S&P ダウ・ジョーンズ・インデックス S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスの概要

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスの解説 > S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスの概要 

S&P ダウ・ジョーンズ・インデックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/02 01:28 UTC 版)

沿革

2012年7月、マグロウヒル(現在のS&P グローバル)の子会社であったS&P インデックスと、シカゴ・マーカンタイル取引所グループの子会社であったダウ・ジョーンズ・インデックスの合併により設立された[1]

インデックス算出企業としての歴史は、1882年ダウ・ジョーンズによるDow Jones Average(現在のダウ輸送株20種平均の前身)、また、1923年のスタンダード・スタティスティクス・カンパニーによる株式市場指数の算出開始に遡る[2]1941年、スタンダード・スタティスティクス・カンパニーはプアーズ・パブリッシングと合併しスタンダード&プアーズとなり、1957年、S&P 500の算出を開始、1966年、マグロウヒルがスタンダード&プアーズを買収、1982年シカゴ・マーカンタイル取引所がS&P 500による指数先物取引を開始、1999年に欧米豪や日本を網羅する世界初のグローバル指数算出を開始し、債券指数やコモディティ指数など対象を拡大した[2]。ダウ・ジョーンズは2007年12月にニューズ・コーポレーションの傘下となるが[3]、インデックス算出部門は2010年にダウ・ジョーンズ・インデックスとして、シカゴ・マーカンタイル取引所グループに株式の9割が売却された[4]2011年11月、マグロウヒルとシカゴ・マーカンタイル取引所グループの間で、S&P インデックスとダウ・ジョーンズ・インデックスの合併が合意され[1]、翌年7月に合併、世界最大規模の指数算出企業に成長している。

参考

グローバルインデックスシリーズ
各国インデックス

外部リンク




  1. ^ a b CME-McGraw-Hill Launch S&P-Dow Jones” (英語). Zacks (2012年7月3日). 2016年12月18日閲覧。
  2. ^ a b 節目となる出来事”. S&P ダウ・ジョーンズ・インデックス. 2016年12月18日閲覧。
  3. ^ News Corp. Completes Takeover of Dow Jones” (英語). ニューヨーク・タイムズ (2007年12月14日). 2016年12月18日閲覧。
  4. ^ CME to take control of Dow index business” (英語). フィナンシャル・タイムズ (2010年2月12日). 2016年12月18日閲覧。


「S&P ダウ・ジョーンズ・インデックス」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのS&P ダウ・ジョーンズ・インデックス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS