本性』2015年、講談社現代新書。30頁


「罰」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2010/11/02 12:01 UTC 版)

発音


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



*罰*と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「*罰*」の関連用語

*罰*のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



*罰*のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2020 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの罰 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2020 Weblio RSS