SHL22 概要

SHL22

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/05 14:54 UTC 版)

概要

SHL21の後継機種で、au向けのAQUOS PHONEシリーズとしては初めてクアッドコアCPU、およびIGZO液晶を搭載している。なお、AQUOS PHONEシリーズに限らなければ、AQUOS PADシリーズであるタブレット端末であるSHT21が初である。

同時期兄弟機であるSH-06Eに搭載されている液晶が、フルHDの解像度なのに対し、こちらは解像度はHDであり、液晶の仕様に関してはSH-06Eの前機種に当たるSH-02Eに準ずる。

トライバンドLTE対応で、最高100Mbpsでデータ通信が可能。

本機のSAR値0.282W/kg。これはiPhoneを除く既存のauスマートフォンとしては、2013年7月現在2番目に低い数値となっている。

沿革

  • 2013年(平成25年)5月20日 - KDDI、およびシャープより公式発表。
  • 2013年7月12日 - 全国にて一斉発売。なお、当初は7月下旬の発売予定だった。

プリインストールアプリケーション

その他機能

※PC向けWebブラウザが標準装備されている。携帯向けサイト(EZWeb)は他のスマートフォンやPCと同じく閲覧不可。

  • 「エコ技」機能
主な機能・対応サービス
auウィジェット
Webブラウザ
LISMO!
for Android
[4]
メディアプレイヤー[5]
LISMO WAVE
おサイフケータイ
NFC
ワンセグ[6]
DLNA/DTCP-IP
au one メール
PCメール
Gmail
EZwebメール
デコレーションメール
デコレーションアニメ
Skype au PCドキュメント[7]
au Smart Sports
Run & Walk
Karada Manager
ゴルフ(web版)
Fitness、歩数計
GPS
方位計
au oneナビウォーク
au one助手席ナビ
au one ニュースEX
au one GREE
かんたんメニュー[8][9]
じぶん銀行
緊急速報メール Bluetooth 無線LAN機能
(Wi-Fi)
赤外線通信 WIN HIGH SPEED
au 4G LTE
グローバルパスポート auフェムトセル
microSD
microSDHC
モーションセンサー(6軸) 防水
防塵
簡易留守録
着信拒否設定
  • 安心セキュリティパックはフル対応、またGPS機能がOFFの場合でも紛失時の場所特定が可能。
  • ベールビュー (覗き見防止フィルター)



[ヘルプ]
  1. ^ spec
  2. ^ 対応プロファイルHSP HFP A2DP AVRCP OPP SPP PBAP DUN HID HDP PAN(PANUのみ) PXP FMP ANP PASP TIP apt-X SCMS-T
  3. ^ au電話の比吸収率について - au(KDDI) 2013年7月18日閲覧。
  4. ^ 過去にCD等からPC上のLSIMO Portへ取込んだ楽曲のISシリーズ端末への転送、及び、過去に同電話番号のLISMO対応au携帯電話で購入した着うたフル着うたフルプラス、ビデオクリップのLISMO Portでのバックアップ&ISシリーズ端末への転送は、LISMO Port 4.4以降が必要となる。このほか携帯のmicroSDからの差し替えやMP3やMP4(M4V含む)などにも対応している。
  5. ^ USB接続のMTPモードにすることによりWindows標準のWindows Media PlayerからWMAでの転送にも対応。ただしWMAはあらかじめインストールされているメディアプレイヤーかLISMO以外のプレイヤーアプリで対応。
  6. ^ 録画はMicroSDに記録されるためダビング10は非対応。AQUOSブルーレイディスクレコーダー連携機能対応。
  7. ^ プリインストールアプリのDocuments To Goで対応。Word、Excel閲覧。PDF閲覧、Word編集、Excel編集は有料版を購入。
  8. ^ 別途、au one Marketからのダウンロードにて対応
  9. ^ au one Market「かんたんメニュー」 - KDDI


「SHL22」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「SHL22」の関連用語

SHL22のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



SHL22のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのSHL22 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS