オウサマペンギンとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 動物図鑑 > オウサマペンギンの意味・解説 

オウサマペンギン

オウサマペンギン
オウサマペンギン
オウサマペンギン
オウサマペンギン
名称
オウサマペンギンオウサマペンギン
飼育園館
上野動物園
生息地
南極海周辺小島
体の大きさ
くちばし先から尾の先端まで約95cm、体重12~15kg
えさ
主に魚類イカなどを食べています。動物園では、アジなどのをあたえています。
特徴
コウテイペンギンのつぎに大きなペンギンです。繁殖期には「ルッカリー」と呼ばれる集団繁殖地におおぜい集まります。巣はつくらず、1個の卵を産み、足の上に卵をのせてオスメス交代あたためます。ヒナは、あるていど大きくなるヒナたちだけで集まって「クレイシ」と呼ばれる群れをつくり、共同生活をします。その間に親ペンギンはえさをとりに出かけます。
動画
オウサマペンギン オウサマペンギン 動画
↑クリックすると、動画を見ることができます
 
“オウサマペンギン”に関連するニュース・催し物はこちら(7件)

オウサマペンギン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/10 07:38 UTC 版)

オウサマペンギンAptenodytes patagonicus)は、ペンギン目ペンギン科オウサマペンギン属に分類される鳥類。別名キングペンギン[2][3]


[ヘルプ]
  1. ^ a b BirdLife International. 2016. Aptenodytes patagonicus. The IUCN Red List of Threatened Species 2016: e.T22697748A93636632. http://dx.doi.org/10.2305/IUCN.UK.2016-3.RLTS.T22697748A93636632.en. Downloaded on 23 February 2017.
  2. ^ a b 山階芳麿 「オウサマペンギン(キングペンギン)」『世界鳥類和名辞典』、大学書林、1986年、17頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad David Solomon「キングペンギン King Penguin」出原速夫・菱沼裕子訳『ペンギンペディア』、河出書房新社2013年、38-53頁。


「オウサマペンギン」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「オウサマペンギン」の関連用語

オウサマペンギンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

モモイロペリカン

アミメキリン

メガネモチノウオ

ブチクスクス

アミメニシキヘビ

ムツオビアルマジロ

ヒガシクロサイ

ユウゼン





オウサマペンギンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
東京ズーネット東京ズーネット
東京ズーネット」は財団法人東京動物園協会が運営する都立動物園の公式サイトです。
© 2001-2017 Tokyo Zoological Park Society. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオウサマペンギン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS