Weblio 辞書 > 金融コラム一覧 > GMOクリック証券の提供するバイナリーオプションのハイローの解説

GMOクリック証券の提供するバイナリーオプションのハイローの解説

 

GMOクリック証券株式会社の提供するバイナリーオプションは、外為オプション(外為OP)というサービス名で、ハイロー(HIGH&LOW)を提供しています。

2012年5月現在、取り扱っている通貨ペアは、USD/JPY、EUR/JPY、GBP/JPY、EUR/USDの4通貨です。取引は5分ごとに行われ、1通貨につき1日に236回の取引が可能です。購入可能価格は、1商品につき最低100円で、100円単位で最高5万円まで購入できます。購入した商品は、START時間より前であれば購入取り消しができます。

GMOクリック証券株式会社の提供するバイナリーオプションのペイアウト倍率は2倍で、株式会社FXトレード・フィナンシャルの提供するHIGH・LOWの1.8倍~1.9倍に比べて高い倍率になっています。

外為オプション(外為OP)利用者には、Platinum Chart(プラチナチャート)と呼ばれる分析ソフトが利用できます。Platinum Chartでは、MACDやADX、移動平均線など40種類近いテクニカル指標での分析ができたり、経済指標や外国為替関連のニュースが閲覧できたりします。

GMOクリック証券株式会社の提供するバイナリーオプションには、他のバイナリーオプションのハイローの商品と異なる点がいくつか挙げられます。

▼完売
完売は、ハイローの商品が売り切れたことを表します。完売になると、購入ボタンに「完売」の文字が表示され、購入できない状態になります。購入者は、買いたい時に買えないという不利が生じます。

完売は、円高(ドル高)、円安(ドル安)のどちらか一方に表示されます。完売は、急激な円高(ドル高)や円安(ドル安)の時に生じることが多いようです。なお、完売は途中で解除され、購入できる場合もあります。

※円高が完売の画面

▼レンジ外
外為オプション(外為OP)では、円高(ドル高)、および、円安(ドル安)の商品を発売しますが、商品の内容には為替レートの範囲が設定されています。例えば、USD/JPYのSTART時間における価格が80.500円の場合、円高でのペイアウトの条件は、END時間に80.497円以下とされています。同じように、円安でのペイアウトの条件は、END時間に80.503円以上とされています。つまり、END時間の価格が80.498円から80.502円までの間に納まると、円高、円安のどちらの購入者に対してもペイアウトがありません。これをレンジ外と呼んでいます。ちなみに購入代金の払い戻しはなく、すべて業者の利益になります。

2011年9月から2012年4月までに発売されたおよそ15万商品のうち、約1万商品がレンジ外になっています。レンジ外の発生する確率はおよそ6.7%です。このことから、外為オプションは、上がるか下がるかの二者択一のハイロー商品ですが、ペイアウトの期待値は50%未満になります。
(2012年05月07日更新)




カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

検索ランキング

画像から探す

つみれ

斐伊川

プレートホルダー

クロツラヘラサギ

浜口雄幸

ストロベリー・コラーダ

C-1

秀吉丸



©2017 Weblio RSS