Windows Phone 概要

Windows Phone

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/22 16:15 UTC 版)

概要

au Windows Phone IS12T (CDMA TSI12)

主にエンタープライズビジネス向けと位置づけられていたWindows Mobileとは対照的に、一般消費者向けとして新たに一から作られたモバイル用OS。Windows MobileがWindows PCやExchange Serverと同期をとり、その子機的な機能が主体なのに対し、Windows Phoneは、AndroidGoogleのクラウドとの親和性を重視するのと同様、クラウドとの親和性を重視したつくりとなっている。なお、インターフェイスだけでなくアーキテクチャも一新されたため、Windows Mobileとの互換性はない。そのためWindows MobileやPocket PCWindows CE用に作られたアプリケーションは本OSで利用することができない。

Windows Phone 8以降では、ベースカーネルがWindows CEからWindows NTへ変更され、Windows Phone向けのWindowsランタイム (WinPRT) に対応したほか、Windows Phone 8.1以降では「ユニバーサルWindowsアプリ」に対応し、Windows PhoneストアアプリとWindowsストアアプリのソースコードを共有することができるようになり、プラットフォームの一元化が進められた。Xbox OneアプリやXamarinによるiOS/Android/Macアプリとのコードの共有は、Windows 10 Mobileを含むWindows 10シリーズにて実現されたユニバーサルWindowsプラットフォーム (UWP) および関連移植技術(Windows Bridge)にて対応される予定であった。

Windows Phoneは2011年10月に2011年度 グッドデザイン賞を受賞した[1]。また、その他の賞も複数受賞した。

2014年4月2日に開かれた「Build 2014」では、OEMに対する9インチ未満のスマートフォンとタブレットのライセンス料を無料にすると発表した[2]

イギリスの調査会社Kantar Worldpanelが2013年9月30日に発表した2013年6~8月期のスマートフォン市場調査によると、アメリカ3.0%、イギリス12.0%、フランス10.8%、ドイツ8.8%、イタリア9.5%、スペイン2.2%(欧州5ヶ国では9.2%)のシェアと報じられていた[3]

2013年第1四半期には、BlackBerryを抜いて世界三位の座を奪いとって[4]ノキアの本社があるフィンランドでは39%を越えていたり[5]、世界の24ヶ国でWindows PhoneのシェアがiOS (iPhone) のシェアを超えているなど[6]、健闘していた。

しかし結局AndroidiOSの牙城を崩すことはできずシェアは落ち込み、2017年には0.1%となり、ビル・ゲイツもAndroidを使用していると報じられた[7][8]Windows 10 Mobileによる巻き返しも失敗し、2019年12月10日をもってWindows 10 Mobileのサポートを終了することが発表された[9]

日本向け機種

日本国内では、2011年8月25日KDDIおよび沖縄セルラー電話(各auブランド)より、富士通東芝モバイルコミュニケーションズ(現 富士通モバイルコミュニケーションズ)製の世界初のWindows Phone 7.5搭載端末「Windows Phone IS12T」が発売された[10][11]。以降、国内ではWindows Phone 端末が発売されない時期が長く続いたが、2015年6月にマウスコンピュータより、いわゆる「SIMフリー」端末としてWindows Phone 8.1を搭載した「MADOSMA Q501」(マドスマ)が発売された[12]。このほか、Windows Phone 8.1と互換性のあるWindows Embedded 8.1 Handheldを採用したFZ-E1がパナソニック株式会社から発売されていた。


  1. ^ グッドデザインファインダー「2011年度 グッドデザイン賞 受賞」
  2. ^ Microsoft making Windows free on devices with screens under 9 inches
  3. ^ “「Windows Phone」のシェア、欧州で過去最高の9.2%に、2013年6~8月期 ”. ITPro. (2013年10月1日). http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20131001/507842/ 2013年10月1日閲覧。 
  4. ^ Android and iOS Combine for 92.3% of All Smartphone Operating System Shipments in the First Quarter While Windows Phone Leapfrogs BlackBerry, According to IDC
  5. ^ As Windows Phone market share hits 39% in Finland Miradore brings its free Mobile Device Management solution to Windows Phone
  6. ^ Microsoft claims Windows Phone dominance over iPhone in 24 countries
  7. ^ Microsoft、Windows Phone 7.5/8をさらに死へと追い込む | ギズモード・ジャパン
  8. ^ ビル・ゲイツ、Androidスマホを手にする。iPhoneは依然使わず | ギズモード・ジャパン
  9. ^ 「Windows 10 Mobile」12月10日にサポート終了「AndroidまたはiOSへの移行をお勧め」とMicrosoft - ITmedia NEWS
  10. ^ KDDIがウィンドウズフォン7搭載機種 日本初登場 富士通東芝モバイル製”. 日本経済新聞 (2011年7月16日). 2011年7月16日閲覧。
  11. ^ 秋葉原と有楽町で発売記念セレモニー:Windows Phone IS12T発売、「全力で巻き返しを図りたい」――MS樋口氏”. ITmedia +Dモバイル (2011年8月25日). 2011年8月25日閲覧。
  12. ^ Windows Phone 8.1搭載「MADOSMA Q501」、6月18日発売(ケータイWatch)”. 株式会社インプレス (2015年6月2日). 2015年6月2日閲覧。
  13. ^ Herrman, John (2010年2月25日). “What Windows Phone 7 Could Have Been”. Gizmodo. Gawker Media. 2010年6月5日閲覧。
  14. ^ Miniman, Brandon (2010年2月17日). “Thoughts on Windows Phone 7 Series (BTW: Photon is Dead)”. Pocketnow. 2010年6月5日閲覧。
  15. ^ Steve Ballmer wishes Windows Mobile 7 had already launched, but they screwed up”. MobileTechWorld (2009年9月24日). 2012年7月21日閲覧。
  16. ^ Michael Stroh (2011年2月21日). “Our first Windows Phone update—and how to get it” (英語). Windows Phone Blog. 2011年5月15日閲覧。
  17. ^ a b c Windows Phone 7 更新履歴” (日本語). 2016年5月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年9月22日閲覧。
  18. ^ Eric Hautala (2011年3月23日). ““Copy and paste” update status” (英語). Windows Phone Blog. 2013年5月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年5月15日閲覧。
  19. ^ Paul Thurrott (2011年1月4日). “What’s happening with Windows Phone updates in 2011” (英語). Windows Phone Secrets. 2013年6月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年4月2日閲覧。
  20. ^ Eric Hautala (2011年5月3日). “Latest update news” (英語). Windows Phone Blog. 2012年7月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年5月15日閲覧。
  21. ^ FishIE Tank
  22. ^ MIX11 Day 2 Keynotes (英語)
  23. ^ HTML5 Speed Reading
  24. ^ Eric Hautala (2011年11月17日). “Updates: Now delivering to Samsung Focus 1.4” (英語). Windows Phone Blog. 2012年8月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年11月18日閲覧。
  25. ^ Windows Phone 7.8 werden weitere Updates folgen – Das Windows Phone Magazin”. WParea.de (2012年11月17日). 2013年1月21日閲覧。
  26. ^ a b マイクロソフト プロダクト サポート ライフサイクル Windows Phone
  27. ^ Microsoft to end Windows Phone 7.8 and 8 support in 2014” (英語) (2013年3月18日). 2013年5月9日閲覧。
  28. ^ a b 端末および販売キャリアによって異なる。
  29. ^ Windows Phoneシリーズ、アプリ入手はマーケットプレースのみ
  30. ^ Microsoft : Now 270,000 apps in the Windows Phone Store”. WMPoweruser (2014年7月14日). 2014年7月31日閲覧。
  31. ^ “Windows Phone”の無償開発環境「Windows Phone Developer Tools」が正式公開
  32. ^ Windows Phone OS can't run native code
  33. ^ Dev Center ベネフィット|MSDN
  34. ^ Display | Windows Phone Hardware Development





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Windows Phone」の関連用語

Windows Phoneのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Windows Phoneのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのWindows Phone (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS