V.I プロフィール

V.I

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/18 07:06 UTC 版)

プロフィール

  • 本名:イ・スンヒョン(이승현)
  • 生年月日:1990年12月12日
  • 血液型:A型
  • 出身地:大韓民国 光州広域市
  • 韓国の男性グループBIGBANGの旧メンバー

来歴

  • デビュー前はアマチュアダンスグループ「エピソード」に所属。
  • オーディション番組「バトル神話」からBIGBANGのメンバーオーディション番組に出演。最終選考でチャン・ヒョンスン(元・BEASTのメンバー)と一緒に落選したが、復活オーディションに合格。
  • 2007年ライブ中、演出用の火薬の破片が目に当たる怪我が起こった。幸い白目だったため、大きな怪我はなかったという。
  • 2007年の年末、疲労がピークに達したメンバーが「So Fresh So Cool」(ビール)のCM撮影中に脱走を計画。そのとき未成年だったので一緒にいなかったV.Iを誘うも、V.Iがヤン社長に報告。これにより脱走計画がバレて失敗に終わったが、その結果社長よりすべてのスケジュールをキャンセルして二ヶ月の休暇がプレゼントされた。
  • デビューのために高校を中退したが、2009年4月に高卒検定試験に合格し、2010年度生として中央大学校演劇映画学部に入学した。
  • 2012年7月頃から9月末頃まで日本に残って一人で活動
  • JOY DANCE PLUG IN MUSIC ACADEMY(通称スンリアカデミー)を経営していた。数多くの現役アイドルや練習生(YG、SM、JYP、などいろいろな事務所に所属)を輩出している。もともと地方出身のV.Iは自分の経験から、「地方ではたとえ才能があってもなかなか世間にでたり、練習したりする環境が存在しない」と考え、「そんな子たちを導くシステムを作り、才能ある子たちを発掘できるようにしたい」という思いがあったという
  • 柔術を習っており、2017年に日本ブラジリアン柔術連盟が主催する第1回西日本柔術新人選手権に「リチャード・リー」という偽名で出場してアダルト白帯オープンクラスで準優勝、アダルト白帯フェザー級で3位に入賞した[4][5]
  • クラブを経営しており、各地でDJ活動を行っている。
  • ラーメン屋アオリの神隠しのプロデュースを行っており[6]、日本では六本木店(2018年9月30日閉店)[7]・大阪店(2018年1月31日閉店)[8]、韓国ではチョンダム店など日韓だけでなくアジア各国に開店している。全35店舗
  • 2018年6月4日にYGXの代表となった。
  • 2018年6月より、公式モバイルサイト『BIGBANG☆WORLD』にてブログ「スンちゃんの日記 リターンズ」を開始。
  • 2018年11月、バーニング・サン事件発覚。
  • 2019年3月13日、所属事務所からV.Iの専属契約終了を発表。
  • 2021年8月12日、バーニング・サン事件で懲役3年の実刑判決が言い渡された[9]
  • 二審で懲役1年6月に減刑され、2022年5月26日、大法院がV.Iの上告を棄却し二審の判決が確定した[10]

ディスコグラフィー

アルバム

韓国

  • The Great Seungri(2018年)

日本

  • Let's Talk About Love(2013年)

  1. ^ Mark Russell (April 29, 2014). K-Pop Now!: The Korean Music Revolution. Tuttle Publishing. p. 34. ISBN 978-1-4629-1411-1. https://books.google.com/books?id=etDZAwAAQBAJ 
  2. ^ [속보승리, 연예계 은퇴 전격 선언…"YG·빅뱅 명예 위해"[전문]]” (朝鮮語). entertain.naver.com. 2019年3月11日閲覧。
  3. ^ “소시 서현·유리-빅뱅 승리 동국대 연영과 수시 최종합격”. Newsen. (2009年11月5日). http://www.newsen.com/news_view.php?uid=200911051749081001 2010年1月22日閲覧。 
  4. ^ BIGBANG・V.I、西日本柔術新人選手権で銅メダル 偽名で出場モデルプレス 2018年8月19日
  5. ^ 【公式結果】第1回西日本柔術新人選手権一般社団法人 日本ブラジリアン柔術連盟 2017年7月19日
  6. ^ BIGBANGスンリがプロデュース!!ラーメン店「アオリの神隠し」をご紹介☆”. モウダ (2017年9月22日更新). 2018年2月20日閲覧。
  7. ^ アオリ中華楼
  8. ^ アオリの神隠し (2018年1月5日2時25分). “ツイート内容”. Twitter. 2018年2月20日閲覧。[リンク切れ]
  9. ^ “元BIGBANGのV.I、懲役3年の実刑判決…法廷拘束へ”. Kstyle. (2021年8月12日). https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2174518 2021年8月12日閲覧。 
  10. ^ “韓国元アイドルの実刑確定 最高裁が上告棄却”. 共同通信. (2022年5月26日). https://nordot.app/902544103535935488?c=39546741839462401 2022年5月27日閲覧。 


「V.I」の続きの解説一覧

ローマ数字

(V.I から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/16 08:48 UTC 版)

ローマ数字(ローマすうじ)は、を表す記号の一種である。ラテン文字の一部を用い、例えばアラビア数字における 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10 をそれぞれ I, II, III, IV, V, VI, VII, VIII, IX, X のように表記する。I, V, X, L, C, D, M はそれぞれ 1, 5, 10, 50, 100, 500, 1000 を表す。i, v, x などと小文字で書くこともある。現代の一般的な表記法では、1以上4000未満の数を表すことができる。


注釈

  1. ^ 書き方ではなく読み方については以下の事例が参考になる――著作権法 (アメリカ合衆国)においてローマ数字による発行年表示が有効なものであるとされていて、不正なローマ数字は著作権表示を無効化しうる[1]。この際、下記のような書き方ルールに合致しているかどうかは問題とされない。
  2. ^ = [{(100 × 2) + 10} × 1000] = 210 × 1000 = 210000 (21万)
  3. ^ = [{1000 + 100 + 50 + (1 × 2)} × 100000] + [{(10 × 3) + 5 + (1 × 2)} × 1000] + {(100 × 2) + (10 × 3) + (1 × 2)} = 1152 × 100000 + 37 × 1000 + 232 = 115200000 (1億1520万) + 37000 + 232 = 115237232 (1億1523万7232)
  4. ^ = [{(1000 × 2) + (100 × 3) + (10 × 2) + (1 × 2)} × 100000] + (((50 + (10 × 2)) + 1) × 1000) + [(100 × 2) + (10 × 3) + {5 + (1 × 3)}] = 2322 × 100000 + 71 × 1000 + 238 = 232200000 (2億3220万) + 71000 + 238 = 232271238 (2億3227万1238)
  5. ^ = [{50 + (10 × 3)} × 1000] = 83 × 1000 = 83000
  6. ^ = [{(100 − 10) + 2} × 1000] = 92 × 1000 = 92000
  7. ^ = 5 × 1000 = 5000
  8. ^ = [(5 × 1000) + {(1 × 3) × 100} + (10 + 5 + 1)] = 5000 + 300 + 16 = 5316
  9. ^ 〔大文字〕U+216C, 216D, 216E, 216F〔小文字〕U+217C, 217D, 217E, 217F
  10. ^ (左から順に) U+2183, 2184, 2180, 2181, 2182, 2187, 2188, 2185, 2186

出典

  1. ^ Hayes, David P.. “Guide to Roman Numerals”. Copyright Registration and Renewal Information Chart and Web Site. 2021年11月29日閲覧。
  2. ^ 比留間直和 (2012年10月1日). “いつ使う?ローマ数字 - ことばマガジン”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社. 2021年11月29日閲覧。
  3. ^ UnicodeコンソーシアムにあるMac OS Japaneseとの変換テーブル


「ローマ数字」の続きの解説一覧

vi

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/02 10:17 UTC 版)

vi(ヴィーアイ)は、Emacsと共にUNIX環境で人気があるテキストエディタビル・ジョイによって開発された。名の由来は「visual editor」ないし「visual interface」とされる[1][2]。後発のUnix系OSに搭載されているviは、上位互換のVimnviであることが多い(viコマンドでvimやnviが起動する)。


  1. ^ 大木敦雄監修 小島範幸・北浦訓行著 『はじめてのvi&Vim』 技術評論社、2009年、23頁。「viの名前の由来は、VIsual Editorです。」
  2. ^ Jargon file vi”. 2009年11月27日閲覧。 - ジャーゴンファイルのviの項で [from ‘Visual Interface’] と明記されている。
  3. ^ ADM3Aの全景”. 2009年5月24日閲覧。ADM3Aのキーボード部分”. 2009年5月31日閲覧。 および キーボードレイアウト図 - ADM3Aのキーh、j、k、lの上に、カーソルを示す刻印が設けられている。
  4. ^ ビル・ジョイの人類への最高の贈り物 – viエディタ (2003)”. 2020年11月24日閲覧。
  5. ^ 村井純、井上尚司、砂原秀樹 『プロフェッショナルUNIX』株式会社アスキー、1986年1月15日、164頁。ISBN 4-87148-184-0 
  6. ^ vi”. IEEE 及び The Open Group (2013年). 2018年1月21日閲覧。 - viの手引き (POSIX標準)
    ex”. IEEE 及び The Open Group (2013年). 2018年1月21日閲覧。 - exの手引き (POSIX標準)


「vi」の続きの解説一覧

.vi

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/17 05:33 UTC 版)

.viアメリカ領ヴァージン諸島に割り当てられている国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)。




「.vi」の続きの解説一覧

VI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/14 05:39 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

VI, vi

vi

V.I

  • V.I - 韓国の元アーティスト、イ・スンヒョンの活動名




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

V.Iのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



V.Iのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのV.I (改訂履歴)、ローマ数字 (改訂履歴)、vi (改訂履歴)、.vi (改訂履歴)、VI (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS