間隙比とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 宇宙 > 間隙 > 間隙比の意味・解説 

間隙比

読み方かんげきひ
【英】:void ratio

土の間隙体積土粒子体積との比。

間隙比

土中間隙体積土粒子との体積の比であり、土中間隙大小を示す指標となる。おおよそ砂質土で0.6~1.4、粘性土で0.9~3.5の範囲にあり、泥炭では5~20程度である。土の間隙体積と土全体体積との比は間隙率という。

間隙比

読み方かんげきひ
【英】 void ratio

土を構成する各相の体積を、それぞれVs固相)、Vg気相)およびVw液相)とすると、間隙部分体積Vv=Vg+Vw であり、土の前体積V=VvVsで表わされる。

無題1.bmp

土の間隙の状態を量的表わすのに、土の全体積に対す間隙体積比すなわち間隙率(%)、および固相体積対す間隙体積比すなわち間隙比eを用いる。
よく間隙率と間隙比で間違われやすいが、通常は間隙比eで評価されることがおおい。

間隙比e=Vv÷Vs

砂:e=0.6~1.1程度
粘土:e=1.5~3.0程度


ポロシティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/02 09:40 UTC 版)

(間隙比 から転送)

ポロシティporosity, void fraction)とは、固体物質が小孔や割れ目、粒子間空隙などの空間(void, pore)を含む量を表す尺度。物質の全体積に占める空間の体積の割合で定義され、0 - 1または0 - 100%の値を取る。この概念が用いられる分野には薬剤学窯業金属工学物質科学製造業地球科学土質力学などがある。


  1. ^ a b c 国際科学振興財団(編) 『科学大事典』 丸善、2005年、第二版。ISBN 4621075217
  2. ^ 物理学辞典編集委員会(編) 『物理学辞典(三訂版)』 培風館、2005年ISBN 456302094X
  3. ^ a b 土壌物理研究会(編) 『土の物理学:土質工学の基礎』 森北出版、1979年ISBN 9784627461208
  4. ^ JIS B 0190:2010圧力容器の構造に関する共通用語
  5. ^ JIS H 7009:2016 ポーラス金属用語
  6. ^ JIS Z 2500:2000 粉末や(冶)金用語
  7. ^ JIS R 1600:2011 ファインセラミックス関連用語
  8. ^ a b c JIS H 7006:1991 金属基複合材料用語
  9. ^ JIS M 0104:1984 石炭利用技術用語
  10. ^ a b c JIS H 0211:1992 ドライプロセス表面処理用語
  11. ^ JIS R 2001:1985 耐火物用語
  12. ^ JIS H 7008:2008 金属超微粒子用語
  13. ^ a b JIS K 3802:2015 膜用語
  14. ^ JIS A 0202:2008 断熱用語
  15. ^ JIS X 0701:2005 情報及びドキュメンテーション-用語
  16. ^ a b JIS M 0102:2000 鉱山用語
  17. ^ JIS K 0211:2013 分析化学用語(基礎部門)
  18. ^ JIS H 0400:1998 電気めっき及び関連処理用語
  19. ^ a b JIS Z 4001:1999 原子力用語
  20. ^ JIS Z 2501:2000 焼結金属材料−密度,含油率及び開放気孔率試験方法
  21. ^ a b 鈴木淑夫 『岩石学辞典』 朝倉書店、2005年ISBN 4254162464
  22. ^ 椿淳一郎、鈴木道隆、神田良照 『入門 粒子・粉体工学』 日刊工業新聞社、2002年ISBN 4526050008
  23. ^ 白根睦巳 (1987). “空隙率による織物の層別:長繊維織物について”. 繊維機械学会誌 40 (2): 76-89. https://www.jstage.jst.go.jp/article/transjtmsj1972/40/2/40_2_P76/_article/-char/ja/ 2016年5月21日閲覧。. 
  24. ^ L.F. Athy (1930). “Density, porosity and compactation of sedimentary rocks”. Bull. Amer. Assoc. Petrol. Geol. 14: 1-24. 
  25. ^ Rouquerol, J. (1994). “Recommendations for the characterization of porous solids”. Pure and Appl. Chem. 66: 1739–1758. doi:10.1351/pac199466081739.  See page 1745.
  26. ^ a b 粉体工学会(編) 『粉体の基礎物性』 日刊工業新聞社、2005年、96頁。ISBN 4526055441
  27. ^ 北川進 『配位空間の化学: 最新技術と応用』 シーエムシー、2009年、130頁。ISBN 4781301355
  28. ^ a b F.A.L. Dullien (1992). Porous Media, Fluid Transport and Pore Structure (2nd ed.). en:Academic Press. 
  29. ^ JIS A 1509-3:2014 セラミックタイル試験方法-第3部:吸水率,見掛け気孔率及びかさ密度の測定方法
  30. ^ JIS M 8719:1990 鉄鉱石ペレット-体積測定方法
  31. ^ JIS M 8717:1993 鉄鉱石-密度試験方法
  32. ^ JIS M 8716:1990 鉄鉱石ペレット-見掛密度及び気孔率の算出方法
  33. ^ JIS R 1655:2003 ファインセラミックスの水銀圧入法による成形体気孔径分布試験方法
  34. ^ Brun, M.; Lallemand, A.; Quinson, J-F.; Eyraud, C. (1977). “A new method for the simultaneous determination of the size and the shape of pores: The Thermoporometry”. Thermochimica Acta (Elsevier Scientific Publishing Company, Amsterdam) 21: 59–88. doi:10.1016/0040-6031(77)85122-8. 
  35. ^ Mitchell, J.; Webber, J. Beau W.; Strange, J.H. (2008). “Nuclear Magnetic Resonance Cryoporometry”. Phys. Rep. 461: 1–36. Bibcode 2008PhR...461....1M. doi:10.1016/j.physrep.2008.02.001. 
  36. ^ Webber, J. Beau W.; Dore, John C. (2008). “Neutron Diffraction Cryoporometry -- a measurement technique for studying mesoporous materials and the phases of contained liquids and their crystalline forms”. Nucl. Instrum. Meth. A. 586 (2): 356–366. Bibcode 2008NIMPA.586..356W. doi:10.1016/j.nima.2007.12.004. 


「ポロシティ」の続きの解説一覧





間隙比と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「間隙比」の関連用語

間隙比のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

杭の鉛直載荷試験

ダイレイタンシー

ボーリング

ジオカルテ

スウェーデン式サウンディング試験

がけ崩れ

コンシステンシー

ソイルセメントコラム





間隙比のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
鐵鋼スラグ協会鐵鋼スラグ協会
Copyright (C) 2016 Nippon Slag Association All Rights Reserved.
サムシングサムシング
Copyright (c) 2016 SOMETHING,LTD. All Rights Reserved
サムシング地盤関連用語集
兼松日産農林株式会社兼松日産農林株式会社
Copyright ©2016 Kanematsu-NKK Corporation All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのポロシティ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS