Weblio 辞書 > 金融コラム一覧 > 株式分析のバリアブルボラティリティストップとは

株式分析のバリアブルボラティリティストップとは

 

株式分析のバリアブルボラティリティストップ(Variable Volatility Stop)とは、終値をトレーリングするボラティリティストップを表示するテクニカル指標です。バリアブルボラティリティストップでは、相場のトレンドを調べる時に用いられます。

バリアブルボラティリティストップの計算方法は、売りの場合は、最安終値からn倍したATRを足した価格でのストップを指します。また、買いの場合は、最高高値からn倍したATRを引いた価格でのストップを表します。

ATRは、アベレージトゥルーレンジ(Average True Range)はボラティリティを計るテクニカル指標のことで、次の計算式で求めることができます。

ATR=True Rangeのn日間のEMA(指数平滑移動平均線)

True Rangeは、
  1. 当日の高値と当日の安値の差
  2. 当日の高値と前日の終値の差
  3. 当日の安値と前日の終値の差
のうち、一番大きい数値になります。



上の図は、チャート画面にバリアブルボラティリティストップを描画したものです。バリアブルボラティリティストップは、描画はパラボリックSARと似た描画方法です。

バリアブルボラティリティストップでの買いのエントリーポイントは、チャート画面に表示されるバリアブルボラティリティストップの点の色が青色から赤色に変わった時になります。上の図の緑色の丸で囲んだ部分になります。

また、バリアブルボラティリティストップでの売りのエントリーポイントは、チャート画面に表示されるバリアブルボラティリティストップの点の色が赤色から青色に変わった時になります。上の図の赤色の丸で囲んだ部分になります。
(2012年06月21日更新)




カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

検索ランキング

©2019 Weblio RSS