アンミンとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > アンミンの意味・解説 

アンモニア

(アンミン から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/28 07:36 UTC 版)

アンモニア (: ammonia) は分子式 で表される無機化合物。常温常圧では無色の気体で、特有の強い刺激臭を持つ。




[ヘルプ]
  1. ^ NIST Chemistry WebBook (website page of the National Institute of Standards and Technology) URL last accessed 15 May 2007
  2. ^ MSDS Sheet from W.D. Service Co.
  3. ^ : ammine
  4. ^ : ammonium ion
  5. ^ : amide ion
  6. ^ シャロー 『溶液内の化学反応と平衡』 藤永太一郎、佐藤昌憲訳、丸善、1975年
  7. ^ ミステリーの毒を科学する 講談社ブルーバックス 山崎昶 1992 ISBN 978-4-06-132919-5
  8. ^ a b アンモニア 化学物質安全シート 高千穂科学工業 (PDF)
  9. ^ MSDS 液体アンモニア (PDF)
  10. ^ a b D.D. Wagman, W.H. Evans, V.B. Parker, R.H. Schumm, I. Halow, S.M. Bailey, K.L. Churney, R.I. Nuttal, K.L. Churney and R.I. Nuttal, The NBS tables of chemical thermodynamics properties, J. Phys. Chem. Ref. Data 11 Suppl. 2 (1982)
  11. ^ FA コットン, G. ウィルキンソン著, 中原 勝儼訳 『コットン・ウィルキンソン無機化学』 培風館、1987年、原書:F. ALBERT COTTON and GEOFFREY WILKINSON, Cotton and Wilkinson ADVANCED INORGANIC CHEMISTRY A COMPREHENSIVE TEXT Fourth Edition, INTERSCIENCE, 1980.
  12. ^ 田中元治 『基礎化学選書8 酸と塩基』 裳華房、1971年
  13. ^ a b c 江崎正直、アンモニア合成 (PDF)
  14. ^ 秋鹿研一、小山建次、山口寿太郎 ほか、アンモニア合成用カリウム金属添加ルテニウムおよびオスミウム触媒の製法に関する研究 日本化学会誌 Vol.1976 (1976) No.3 P.394-398, doi:10.1246/nikkashi.1976.394
  15. ^ 秋鹿研一『化学と教育』第10巻、1994年、 680 - 684頁。
  16. ^ 北野政明、原亨和、 細野秀雄、電子化物を利用したアンモニア合成用触媒材料の開発 スマートプロセス学会誌 Vol.2 (2013) No.6 p.293-298, doi:10.7791/jspmee.2.293
  17. ^ K. Arashiba, Y. Miyake and Y. Nishibayashi, A molybdenum complex bearing PNP-type pincer ligands leads to the catalytic reduction of dinitrogen into ammonia, Nature Chem. 3, 120-125 (2011).
  18. ^ 世界最高の活性を示すアンモニア合成触媒の開発に成功 東京大学、九州大学、科学技術振興機構
  19. ^ 経済産業省生産動態統計・生産・出荷・在庫統計平成20年年計による
  20. ^ http://www.ueri.co.jp/jhif/12Conference090610/doshisyauniv.pdf
  21. ^ 「自然冷媒(アンモニア)高効率ヒートポンプチラー」の開発・販売について 〜地球環境にやさしいアンモニア冷媒を採用、4月より販売開始〜 2004年3月30日 東京電力
  22. ^ アメリカ合衆国特許第125,577号
  23. ^ アメリカ合衆国特許第105,581号
  24. ^ Louis C. Hennick; Elbridge Harper Charlton (1965). The Streetcars of New Orleans. Pelican Publishing. p. 14-16. ISBN 9781455612598. 
  25. ^ 坂口力、環境要因とアンモニア代謝 第1報: 各種環境要因における脳, 肝, 血液のアンモニア濃度変化 日本衛生学雑誌 Vol. 19 (1964-1965) No. 6 P 369-373, doi:10.1265/jjh.19.369
  26. ^ 福嶋真理恵、古藤和浩、遠城寺宗近 ほか、バルプロ酸ナトリウムにより高アンモニア血症をきたしたC型慢性肝炎の1例 日本消化器病学会雑誌 Vol.102 (2005) No.1 P42-47, doi:10.11405/nisshoshi.102.42
  27. ^ “新年企画 食べるって何だ? 郷土の味 知恵凝縮”. 朝日新聞栃木版 (朝日新聞社). (2009年1月1日). http://mytown.asahi.com/tochigi/news.php?k_id=09000360901010002 2009年8月10日閲覧。 
  28. ^ 加藤章信、鈴木一幸、肝性脳症: 診断·検査 日本消化器病学会雑誌 Vol. 104 (2007) No. 3 P 344-351, doi:10.11405/nisshoshi.104.344
  29. ^ ヤリイカの人工飼育”. 松本 元先生 メモリアルサイト. ブレインビジョン株式会社. 2011年12月15日閲覧。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アンミン」の関連用語

アンミンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

LYNX 3D

富土海水浴場

東根笹

噴霧機

スワン

広瀬用水

友ヶ島灯台

サンショウ





アンミンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアンモニア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS