クレヨンしんちゃん_ヘンダーランドの大冒険とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > クレヨンしんちゃん_ヘンダーランドの大冒険の意味・解説 

クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険

原題:
製作国:日本
製作年:1996
配給:東宝配給
スタッフ
監督:本郷みつる ホンゴウミツル
演出:原恵一 ハラケイイチ
プロデューサー:茂木仁史 シゲキ

太田賢司 オオタケンジ

堀内孝 ホリウチタカシ
原作:臼井儀人 ウスイヨシト
脚本:本郷みつる ホンゴウミツル

原恵一 ハラケイイチ
作画監督:原勝徳 ハラカツノリ

堤のりゆき ツツミノリユキ
撮影:高橋秀子 タカハシヒデコ
音楽:荒川敏行 アラカワトシユキ

宮崎慎二 ミヤザキシンジ
歌:のはらしんのすけ ノハラシンノスケ

雛形あきこ ヒナガタアキコ
美術:柴山恵理子 シバヤマエリコ

星野直美 ホシノナオミ
編集:岡安肇 オカヤスハジメ
録音:大熊昭 オオクマアキラ
スクリプター:湯浅政明 ユアサマサアキ

本郷みつる ホンゴウミツル

原恵一 ハラケイイチ

湯浅政明 ユアサマサアキ

石田卓也 イシダタクヤ

水島努 ミズシマツトム
キャスト(役名
矢島晶子 ヤジマアキコ (のはらしんのすけ(声))
ならはしみき ナラハシミキ (みさえ(声))
藤原啓治 フジワラケイジ (ひろし(声))
田中秀幸 タナカヒデユキ (ジョマ(声))
大塚芳忠 オオツカヨシタダ (マカオ(声))
古川登志夫 フルカワトシオ (ス・ノーマン・パー(声))
辻親八 ツジ (クレイ・G・マッド(声))
深雪さなえ  (チョキリーヌ・ベスタ(声))
渕崎ゆり子 フチザキユリコ (トッペマ・マペット、メモリ・ミモリ姫(声))
保志総一朗 ホシソウイチロウ (ゴーマン王子(声))
八奈見乗児 ヤナミジョウジ (トランプの精(声))
納谷六朗 ナヤロクロウ (園長先生(声))
高田由美 タカダユミ (よしなが先生(声))
富沢美智恵 トミザワミチエ (松坂先生(声))
真柴摩利 マシバマリ (風間くん(声))
林玉緒 ハヤシタマオ (ネネちゃん(声))
鈴木みえ スズキミエ (マサオくん(声))
佐藤智恵 サトウチエ (ボーちゃん(声))
大塚智子 オオツカトモコ (河村くん(声))
玄田哲章 ゲンダテッショウ (アクション仮面(声))
大滝進矢 オオタキシンヤ (カンタム・ロボ(声))
塩沢兼人 シオザワカネト (ぶりぶりざえもん(声))
雛形あきこ ヒナガタアキコ (雛形あきこ(声))
解説
おなじみ嵐を呼ぶ幼稚園児のはらしんのすけ活躍を描いた劇場版長篇アニメーションの第4作。地球征服企む魔女一味に乗っ取られたテーマパークヘンダーランド”を舞台に、懸命に魔女たちと戦うしんのすけの姿を、ギャグあり、感動ありのパワフルさで見せている。監督は第1作から劇場版手掛けている本郷みつるアイドル雛形あきこ本人の役で出演し、主題歌歌っている。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
しんのすけたちは幼稚園の春の遠足で、新しくできたテーマパーク群馬ヘンダーランド”へ出掛けた。ふとした拍子にみんなとはぐれたしんのすけは、サーカス小屋テント迷い込み、そこでに入れられた可愛い女の子を見つける。彼女はメモリ・ミモリという異次元王国ヘンダーランド王女で、オカマ魔女マカオとジョマによって閉じ込められてしまったのだった王女助けようとしたしんのすけだったが、オカマ魔女の手クレイ・G・マッドとチョキリーヌ・ベスタの妨害にあい、人形のトッペマ・マペットの助け借りてその場から逃げ帰るのが精一杯だった。トッペマは魔女魔法トランプしんのすけに託し、ヘンダーランドを救ってほしいと助け求める。しんのすけ恐怖尻込みしていたが、トランプ取り返すために現れ雪だるまのス・ノーマン・パーにひろしとみさえを連れ去られてしまい、「オラ父ちゃん母ちゃんお助けに行くゾ!」と奮い立ち、トランプ片手ヘンダーランドへ向かった。しんのすけ真っ先に襲ってきたクレイ・Gをトッペマと協力して破り、Tシャツに姿を変えられていたひろしを助け出す。ヘンダー城へ向かったしんのすけたちはチョキリーヌの襲撃を受けるが、トッペマが自分の身を犠牲にしてこれを倒し、やはりブラジャーに変えられていたみさえが元の姿で帰ってきた。いよいよ城へ乗り込んだしんのすけたちは、トランプ魔法の力でオカマ魔女を倒し、ヘンダーランドにかけられた封印を解くのだった。平和が戻ったヘンダー王国では、助け出されたメモリ姫がゴーマン王子幸せ取り戻していた。

クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/30 08:45 UTC 版)

クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険』(クレヨンしんちゃん ヘンダーランドのだいぼうけん)は、1996年4月13日に公開された『クレヨンしんちゃん』の劇場映画シリーズ4作目。上映時間は96分。興行収入は約12億円。




  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)554頁
  2. ^ 本郷は12年後の第16作『ちょー嵐を呼ぶ 金矛の勇者』で再び監督を務めている。
  3. ^ 劇中に登場するヘンダーランドのテレビコマーシャルでは「東北自動車道館林インターチェンジから30分。または東武桐生線ヘンダーランド駅下車」と紹介されている。ヘンダーランド駅は架空の駅であり実在しない。
  4. ^ しんのすけは当初、ス・ノーマンと意気投合していたが、途中で悪人だと気付いた。また、マサオも「あまり良い人じゃないような気がする」と違和感を感じていた。
  5. ^ 例として、魔法の存在を信じさせるために水着姿の雛形あきこを召喚しても、しんのすけの私利私欲の願いと見做され、早く解けてしまう。目的地を目指したり、敵と勝負するために乗り物や阿波踊りの衣装に変身した場合は長く持続する。


「クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「クレヨンしんちゃん_ヘンダーランドの大冒険」の関連用語

クレヨンしんちゃん_ヘンダーランドの大冒険のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

庄内用水

上り急勾配あり

Rubin Phoenix

らくらくホン プレミアム

追悼ミサ

トッピング

ブレスレットスリーブ

香り米





クレヨンしんちゃん_ヘンダーランドの大冒険のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS