Xボンバー スタッフ

Xボンバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/05 08:08 UTC 版)

スタッフ

ソルジャー イン ザ スペース」「銀河漂流
作詞:藤川桂介
作曲:山本恭司
編曲:バッハリボリューション
唄:BOWWOW
発売:アートユニオン
  • 監督:三上陸男高橋章、松本清孝、大上典保
  • 撮影:川崎龍治
  • 照明:高橋洋一
  • 美術:野呂真一
  • キャラクターデザイン:高橋章
  • オーディオディレクター:藤野貞義
  • 人形操作:林文明
  • 助監督:小前忠秋
  • 記録:堀ヨシ子
  • 編集:山本喜彦(阿良木プロ)
  • 特撮
    • 特撮監督:松本清孝、安部安正
    • 撮影:安部安正
    • 照明:土田政雄
    • 美術:大橋実
    • 操演:高城忍、河合徹(GIVS)
    • マットペイント:三上陸男
  • 特撮助監督:上田斉
  • 合成:山田孝(日本映像クリエイティブ
  • 効果:依田安文(フィズサウンドクリエイション
  • 調整:桑原邦男
  • 録音制作:オムニバスプロモーション
  • 録音スタジオ:ニュージャパンスタジオ
  • アシスタントプロデューサー:馬場正英
  • 製作主任:高橋文雄
  • 製作担当:蔡郁文
  • 現像:東京現像所
  • 製作:フジテレビ、じんプロダクション / コスモプロダクション
  • ノンクレジット・スタッフ
    • 総監督:三上陸男[11]
    • 美術監督:高橋章[3]
    • 造形スタッフ:倉橋正幸[3]、谷口尚隆[3]
    • 広告代理店:博報堂[12]

放送データ

  • 特別番組 : 超宇宙マシーンXボンバー・発進準備完了(1980年10月4日放送)
放送日 話数 サブタイトル 脚本 監督
1980年
10月11日
1 スクランブル・Xボンバー 藤川桂介 三上陸男
10月18日 2 奇襲ゲルマ艦隊!
10月25日 3 F-01を探し出せ!
11月1日 4 輸送船団消滅す! 高橋章
11月8日 5 謎の帆船ドクロ号!
11月15日 6 旅立つXボンバー! 三上陸男
11月22日 7 重力墓場の死闘!
11月29日 8 涙を越えて銃撃せよ!
12月6日 9 追いつめられた司令官!
12月13日 10 銀河漂流
12月20日 11 サヨナラ永遠の戦場! 高橋章
12月27日 12 宿敵はカスター大尉
1981年
1月3日
13 激闘! Xボンバー対ゲルマ軍団 三上陸男
1月10日 14 宿命の少女ラミア 高橋章
1月17日 15 XボンバーM星に死す! 三上陸男
1月24日 16 連れ去られたラミア
1月31日 17 氷の牢獄で眠れ! 大上典保
2月7日 18 ブラディマリー昇進!
2月14日 19 牢獄惑星を爆破せよ!
2月21日 20 F-01暗殺作戦 松本清孝
2月28日 21 M13総攻撃開始!
3月7日 22 M13明日なき戦い!
3月14日 23 ゲルマ母艦へ突入せよ! 大上典保
3月21日 24 地球絶体絶命! 三上陸男
大上典保
3月28日 25 銀河新世紀元年
  • 第9話、13話、18話の3話分は総集編(3話とも一部に新撮影場面あり。)

放送局


  1. ^ Xボンバー REMASTER DVD-BOXバンダイビジュアル公式サイト
  2. ^ a b c d e 宇宙船140 2013, p. 119
  3. ^ a b c d e f 宇宙船140 2013, p. 124, 「インタビュー 高橋章
  4. ^ 全怪獣怪人』下巻、勁文社、1990年11月30日、300頁。C0676。ISBN 4-7669-1209-8
  5. ^ Xボンバー・登場人物バンダイチャンネル公式サイト
  6. ^ 宇宙船140 2013, p. 121.
  7. ^ 「『仮面ライダー』美術監督対談 三上陸男×高橋章」『宇宙船別冊 仮面ライダー怪人大画報2016』ホビージャパン〈ホビージャパンMOOK〉、2016年3月28日、61頁。ISBN 978-4-7986-1202-7
  8. ^ 宇宙船140 2013, p. 123.
  9. ^ a b c d e f 特撮全史 2020, pp. 8-9, 「Xボンバー」
  10. ^ 『別冊映画秘宝 特撮秘宝』Vol.4、洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2016年8月27日、261頁。ISBN 978-4-8003-1005-7
  11. ^ 宇宙船140 2013, p. 125.
  12. ^ 洋泉社『特撮秘宝』vol.2。244頁「三上陸男ロングインタビュー」
  13. ^ 北海道新聞』(縮刷版) 1981年(昭和56年)3月、テレビ欄。
  14. ^ 日刊スポーツ』1982年6月6日 - 6月27日付テレビ欄。
  15. ^ 『日刊スポーツ』1981年5月4日 - 6月1日付テレビ欄。
  16. ^ 福島民報』1980年10月10日 - 1981年4月3日付朝刊、テレビ欄。
  17. ^ 北日本新聞』1981年2月26日付朝刊、テレビ欄。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Xボンバー」の関連用語

Xボンバーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Xボンバーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのXボンバー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS