バッタもんとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > バッタもんの意味・解説 

ばった‐もの【ばった物】


バッタもん

大阪弁 訳語 解説
バッタもん 安物偽物 バッタ屋で売られているようなものという意味。ちなみにバッタ屋とは安売り露店現金商売で、お金を持ってバッタのようにあちこち飛び回っていたこと由来する。


バッタもん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/12 13:52 UTC 版)

バッタもんとは、「正規の流通ルートで仕入れたものではない正規品」あるいは「偽物の商品」のこと[1]


  1. ^ デジタル大辞泉ばった物』 - コトバンク。2019年9月4日閲覧。
  2. ^ 2020年11月7日放映のNHK『土曜スタジオパーク』において、古舘伊知郎が、『日本人のおなまえっ!』で「濃厚な説」として説明したとして紹介している。


「バッタもん」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「バッタもん」の関連用語

バッタもんのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



バッタもんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
全国大阪弁普及協会全国大阪弁普及協会
Copyright (C) 2000-2021 全国大阪弁普及協会 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバッタもん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS