W-SIM 端末

W-SIM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/30 16:53 UTC 版)

端末

2012年11月現在、公式オンラインショップであるWILLCOM STOREではいずれも販売されていない。

RX410IN

ネットインデックス製。2005年11月25日より対応端末に同梱されていた(単体販売は、なされなかった)。

  • アンテナ部のカラー - グレー
  • パケット方式 - 4x/2x/1x
  • 質量 - 約8g
  • ユーザーメモリ - 約600KB(電話帳約700件相当)
  • 国際ローミング対応国 - 台湾・タイ(ただし、ジャケットの対応状況に依存)

RX420AL

エイビット製・アルテル販売。2006年12月19日発売。対応端末に同梱のほか、単体販売も行われていた。RX410INの仕様に加え、消費電力が下がり、高度化通信規格W-OAMに対応。通話中着信、リモートロックなどの機能が追加された。セットされる端末は、ネットインデックス製を除く一般音声端末に多い傾向がある。2011年8月、エイビットによるサポートが終了した。

  • アンテナ部のカラー - レッド
  • パケット方式 - 4x/2x/1x(W-OAM対応)
  • 質量 - 約5g
  • ユーザーメモリ - 約1MB(電話帳約700件相当)
  • 国際ローミング対応国 - 台湾・タイ(ただし、ジャケットの対応状況に依存)

RX420IN

ネットインデックス製。2007年4月10日発売。W-OAM対応など、基本性能はRX420ALと変わらないが、パケット通信時の消費電力が若干低減している。なお、PIAFS通信時はRX420ALより高い。

以前は単体販売もされていた。また、以前RX410INが同梱されていた端末に同梱されるW-SIMは、当製品発売以降は、ネットインデックス製の音声端末・データ端末やシャープ製スマートフォンを中心にこちらに差し替えられた。ただし、WS008HA等の例外はある。

  • アンテナ部のカラー - ブルー
  • パケット方式 - 4x/2x/1x(W-OAM対応)
  • 質量 - 約8g
  • ユーザーメモリ - 約1MB(電話帳約700件相当)
  • 国際ローミング対応国 - 台湾・タイ(ただし、ジャケットの対応状況に依存)

RX430AL

エイビット製・アルテル販売。ただし、2010年10月以降の製造ロットは、エイビット直接販売に変更。2009年12月17日発売(単体)。RX420ALの仕様に加え、ベトナムローミングおよび高度化通信規格W-OAM type Gに対応。

WS027SHを皮切りに、今後、対応端末に順次同梱。現時点で、WS009KE(nine+ウィルコムガジェット対応版のみ)、WS023TとWS024BFがRX420ALより差し替えが行われている。NS001Uや専用契約をしたカーナビ専用モジュールについては非対応であるほか、WS001IN等、一部対応を明らかにしていないジャケットもある。

  • アンテナ部のカラー - ブラック
  • パケット方式 - 4x/2x/1x(W-OAM type G対応)
  • 質量 - 約5g
  • ユーザーメモリ - 約1MB(電話帳約700件相当)
  • 国際ローミング対応国 - 台湾・タイ・ベトナム(ただし、ジャケットの対応状況に依存)

CM-G100

インベンテック・アプライアンシズ (IAC) 製。販売は、テクニッコジャパン(現・TJC)が輸入元として手がける。2010年4月22日に発売。対応端末には附属せず、オプション扱いで単体販売。また、ウィルコムブランドとしてではなく、サードパーティー扱いとなり、WS027SHでの利用については、ウィルコム・シャープの補償外となる。海外オペレータ発行のSIMカード(日本国内の携帯電話オペレータのUIMカードを利用したプラスティックローミングも可能)を汎用スロットがあるW-SIM対応ジャケット本体に装着することにより、GSM携帯電話として利用可能とする。

  • アンテナ部のカラー - オレンジ
  • パケット方式 - GPRS方式(900/1800/1900MHzのトライバンド)
  • 質量 - 5.2g
  • ユーザーメモリ - 不明

WIPS01IN

ネットインデックス製。RX420INをベースに「WIPS」と呼ばれるMVNO事業者用機器認証機能が追加されている。データ通信サービス専用で、音声通話やPIAFS接続には非対応。 So-netが提供するbitWarp PDA用にW-ZERO3(WS003SH)とセットで販売された。なおbitWarp PDAサービスを利用する際には、W-ZERO3本体に専用の機器認証設定ツールをインストールすることが必須である。

  • アンテナ部のカラー - ブルー
  • パケット方式 - 4x/2x/1x(W-OAM対応)
  • 質量 - 約8g

WS012GS用W-SIM

ネットインデックス製。WS012GS専用のW-SIMで、RX420INのカスタムモデル。WS012GS自体は1xパケット通信のみに対応する[7]が、本モジュールが1x通信のみに制限されているかは不明。

中国網通版W-SIM

中国網通集団ブロードバンド応用国家工程実験室有限公司製。2008年4月発売。中国独自のPIMカードに対応するため内部コマンドに互換性がなく、日本のSIM STYLE端末に挿入しても動作しない。仕様表に記載がないため、W-OAMへの対応は不明[8]。なお、現在は中国網通中国聯通に吸収されているため、同社の小霊通部門は中国聯通が手がけている。

  • アンテナ部のカラー - ブラック
  • パケット方式 - 4x/2x/1x(W-OAMへの対応は不明)
  • 質量 - 約10g
  • ユーザーメモリ - 不明



[ヘルプ]
  1. ^ ITmediaモバイル:DDIポケット、超小型無線モジュール使ったジャケットフォン
  2. ^ 短期間で新モデル連発・ウィルコム「W-ZERO3」の秘密 - NIKKEI NET IT-PLUS
  3. ^ 日経BP PC-Online:「GSM方式のW-SIM、近々発表」――ウィルコム喜久川社長
  4. ^ 今のウィルコムだから作れた大胆すぎるスマートフォン「HYBRID W-ZERO3」
  5. ^ ITmedia +D モバイル:ポップでシンプルなケータイが欲しかった——開発担当者に聞く「nico.」 (2/2)
  6. ^ [1] [2] [3]
  7. ^ [4][5]
  8. ^ プレスリリース:「W-SIM」(ウィルコムシム)の中国での採用について
  9. ^ WILLCOM|修理アシストサービス対象機種一覧
  10. ^ [6]
  11. ^ イベントでの展示の様子
  12. ^ 2006 うまい!旬感プレゼント!- 最先端にこだわる旬の楽しさコース|アサヒビール
  13. ^ Sandgate WP>WILLCOM SIM STYLE開発プラットフォーム>Sandgate W-SIM Phone>ソフィアシステムズ
  14. ^ 製品情報 | KX-TS745JP | 会議用スピーカーホン | PBX・ビジネスホン関連 | 松下電器 ビジネスサイト
  15. ^ WILLCOM|WS009KE(9(nine))の次がWS011SHですが、10番目の機種は何ですか?
  16. ^ W-SIMネットワークアダプタ 「つないでイーサ」(型番:OSX-1)
  17. ^ みっけ! GPS 公式サイト
  18. ^ 株式会社 グループセンス GroupSense WS012GS製品紹介
  19. ^ USB接続型 W-SIMアダプター:USB-WSIM|パソコン周辺機器ならアイ・オー・データ機器
  20. ^ プレスリリース:福山通運ドライバー専用ハンディフォンの導入について
  21. ^ プレスリリース:ドライバー専用ハンディフォンの導入について
  22. ^ プレスリリース:パイオニアのカーナビに専用定額通信サービス「カーナビ専用サービス for carrozzeria」を提供
  23. ^ プレスリリース:Hondaが提供する「インターナビ・プレミアムクラブ」向けにW-SIM対応のインターナビ・データ通信USBを提供
  24. ^ 業務用携帯端末<RZ-H220>を発売 | ニュースリリース:シャープ
  25. ^ 製品詳細 | 製品紹介 | ネットインデックス:NS001U


「W-SIM」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「W-SIM」の関連用語

W-SIMのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



W-SIMのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのW-SIM (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS