FXのQQEとは

 

FX(外国為替証拠金取引)のQQEとは、通貨ペアの売られすぎ、買われすぎを調べるためのテクニカル指標です。QQEは、正式名をQuantitative Qualitative Estimationといい、日本語では定量定性評価といいます。

QQEは、RSIというテクニカル指標をもとに作成されています。RSIも、通貨ペアの売られすぎ、買われすぎを調べるためのテクニカル指標として知られています。


上のチャートは、MT4(Meta Trader 4)のCustom IndicatorsでQQEを描画したものです。QQEは、0から100までの範囲内で推移し、50以下の場合には売られすぎで、50以上の場合には買われすぎとされます。

QQEでは2本のラインを用います。上のチャートでは、実線と点線で表しています。

QQEでは、次の条件の時に売りポイント、買いポイントとしています。

売りポイント
50以上の地点で、実線が点線を上から下へ突き抜けた時。上の図では、右側の青い丸で囲んだ部分が売りポイントになります。
買いポイント
50以下の地点で、実線が点線を下から上へ突き抜けた時。上の図では、左側の青い丸で囲んだ部分が買いポイントになります。
(2012年05月18日更新)




カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

検索ランキング

©2022 GRAS Group, Inc.RSS