*探とは?

たん【探】

[音]タン(漢) [訓]さぐる さがす

学習漢字6年

奥深さぐりを入れる。「探求探究探検探査探索探知探偵探訪内探

景色などを見にたずねていく。「探春探勝探梅

難読探湯(くかたち)


さが・す【捜・探】

1 〔他サ五(四)

① 人や物を見つけようとしてあちこち見回したり、手でかき回したり、動き回ったりする。たずねる。さぐる。

宇津保(970‐999頃)祭の使「飯・酒をさがし食(は)ん衛府司

源氏100114頃)宿木近き御厨子(みづし)、小唐櫃などやうの物をも、さりげなくてさがし給へど」

② 物を入れてかき回す

咄本鹿の巻筆(1686)五「天の逆鉾づんとさしこみからからからとさがし給ふ

2接尾〕 (四段活用動詞連用形に付いて、度をこしてする、まとまりなくあれこれする、また、ちらかすなどの意を表わす。「言いさがす」「掻きさがす」「しさがす」など。

四河入海(17C前)二五「人の涎や、つきさかした、物を、食すると」


さが・ねる【探】

〔他ナ下一〕 さがす。たずねる。

俳諧・青根が峯(1698)自得発明弁「天下三べんさがねたり共」


さぐり【探・捜】

〔名〕 (動詞「さぐる(探)」の連用形名詞化

① さぐること。様子をうかがうこと。〔延宝八年合類節用集1680)〕

虞美人草(1907)〈夏目漱石〉六「『あなたの方が姉さんよ』と藤尾向ふで入れる捜索(サグリ)の綱をぷつりと切って逆さま投げ帰した」

② 特に、敵情をさぐること。また、その者。間者。しのび。探偵

寺院役職職衆決めるための籤。さぐりとるところからいう。

東大寺続要録(1281‐1300頃)仏法篇「問者当座之探」

④ 弓の弦の矢筈(やはず)をかける位置。弽(ゆがけ)ごしにさぐってかけるところからいう。(お)で鏑巻(かぶらまき)にして、露(つゆ)または中関(なかせき)ともいう。探りの定。

名語記(1275)八「弓の絃のさぐり如何。探也。捜也。夜などもかれをさぐりて程をしればさくり也」

(5) 腰刀打刀の鞘にある反角(かえりづの)の別称

咄本無事志有意(1798)脇差「鍔(つば)は(なまづ)に瓢箪(ひゃうたん)、小柄(こつか)は猫に小判(こじり)に月があるから兎がさぐりに有そふな物じゃが」

(6) 医療の具。創傷腫れ物深さをさぐってみるのに用いるもの。消息子ゾンデ

(7) 印判の胴の部分で、人さし指押える、くぼんだ部分

(8) 擬餌をつけた糸を船尾から海中に投じ、魚群探査行なうこと、またはその道具のこと。航走しながらなどをさがす。訛って「しゃぶり」ともいう。


あな‐ぐ・る【探・索】

〔他ラ四〕 さぐる。探し求めるまた、さぐり調べる。

書紀720舒明即位前(図書寮本訓)「乃ち出でて畝傍山に入る。因りて以て山を探(アナクル)」

源平盛衰記14C前)四一「在所あなぐられて、遂に搦め捕られけり」


さぐ・る【探・捜】

〔他ラ五(四)

① 目で確認できないものの実体や、その様子、ありかなどを、手足などの感触音の調子などで求める。あなぐる

万葉(8C後)一二二九一四「愛(うつく)しと思ふ我妹を夢に見て起きて探(さぐる)に無きがさぶしさ」

暗夜行路(1921‐37)〈志賀直哉〉四「上着ポケット一つ一つ索(サグ)って」

② さがす。たずね求める。探求する。

観智院三宝絵(984)下「九歳にして広智所にゆきぬ。誓て観音経をさぐりえたり」

③ 人の心や相手動きなどをひそかに調べる。探知する。

名語記(1275)八「さぐる如何〈略〉但心のさぐる探る也」

*雁(1911‐13)〈森鴎外〉三「其女の身の上を探(サグ)って見ようともしなかった」

④ 籤(くじ)をとる。特に、寺院で、籤により役職職衆決める。

大乗院寺社雑事記文明二年(1470)七月二〇日「両若君探之処、取鷹司。此条神慮也」

(5) 人に知られていない隠れた景勝の地をさがし、その美し風景楽しむ。

いさなとり(1891)〈幸田露伴〉三「梨の花見にまかるの、桃の花を探(サグ)るのと風雅めかすは」


読み方:さがし

  1. 不良の間にて活動縁日に出かけて美少年美少女物色することをいふ。〔情事語〕
  2. 〔不〕異性物色すること。「浅草る」といふのも同じ意である。「ガシ参照
  3. 不良の間にて活動縁日に出かけて美少年美少女物色することをいふ。
  4. 〔隠〕不良学生異性美少年物色して縁日などを散歩すること。
  5. 不良青少年少女映画館縁日等にて美し対象相手)を探す事。
  6. 不良学生異性美少年物色して、縁日などを散歩する事。

分類 不、不良情事語/不良の間


読み方:さがし

  1. まくらさがしかんたんし」に同意。「枕探し」の略。

読み方:さぐり

  1. 闇夜。〔第一類 天文事変
  2. 闇夜のことをいふ。闇夜真暗なるため手探りに物を知るから言つたもの。〔犯罪語〕
  3. 闇夜のことをいふ。闇夜真暗手探りで物を知るからである。
  4. 闇夜を云ふ。
  5. 闇夜。〔一般犯罪

分類 犯罪犯罪


読み方:さぐり

  1. 宿屋窃盗-本類「かんたん」(※「かんたん」)参照、「さがし」トモ云フ。〔第三類 犯罪行為
  2. 宿屋荒しを云ふ。「かんたんし」に同じ。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 23:34 UTC 版)

発音(?)

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「*探」に関係したコラム

  • FX業者の開催するセミナーの一覧

    FX業者では、FXに関するさまざまなセミナーを開催しています。セミナーの内容は、FXをこれから始める人を対象にした入門セミナーや、チャートの見方、取引方法など、主に初心者向けのセミナーが多いようです。

  • 株式取引に関する証券会社のセミナーの一覧

    証券会社では、株式に関するさまざまなセミナーを開催しています。セミナーの内容は、株式取引をこれから始める人を対象にした入門セミナーや、チャートの見方、取引方法など、主に初心者向けのセミナーが多いようで...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「*探」の関連用語

*探のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



*探のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS