*庵とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 家屋 > 小屋 > *庵の意味・解説 

あん【×庵】

読み方:あん

人名用漢字] [音]アン(呉)(漢) [訓]いおり いお

草葺(ぶ)きの小さな家。いおり。「庵室庵主草庵僧庵


あん【×庵/×菴】

読み方:あん

【一】[名]

世捨て人僧侶などの閑居する小さな草葺(くさぶ)きの家。草庵。いおり。「—を結ぶ

大きな禅寺に付属している小さな僧房

【二】接尾文人茶人それらの人の住居、また料亭などの名に添えて雅号屋号として用いる。「芭蕉—」「好日—」


いお〔いほ〕【×庵/×廬/×菴】

読み方:いお

「いおり1」に同じ。

軒端(のきば)の寂しき—の友として」〈露伴二日物語


いおり〔いほり〕【×庵/×廬/×菴】

読み方:いおり

草木や竹などを材料としてつくった質素な小屋。僧・隠者などが住む小さな住居や、農作業などの仮小屋また、自分の家謙遜していう。草庵(そうあん)。いお。くさのかりや。「—を結ぶ

軍隊一時宿泊する所。軍営

紋所の一。庵形の紋。

庵形」の略。

庵看板1」の略。

庵/廬/菴の画像
庵の紋所

あん 【庵・】

いおりとも。日本寺院昇格する以前小坊舎(庵寺)。江戸時代、庵での葬祭禁じられていた。同様のものに寮・軒・院がある。ここに住む尼・僧庵主と呼ぶ屋根でふいたのを草庵といい、粗末な家の意にもする。そば屋に庵のつく屋号が多いのは(例=長寿庵松月庵など)、江戸中期浅草浄土宗称往院末寺道光庵という庵寺があり、そこの庵主信州出身で、うまいそばを振る舞ったのによるとの説がある。

いおり 【庵】

→ 庵

作者バリー・ユアグロー

収載図書憑かれた旅人
出版社新潮社
刊行年月2004.3


読み方:いおり

  1. 番附外に掲げられる俳優。〔歌舞伎
  2. 〔演〕番附外に掲げられる俳優

分類 歌舞伎演劇

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方
あん
いおり
いほり

庵。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/02 20:42 UTC 版)

庵。(いおり)は慈プロダクション(2009年4月頃にライトハウスに吸収合併)に所属していたお笑いコンビ


  1. ^ 慈プロダクションホームページ・トップページでは「庵。」となっている
  2. ^ a b 夕刊フジZAK THE LIVE!! お笑い DE SHOW(2006年10月24日)』の一問一答より
  3. ^ 『〜あらゆる世界を見学せよ〜潜入!リアルスコープ』2011年5月7日放送において、このように紹介。


「庵。」の続きの解説一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/10 06:49 UTC 版)

(いおり、あん)




「庵」の続きの解説一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 18:30 UTC 版)

家紋の一覧」の記事における「庵」の解説

庵紋(いおりもん)は、庵を文様化した図案。 紋名一覧 庵 庵に木瓜工藤氏伊東氏 庵に二つ木瓜海老名氏 丸に変り利休大草庵 庵に木瓜

※この「庵」の解説は、「家紋の一覧」の解説の一部です。
「庵」を含む「家紋の一覧」の記事については、「家紋の一覧」の概要を参照ください。


庵(いおり)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/14 08:47 UTC 版)

エスケヱプ・スピヰド」の記事における「庵(いおり)」の解説

人間時代本名有坂清次鬼虫六番式。二つ名は「鉤行こうぎょう)の庵」。4巻までは九曜回想のみで登場鬼虫となる前は囚人で、罪状殺人と放火(夫とその両親虐待され自殺した姉の死復讐に、夫の家族全員殺害した)、処刑前に鬼虫一員になった本職猟師物静かで銃に親し性分だったらしい。記録上は戦争末期死亡したが、5巻黒塚部隊行動を共にしていることが明かされた。

※この「庵(いおり)」の解説は、「エスケヱプ・スピヰド」の解説の一部です。
「庵(いおり)」を含む「エスケヱプ・スピヰド」の記事については、「エスケヱプ・スピヰド」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「*庵」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/04/21 23:19 UTC 版)

発音(?)


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「 庵」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



*庵と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

*庵のお隣キーワード

庵々

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



*庵のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの庵。 (改訂履歴)、庵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの家紋の一覧 (改訂履歴)、エスケヱプ・スピヰド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS