*屢とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 漢字辞典 > *屢の意味・解説 

平仮名「る」は「留」の草体片仮名「ル」は「流」の末二画。

[1] 【流】

律の五刑の一。辺地にながし、他に移ることを禁ずる刑。死よりは軽く徒()より重い。遠流おんる)(伊豆安房あわ)・佐渡隠岐おき)など)・中流信濃伊予など)・近流こんる)(越前安芸あき)など)の三等分かれる流刑流罪

( 助動 ) ( れ ・れ ・る ・るる ・るれ ・れよ )
自発受け身・可能・尊敬助動詞下二段活用。ただし、自発・可能の意を表す場合には、命令形は用いられない四段ナ行変格ラ行変格活用動詞未然形に付く。
自発の意。ある動作自然に、また無意識的実現してしまう意を表す。 「相模道(さがむじ)の余綾(よろぎ)の浜の砂(まさご)なす児らはかなしく思はるるかも/万葉集 3372」 「けふは京のみぞ思ひやらるる土左」 「筆をとればもの書か楽器をとれば音をたてんと思ふ徒然 157
受け身の意。他から何らかの動作作用影響を受ける意を表す。 「勅旨おおみこと戴き持ちて唐(もろこし)の遠き境に遣はさ罷りいませ/万葉集 894」 「このあひだに使はむとてつきてくる童あり/土左」 「あまりにが速うて、馬は押し流さ候ひぬ/平家 9
可能の意。ある動作をすることができる意を表す。古くは、打ち消しの語を伴って不可能の意を表すのに多く用いられた。 「我がはいたく恋ひらし飲むに影(かご)さへ見えてよに忘らず/万葉集 4322」 「知らぬ人の中にうち臥して、つゆまどろまず/更級」 「悔ゆれども取りかへさるるよはひならねば、走りて坂をくだる輪のごとくに衰へゆく/徒然 188
尊敬の意。他人動作を表す語に付いて、動作者に対す敬意を表す。もともと敬意を含んでいる動作に付くことが多い。 「御門なほめでたくおぼしめさるることせきとめがたし/竹取」 「人ひとり参られよかし/源氏 若紫」 「庭に控へたまへる人々みな鎧の袖をぞ濡さける/平家 7」 〔 (1) 「らる」と意味・用法は同じであるが、未然形ア段となる動詞には「る」が付き、それ以外の場合は「らる」が付くというように、接続のしかたに分担がある。 (2) 上代では、「ゆ」の語が用いられることが多く、「る」はまだほんのわずかしか用いられていない。「る」は中古以降多く用いられるようになる。 (3) 中世には、連体形「るる」が終止法として用いられるようになり、命令形には「れい」が現れるが、やがて一段活用化して「れる」となり、現代にまで及ぶ〕 → れる(助動)ゆ(助動)らる(助動)

( 助動 )
完了助動詞「り」の連体形
り(助動)

【る】[漢字]

【流】
⇒ りゅう〔流〕 [漢]
【留】
⇒ りゅう〔留〕 [漢]
【 屢 】 [音]
しばしば。たびたび。 「 屢次屢述
【 縷 】 [音]
糸。細く長いもの。 「縷縷一縷金縷
こまかい。くわしい。 「縷言縷述縷説縷縷
ぼろ。「褸」に同じ。 「襤縷(らんる)」

出典:『Wiktionary』 (2010/07/18 18:03 UTC 版)

発音


出典:『Wiktionary』 (2010/11/02 05:24 UTC 版)

発音


  • 画数:12
  • 音読み:ル
  • 訓読み:しばしば
  • ピンインlu:3
  • ハングル:루
  • 対応する英語:often, frequently


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「*屢」の関連用語

*屢のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



*屢のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2020 Weblio RSS