SDガンダム外伝 ナイトガンダム物語2 光の騎士 移植版

SDガンダム外伝 ナイトガンダム物語2 光の騎士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/12 08:39 UTC 版)

移植版

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 備考
1 SDガンダム外伝 ナイトガンダム物語2 光の騎士 2008年12月15日[2]
FOMA903iシリーズ以降
iアプリ
バンダイ バンダイネットワークス ダウンロード
(バンダイコレクション)
-

スタッフ

  • 企画立案:伴内弁太
  • プロデューサー:鈴木敏弘
  • ディレクター:荻野目洋
  • コーディネーター:ミスターはや
  • デザイナー:島田晋作、高橋雅行、じうょしまじた、かいけつ.くろんだー
  • プログラマー:ひびき1ごう、ストークまつした
  • 音楽:サル・はやし、さかきばら
  • おてつだい:粕谷小百合、まかべごう、あらいみゆき、ほしなゆういち
  • 協力:ベンダーか、あおやまたかし、かないとしひろ
  • 出版化:あんびるとしあき、宇都宮将人、たのうえさとる

評価

評価
レビュー結果
媒体結果
ファミ通23/40点[3]
ファミリーコンピュータMagazine22.2/30点[4]
死ぬ前にクリアしたい200の無理ゲー
ファミコン&スーファミ
肯定的[1]

ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では合計23点(満40点)[3]、『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、22.2点(満30点)となっている[4]。また、1998年に刊行されたゲーム誌『超絶 大技林 '98年春版』(徳間書店)では、前作と比較してキャラクターサイズが大きくなり見やすくなった事や、戦闘コマンドに「必殺」が追加されている事、さらに操作性の改良点などに言及した上で肯定的に評価している[4]

項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 4.1 3.5 3.4 3.7 3.8 3.6 22.2

ゲームムック『死ぬ前にクリアしたい200の無理ゲー ファミコン&スーファミ』のレビューには「騎馬、戦士、法術の各部隊だけに焦点を当てるという斬新な内容になっている。だが、それが無理ゲーの要因でもあるのだが…」、「HPを消費して使う必殺技は、どれも使えないものばかり」「使い勝手のよくない『戦士』だけの部隊で進めないといけない2章は、非常に難易度が高い」と難点が多く挙げられつつも、ゲームそのものは寧ろ「グラフィック、BGM、シナリオのどれもが一級品の傑作」と高評価する記述がある[1]

シリーズ作品




  1. ^ a b c 『死ぬ前にクリアしたい200の無理ゲー ファミコン&スーファミ』、マイウェイ出版、2018年10月10日、 55頁、 ISBN 9784865119855
  2. ^ ファミコン版の名作を移植――携帯向け「SDガンダム外伝 ナイトガンダム物語2 光の騎士」配信” (日本語). ITmedia Moblie. アイティメディア (2008年12月16日). 2019年12月15日閲覧。
  3. ^ a b SDガンダム外伝 ナイトガンダム物語2 光の騎士 まとめ [ファミコン]” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA CORPORATION. 2017年7月23日閲覧。
  4. ^ a b c 「超絶 大技林 '98年春版」『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 96頁、 ASIN B00J16900U


「SDガンダム外伝 ナイトガンダム物語2 光の騎士」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「SDガンダム外伝 ナイトガンダム物語2 光の騎士」の関連用語

SDガンダム外伝 ナイトガンダム物語2 光の騎士のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



SDガンダム外伝 ナイトガンダム物語2 光の騎士のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのSDガンダム外伝 ナイトガンダム物語2 光の騎士 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS