AS/400とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > AS/400の意味・解説 

AS/400

読み方エースよんひゃく
別名:AS/400

AS/400とは、IBM1988年発表した、オフィスコンピュータに相当する中小クラスコンピュータシステムシリーズ名である。2008年登場したIBM Power Systems先行するシリーズであった。

AS/400では、オペレーティングシステムOS)としてはOS/400が、データベースシステムとしてはリレーショナルデータベースDB2搭載されている。ハードウェアソフトウェアともにIBMから提供されており、マシン仮想化することによってアプリケーションプログラム実装ハードウェアから切り離すことを可能にしている。CPUは、当初CICS型が採用されていたが、1995年RISC型に移行されている。また、AS/400の操作には、多く場合RPGReport Program Generator)やCOBOLなどが用いられる。

AS/400は、管理面での高い信頼性と、高いセキュリティ性を実現しており、会社規模関わらず多く業種使用されている。

AS/400は、2000年IBM eSever iSeries改称同じく2006年にはIBM System i改称された。2008年には、後継シリーズとなるPower Systems発表されている。


参照リンク
System i 技術情報 - (IBM

System i

(AS/400 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/04 20:38 UTC 版)

AS/400(えーえすよんひゃく)、iSeries(あいしりーず)、System i(しすてむあい)はIBMのビジネス・アプリケーション用サーバー。世界的にはミッドレンジコンピュータ、日本ではオフィスコンピュータと分類される場合が多い。




「System i」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「AS/400」に関係したコラム

  • FXのスワップポイントによる損益のシミュレーション

    FX(外国為替証拠金取引)のスワップポイントは、通貨ペアの金利差による利息のことで、半年から1年、2年と長期間保有すればスワップポイントのみで大きな利益を得ることができます。為替レートが値下がりして損...

  • 海外のFX業者一覧

    海外のFX業者とは、日本に現地法人を設立していないFX業者のことです。海外のFX業者と日本国内のFX業者との大きな違いは、日本国内の法律が適用されるかどうかです。日本国内のFX業者の場合は「金融商品取...

  • 株価の特別気配の更新値幅は

    特別気配とは、売り注文と買い注文の数量がアンバランスな状態で、売買の成立が困難な状況のことです。例えば、株価が400円の時に、402円、401円、400円、399円、・・・に大量の買い注文が入り、40...

  • 株式の投資判断とされる配当利回り変化率とは

    株式の投資判断とされる配当利回り変化率とは、現在の配当利回りが、過去の配当利回りと比べてどのくらい変化したかをパーセンテージで表したものです。配当利回りは、次の計算式で求めることができます。配当利回り...

  • 海外のCFD業者の一覧

    海外のCFD業者を使ってCFD取引を行うメリットは、日本国内のCFD業者よりもレバレッジが高い点が挙げられます。レバレッジが高ければ、少ない証拠金で取引ができます。中には、日本国内のCFD業者のレバレ...

  • 日本国内のFX業者の法人向けレバレッジ比較

    2012年5月現在、日本国内のFX業者の法人向けレバレッジの比較一覧です。レバレッジの倍率は個人の場合、「金融商品取引業等に関する内閣府令」により、2011年8月から最大25倍までに規制されています。

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「AS/400」の関連用語

AS/400のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



AS/400のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリAS/400の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのSystem i (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS