リチャード・ハリスとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 芸能人 > 俳優・女優 > アイルランドの俳優 > リチャード・ハリスの意味・解説 

Richard Harris

以下の映画Richard Harris関連しています。
ユナイテッド・アーチスツ配給


リチャード・ハリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/17 15:25 UTC 版)

リチャード・ハリスRichard Harris, 1930年10月1日 - 2002年10月25日)は、アイルランドの俳優。また、歌手としても知られ、1968年には「マッカーサー・パーク」が全米・全英トップ10ヒットとなっている。




  1. ^ Richard Harris (I) - Biography” (英語). IMDb. 2013年5月28日閲覧。
  2. ^ “A hell-raiser and shining star”. Daily Mail. http://www.dailymail.co.uk/news/article-144670/A-hell-raiser-shining-star.html 2010年10月19日閲覧。 
  3. ^ “Harris was one of the most outstanding film stars of his time”. Irish Independent. (2002年10月27日). http://www.independent.ie/national-news/harris-was-one-of-the-most--outstanding-film-stars-of-his-time-504644.html 2007年12月10日閲覧。 
  4. ^ Severo, Richard (2002年10月26日). “Richard Harris, Versatile And Volatile Star, 72, Dies”. The New York Times. http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9801E2D91E3CF935A15753C1A9649C8B63 2007年12月10日閲覧。 
  5. ^ Limerick rugby full of heroes”. Wesclark.com (2002年5月24日). 2011年11月8日閲覧。
  6. ^ Richard Harris - Obituaries
  7. ^ “『ハリー・ポッター』のR・ハリス、死去”. シネマトゥデイ. (2002年10月28日). http://www.cinematoday.jp/page/N0002564 2013年4月14日閲覧。 
  8. ^ “ハリポタの校長に、M・ガンボンが決定”. シネマトゥデイ. (2003年2月24日). http://www.cinematoday.jp/page/N0003014 2013年4月14日閲覧。 
  9. ^ Crowe pays tribute to Harris at Irish ceremony”. BreakingNews.ie (2006年10月2日). 2013年4月14日閲覧。


「リチャード・ハリス」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「リチャード・ハリス」の関連用語

リチャード・ハリスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

多摩川

ブルヘッドノトセン

タラノキ

70系

小型ポンプ車

天皇陛下御在位20年記念5百円ニッケル黄銅貨幣

MF100型

T-4





リチャード・ハリスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリチャード・ハリス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS