Weblio 辞書 > 金融コラム一覧 > FXのチャート分析ソフトMT4のAccumulation/Distributionの見方

FXのチャート分析ソフトMT4のAccumulation/Distributionの見方

 

FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)のAccumulation/Distributionの見方について解説します。

Accumulation/Distribution(A/D)は、高値と安値、終値、出来高からトレンドの方向を探すテクニカル指標です。

Accumulation/Distributionは、MT4のナビゲーター画面の「罫線分析ツール」に登録されています。チャート画面に表示するには「Accumulation/Distribution」の文字を右クリックして、「チャートに表示」を選びます。



Accumulation/Distributionの計算方法は次の通りです。
  1. 終値と安値との差を求める
  2. 高値と終値との差を求める
  3. 1から2を引く
  4. 高値と安値との差を求める
  5. 3を4で割る
  6. 5に出来高を掛ける
  7. 6に前日のAccumulation/Distributionを加えたものが当日のAccumulation/Distributionになる

為替レートが上昇するとAccumulation/Distributionの値も上昇し、為替レートが下降するとAccumulation/Distributionの値も下降します。



上の図は、チャート画面にAccumulation/Distributionを描画したものです。黄色の丸で囲んだ部分はAccumulation/Distributionの値が小さい地点で、為替レートも安値圏にあります。

また、赤色の丸で囲んだ部分はAccumulation/Distributionの値が大きい地点で、為替レートも高値圏にあります。

Accumulation/Distributionの値は決められた範囲内に納まりません。そのため、上記の安値圏が買いのエントリーポイントにはなりません。また、上記の高値圏が売りのエントリーポイントにはなりません。



上のチャート画面での赤色の線の部分では、為替レートが下降しています。一方、Accumulation/Distributionの同じ部分ではAccumulation/Distributionの値が横ばいに推移しています。この部分はいわゆる”ダイバージェンス”の現れた地点になり、トレンドの転換が近いことを表しています。

Accumulation/Distributionでは、ダイバージェンスの現れた地点を見つけ出して、そこを売買のエントリーポイントにすることが多いようです。
(2012年06月11日更新)




カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

検索ランキング

©2022 GRAS Group, Inc.RSS