THIS MAN THIS MANの概要

THIS MAN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/09 14:53 UTC 版)

THIS MAN
監督 天野友二朗
脚本 天野友二朗
原作This Man」より
出演者 出口亜梨沙
木ノ本嶺浩
編集 天野友二朗
製作会社 Union Inc.
配給 アルバトロス・フィルム
公開 2024年6月7日[1]
上映時間 88分
製作国 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2006年頃から世界的に広まった有名なインターネット・ミームThis Man」に日本独自の解釈を加え、なすすべなく人々が死んでいく描写を通して昨今のコロナ禍の惨状を風刺した作品[2][3]。監督・脚本・編集は天野友二朗

あらすじ

とある田舎町で連続変死事件が発生する。被害者の共通点は、眉がつながった奇妙な風貌の男=“あの男”を夢の中で見ていたことだった。

キャスト

外部リンク




「THIS MAN」の続きの解説一覧

This Man

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/05 00:59 UTC 版)

This Manとは、2009年ごろから起こったインターネット・ミームの一つで、2千人を超える世界中の人々の夢の中に繰り返し現れるものの、現実では決して姿を現さないとされる謎の人物を指す。しかし、実際はイタリア人のマーケティングの専門家アンドレア・ナテッラ (Andrea Natella) の創作によるもので、2008年に立ち上げられたEver Dreamed This Man?というウェブサイトが初出である。しかし、報道やインターネットユーザの注目を集め始めたのは2009年10月からだった。


  1. ^ a b c History”. Ever Dreamed This Man?. 2019年4月29日閲覧。
  2. ^ Dreams”. Ever Dreamed This Man?. 2019年4月29日閲覧。
  3. ^ a b c d e Butler, Blake (2015年1月15日). “The Face Everyone Dreams About”. Vice英語版. 2019年4月29日閲覧。
  4. ^ a b Dreams”. Ever Dreamed This Man?. 2019年4月29日閲覧。
  5. ^ Albert, Attila (2009年12月1日). “Mystery of the dream man”. Bild. 2019年4月29日閲覧。
  6. ^ a b Van Hoven, Matt (2009年10月13日). “Who is This Man?”. Adweek英語版. 2019年4月29日閲覧。
  7. ^ Mystery "dream" man becomes internet hit!”. Sify英語版 (2009年10月28日). 2019年5月3日閲覧。
  8. ^ a b This Man” (Italian). KOOK Artgency (2010年). 2012年1月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月3日閲覧。
  9. ^ @timheidecker (2009年10月12日). "Scaring the shit outta me RT @JaneGomez: Can someone tell me what this is?? It scares me: tinyurl.com/ygcexgd". X(旧Twitter)より2019年5月3日閲覧
  10. ^ a b c d Cook, James (2013年10月17日). “When déjà vu is just a marketing stunt online”. The Kernel. 2019年5月3日閲覧。
  11. ^ Newitz, Annalee (2009年10月25日). “Why Are Thousands of People Dreaming About This Man?”. io9英語版. 2019年4月29日閲覧。
  12. ^ Who”. Andrew Natella. 2019年5月3日閲覧。
  13. ^ a b Have You Ever Dreamed of This Man? Probably Not”. Mysterious Universe (2014年1月20日). 2019年5月2日閲覧。
  14. ^ The Strangers Director Turns to This Man...”. Dread Central英語版. 2012年7月12日閲覧。
  15. ^ "This Man" Dream Viral To Become Feature Film”. movieviral.com. 2012年7月12日閲覧。
  16. ^ Bryan Bertino to Write and Direct THIS MAN for Sam Raimi’s Ghost House Pictures”. collider.com. 2012年7月12日閲覧。
  17. ^ Anderton, Ethan (2010年5月5日). “First Showing, Bryan Bertino Directing New Fact-based Horror Film 'This Man'”. FirstShowing.net. http://www.firstshowing.net/2010/bryan-bertino-directing-new-fact-based-horror-film-this-man/ 
  18. ^ Macisaac, Tara (2014年2月14日). “Ever Dream This Man? 2,000 People Have Seen Him in Their Dreams, According to Campaign”. The Epoch Times. 2019年4月29日閲覧。
  19. ^ Ugh, We Just Got Hoaxed: The Real Story About the ‘This Man’ Dream Face”. Vice (2015年1月15日). 2019年5月1日閲覧。
  20. ^ Meme flyers”. Ever Dreamed This Man. 2019年5月3日閲覧。
  21. ^ Lesinski, Chris (2009年10月15日). “Do You Dream About This Face?”. Comedy Central. 2009年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月3日閲覧。
  22. ^ This Man pop up on Netflix”. Ever Dream This Man?. 2019年5月3日閲覧。
  23. ^ Adams, Erik (2018年1月10日). “Ever dream this man? He could be the key to decrypting this season of The X-Files”. The A.V. Club英語版. 2019年4月29日閲覧。
  24. ^ #19 中条あやみ初主演で、不気味過ぎると話題の男This Manとまさかの共演!!”. 世にも奇妙な物語. フジテレビ. 2019年1月3日閲覧。
  25. ^ Dennison, Kara (2018年8月18日). “Bloody Monday Artist Publishes Manga Based on "Urban Legend"”. Crunchyroll. 2019年4月29日閲覧。
  26. ^ This Man その顔を見た者には死を”. マガジンポケット. 講談社. 2019年4月29日閲覧。
  27. ^ 『This Man その顔を見た者には死を(5)』(恵 広史,花林 ソラ)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2019年1月3日閲覧。
  28. ^ “この男、見たら死ぬ―― 海外発の都市伝説を日本で初映画化「THIS MAN」初夏に公開決定”. 映画.com. (2024年1月31日). https://eiga.com/news/20240131/3/ 2024年1月31日閲覧。 
  29. ^ “夢に現れる「あの男」の都市伝説『THIS MAN』出口亜梨沙&木ノ本嶺浩主演で映画化”. シネマトゥデイ. (2024年1月31日). https://www.cinematoday.jp/news/N0141216 2024年1月31日閲覧。 





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

THIS MANのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



THIS MANのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのTHIS MAN (改訂履歴)、This Man (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS