Weblio 辞書 > 金融コラム一覧 > FXのロングポジションとショートポジションとは

FXのロングポジションとショートポジションとは

 

FX(外国為替証拠金取引)におけるロングポジションとは、手元に買い持ち高のある状態のことをいいます。一方、ショートポジションとは、手元に売り持ち高のある状態のことをいいます。

▼ロングポジション
例えば、USD/JPYが今後値上がりすると予想した場合にはUSD/JPYを買うことになります。この買う行為を「USD/JPYをロングする」と表現します。そして、USD/JPYの買い持ち高がある状態を「USD/JPYのロングポジションを所有している」、あるいは、「USD/JPYの買いポジションを所有している」と表現します。

USD/JPYをロングする際の為替レートは、FX業者の提示する2つの為替レートのうち「買い」、または、「ASK」の価格になります。

■注文方法が「売り」、「買い」の取引画面

■注文方法が「BID」、「ASK」の取引画面

ロングポジションにおいては、為替レートが値上がりして決済をすれば利益が生じます。一方、為替レートが値下がりして決済をすれば損失が生じます。例えば、USD/JPYの場合、購入時の為替レートよりも円安の価格で決済をすれば利益、円高の価格で決済をすれば損失がそれぞれ生じます。

▼ショートポジション
また、USD/JPYが今後値下がりすると予想した場合にはUSD/JPYを売ることになります。この売る行為を「USD/JPYをショートする」と表現します。そして、USD/JPYの売り持ち高がある状態を「USD/JPYのショートポジションを所有している」、あるいは、「「USD/JPYの売りポジションを所有している」と表現します。

なお、「USD/JPYをショートする」場合、USD/JPYが手持ちになくても売ることができます。これは、株式取引でいうところの「信用カラ売り」にあたります。

USD/JPYをショートする際の為替レートは、FX業者の提示する2つの為替レートのうち「売り」、または、「BID」の価格になります。

ショートポジションにおいては、為替レートが値下がりして決済をすれば利益が生じます。一方、為替レートが値上がりして決済をすれば損失が生じます。例えば、USD/JPYの場合、購入時の為替レートよりも円高の価格で決済をすれば利益、円安の価格で決済をすれば損失がそれぞれ生じることになります。
(2012年05月10日更新)




カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

検索ランキング

画像から探す

8800形

ドコモケータイP-01H

大きさの異なる箱を重ねるときの包み方

糞尿処理施設

James A. Garfield

もんじゅナトリウム火災事故

GS450h

5000系



©2017 Weblio RSS