Weblio 辞書 > 金融コラム一覧 > FXのIFOでの注文方法

FXのIFOでの注文方法

 

FX(外国為替証拠金取引)のIFOとは、IFDとOCOを組み合わせた注文方法です。IF OCOともいいます。

IFOでは、ある価格に達したら売り、あるいは買いの注文を執行して、その後に指定した2つの価格のいずれかに達したら決済をするというものです。

IFOでの注文方法は、まず売りか買いかのいずれかを指定します。次に、成行、指値、逆指値のいずれかの注文方法を指定します。

決済方法は、売りであれば買い、買いであれば売りの注文を出します。その時に、指値と逆指値の2つを指定します。売りであれば、買いの指値と買いの逆指値を指定します。買いであれば、売りの指値と売りの逆指値を指定します。

なお、指値と逆指値は、注文時の為替レートよりも上値と下値に指定します。例えば、82円で買い注文した場合には、83円の指値と81円の逆指値をします。また、82円で売り注文した場合には、81円の指値と83円の逆指値をします。

IFOでは、以下のような注文ができます。

注文時 決済時
買い 成行 売り指値と売り逆指値
指値
逆指値
売り 成行 買い指値と買い逆指値
指値
逆指値

▼IFOの注文画面

(2012年05月15日更新)




カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

検索ランキング

画像から探す

BWR

魚雷

コーナー取付

オフセット

結納の儀

飯塚祐紀

丸唐組

イヌエンジュ



©2018 Weblio RSS