PayPay サービス

PayPay

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/04 04:26 UTC 版)

サービス

PayPay

2018年10月5日ソフトバンク・ビジョン・ファンドより出資を受けている、インド最大の電子決済企業Paytmより技術提供を受け[45]、同社の持つバーコード・QRコードベースの技術を元に、ユーザー読み取り方式、店舗読み取り方式の双方のサービスを提供する[7]

PayPay専用アプリのほか、Yahoo!JAPAN IDを連携させることで、Yahoo!JAPANアプリからも利用できる。訪日中国人旅行者向けにAlipayからの決済にも対応しているが、Alipay決済は加盟店が別途Alipayの審査に通る必要があり、使用できる店舗は一部に留まる。

店舗側のPayPay決済手数料をサービス開始から3年間は無料とすることも併せて発表された。Alipay決済は2019年9月30日まで決済手数料が無料となる。

Yahoo!ウォレットの実店舗スマホ決済機能は今後提供を中止し、PayPayに統合することも発表された[7]

Yahoo! JAPANのサービスで付与する期間限定TポイントもPayPayに変更された。当初は2019年4月に変更予定[46] だったが、後に延期すると発表[47] し、5月31日に改めて8月から「PayPayボーナス」または「PayPayボーナスミニ」の付与に変更すると発表した[48]。また、同サービスでの通常Tポイントの付与や利用も2022年3月31日で終了し、同年4月1日からPayPayボーナスに切り替えると2021年12月1日に発表した[49]

2019年9月30日、資金移動業の登録を完了したことにより、現金へ払い出し可能な「PayPayマネー」の取り扱いを開始し、従来の「Yahoo!マネー」はPayPayに統合された[50]。銀行口座への出金は100円から可能でジャパンネット銀行の口座へは手数料無料、それ以外の金融機関には100円の手数料が発生する。

鉄道・バスでの決済

鉄道事業者で初めてPayPay車内精算を導入した長良川鉄道の列車
PayPay車内精算を導入した八晃運輸の路線バス

日本の鉄道バスにおいて、運賃支払方法としてPayPayを導入する例が2019年ごろから徐々に増えている。導入コストが高く小規模事業者には導入が難しいクレジットカード交通系ICカードの隙を突くように地方の公共交通機関でサービスを拡大している。

鉄道
  • ひたちなか海浜鉄道(茨城県) - 窓口で乗車券購入[51]
  • 湘南モノレール(神奈川県) - 窓口で定期券、企画乗車券購入。別にPASMOも導入。
  • 伊豆箱根鉄道 - 駿豆線(静岡県)一部駅窓口で乗車券購入[52]。駿豆線では他にAlipay、WeChat Pay、d払い、一部流通系電子マネー、クレジットカードも使用可。
  • 岳南電車(静岡県) - 吉原駅自動券売機で乗車券購入。他にAlipay、WeChat Pay、LINEpay、d払いも使用可。
  • 長良川鉄道(岐阜県) - 車内運賃支払い
  • 養老鉄道(三重県・岐阜県) - 窓口で社線内定期券購入
  • 肥薩おれんじ鉄道(熊本県・鹿児島県) - 窓口で乗車券類購入
バス

PayPay for Business

PayPay for Business(ペイペイ フォー ビジネス)は、加盟店向けの決済管理システムである。単にダッシュボードともいう[56]PCなどのブラウザからログインする事で、PayPay決済に関する管理機能が使用できる。取引履歴や売上、平均単価、返金、入金、固定金額のQRコード作成、QRコードのダウンロード、ロゴの登録、CSVファイルへの出力など、あらゆる操作はここで行う事ができる。

2019年7月26日には、スマートフォンやタブレット端末で動作するアプリ版がリリースされた。アプリ版はブラウザ版と同等の機能に加え、客が提示したQRコードを読み取るストアスキャン方式の決済に対応している。

2019年11月20日からは「PayPay マイストア」がサービス開始された。この機能では、店舗をフォローしているフォロワー(顧客)に向けて情報発信したり、店舗独自のクーポンを配布するなどの来店誘導機能が利用できる。またフォロワーの数や投稿されたレビューを確認できる[57]

PayPayフリマ

PayPayフリマは、ヤフー株式会社が運営する2019年10月7日にサービスを開始したフリーマーケットサービス。PayPayの残高で商品の購入ができるほか、全ての商品の送料は出品者が負担するとしている[58]。発送手段は匿名配送であるゆうパック・ゆうパケット(おてがる版)、ヤフネコ!パックに対応している[59]

PayPayモール

PayPayモールは、ヤフー株式会社が2019年10月17日にサービスを開始したオンラインモール。PayPayの残高を支払いに用いることができる。ヤフーが定めた基準を満たした店舗のみが出店できるとされており、PayPayと同じくZホールディングス傘下のLOHACOZOZOTOWNなどが出店している[60]

PayPay ピックアップ

PayPay ピックアップは、PayPayのアプリ内で事前に商品を注文し、店舗で商品を受け取ることができるモバイルオーダーサービスである[61]

ミニアプリ

PayPayアプリ内にミニアプリとして組み込まれている主なサービス。PayPayが提供する機能に加え、サードパーティー製の機能も組み込まれている。それぞれ単独のアプリを入れる必要はなく、PayPayアプリ内で利用から決済までをシームレスに行う事ができる。

自社サービス
  • PayPayフリマ
  • PayPayモール
  • PayPay ピックアップ
  • クーポン
  • PayPay STEP
  • 請求書払い - 請求書のバーコードを読み取って支払う機能。
  • お金を借りる (PayPay銀行) - カードローン。
他社サービス

その他の連携サービス

ミニアプリに組み込まれていない連携サービス。これらはPayPayアプリ内での利用が非対応であり、以下のアプリを別途インストールする必要がある。

  • Coke ON - コカ・コーラ社の自販機にて、Coke ON Payで決済しドリンクを購入する機能。
  • モバイルオーダー - 日本マクドナルドが提供する事前注文サービス。マクドナルド公式アプリで利用できる。
  • セブン-イレブン アプリ - セブン-イレブン・ジャパンが提供するスマートフォンアプリ。2021年2月25日よりPayPayによる決済機能を搭載した[66]

PayPayブランドの金融サービス

Zホールディングスでは、PayPay本体以外に金融関連の6社およびサービスの名称に「PayPay」ブランドを順次冠する予定である[67]

  • PayPay証券 - 2021年2月1日に「One Tap BUY」から変更。
  • PayPayアセットマネジメント - 同年3月8日にアストマックス投信投資顧問(Yjam)から変更。
  • PayPay保険 - 同年4月1日にワイズ・インシュアランス(「Yahoo!保険」)から変更。
  • PayPay銀行 - 同年4月5日にジャパンネット銀行(Japan Net Bank)から変更。
  • PayPayカード - 同年10月1日からワイジェイカード(「Yahoo! JAPANカード」)から変更。

残るワイジェイFX(YJFX!)も「PayPay FX」に変更の予定だったが、GMOフィナンシャルHDに事業譲渡した為中止。

終了したサービス

  • PayPayダッシュ(実証実験) - 即時配達デリバリーサービス。アプリで注文でき、注文を受けた配達員が店で商品をピックアップし、自転車で配達先に届ける。2020年3月16日にサービス開始し、8月25日にサービス終了した[68]

  1. ^ z-holdings2018年度有価証券報告書 2020年2月4日閲覧
  2. ^ a b ソフトバンクグループ株式会社 2020年3月期決算短信
  3. ^ a b PayPay株式会社 貸借対照表の要旨
  4. ^ 3,300万人以上が登録する「Yahoo!ウォレット」で新施策 25行の銀行に対応した「預金払い」と電子マネー「Yahoo!マネー」を 初夏から提供。来春にはリアル決済にも参入予定, , ヤフー株式会社プレスルーム, (2016年4月19日), https://about.yahoo.co.jp/pr/release/2016/04/19a/ 2018年8月5日閲覧。 
  5. ^ Yahoo! JAPAN、バーコードを使った実店舗でのスマホ決済機能を6月から提供, , ヤフー株式会社プレスルーム, (2018年3月28日), https://about.yahoo.co.jp/pr/release/2018/03/28a/ 2018年8月5日閲覧。 
  6. ^ Yahoo! JAPAN、バーコードを使った実店舗でのスマホ決済機能を提供開始, , ヤフー株式会社プレスルーム, (2018年6月5日), https://about.yahoo.co.jp/pr/release/2018/06/05a/ 2018年8月5日閲覧。 
  7. ^ a b c ソフトバンクとヤフーの合弁会社が、インドのPaytmと連携し、 バーコードを使った新たなスマホ決済サービス「PayPay」を今秋提供開始, , ヤフー株式会社プレスルーム, (2018年7月27日), https://about.yahoo.co.jp/pr/release/2018/07/27a/ 2018年8月5日閲覧。 
  8. ^ ソフトバンク系QR決済のPayPayが100億円還元”. 日本経済新聞 (2018年11月26日). 2018年12月18日閲覧。
  9. ^ a b 「100億円還元」ペイペイが終了 開始わずか10日で”. 朝日新聞デジタル (2018年12月13日). 2018年12月18日閲覧。
  10. ^ ヤフオクドームにPayPayを導入 キャッシュレス化を推進へ KADOKAWA ASCII
  11. ^ 「福岡PayPayドーム」について”. PayPay株式会社 (2019年11月1日). 2019年11月12日閲覧。
  12. ^ 第2弾100億円キャンペーン”. PayPay株式会社 (2019年2月5日). 2019年2月4日閲覧。
  13. ^ PayPayは「ヤフー史上最速」で成長--オフライン取り込みマーケ領域で売上5000億円へ
  14. ^ “Zホールディングスの金融サービスを「PayPay」ブランドに統一” (プレスリリース), Zホールディングス株式会社・Zフィナンシャル株式会社, (2020年7月31日), https://www.z-financial.co.jp/news/2020/0731/ 2020年11月21日閲覧。 
  15. ^ a b LINEペイをPayPayに統合 22年4月”. 日本経済新聞 (2021年3月1日). 2021年3月1日閲覧。
  16. ^ a b 4月下旬以降にPayPay加盟店(ユーザー読み取り式)で「LINE Pay」が利用可能に PayPayへのサービス統合も検討開始”. ITmedia Mobile (2021年3月1日). 2021年3月1日閲覧。
  17. ^ 「PayPay」の加盟店で「LINE Pay」が利用可能に--ユーザースキャン限定、8月17日から”. CNET Japan (2021年7月12日). 2021年7月13日閲覧。
  18. ^ PayPay、ユーザー数2300万人突破 ローンや投資事業へ着手
  19. ^ PayPay公式サイト - キャッシュレス・消費者還元事業
  20. ^ ユーザー数900万、加盟店70万を突破 PayPayが放つ次の一手とは? (1/3)
  21. ^ PayPayは2019年も独走?! 「100億円あげちゃうキャンペーン」、その後のマーケティング効果を調査
  22. ^ 【速報】PayPay「100億円あげちゃう」第2弾。還元額上限1回1000円にちょっとガッカリな反応も
  23. ^ PayPayユーザーは「2000万人超え」目前、アスクルは営業利益4割増。ZHD第2四半期決算
  24. ^ PayPayの登録ユーザー数が2000万人突破、ダイソーとのコラボや最大1000円相当が当たるキャンペーンなどを実施
  25. ^ PayPay、登録者数2400万人超え 19年度4Qも「積極的に投資」とZHD 経営戦略 BCN+R 2020/02/05
  26. ^ PayPay、ユーザー数2,500万人突破 Impress Corporation 2020年2月20日
  27. ^ PayPay、登録者は2,800万人に。飲食店「事前注文サービス」も展開へ
  28. ^ a b 「PayPay」の加盟店数が300万カ所を突破!~ どんどん広がる加盟店でお得にお買い物!「超PayPay祭」は、3月1日スタート! ~
  29. ^ PayPay、登録者は3,000万人に。
  30. ^ 「PayPay」が実施した主な取り組みと、それに伴う主要指標の推移について(2020年度下期)
  31. ^ 「PayPay」の登録ユーザー数が4,000万人を突破!「4,000万ユーザー突破記念!夏のPayPay祭フィナーレジャンボ」を実施
  32. ^ 「PayPay」が実施した主な取り組みと、それに伴う主要指標の推移について(2021年度上期)
  33. ^ ソフトバンクとヤフーの合弁会社が、インドのPaytmと連携し、バーコードを使った新たなスマホ決済サービス 「PayPay」を今秋提供開始 ソフトバンク株式会社 プレスリリース
  34. ^ PayPayからのお知らせ. “(プレスリリース)第三者割当増資の実施について” (日本語). PayPayからのお知らせ. 2019年5月9日閲覧。
  35. ^ ペイペイ、現金払い出し可能に 資金移動業の登録完了”. 日本経済新聞 (2019年2月5日). 2019年10月2日閲覧。
  36. ^ PayPay、リップル活用のマネータップを金融インフラに採用
  37. ^ 「JPQR」にPayPay、楽天ペイ、FamiPay参加。コード決済統一規格
  38. ^ PayPayダッシュ、福岡でスタート。最短30分でおにぎりやパンなど配達 Impress Watch 2020年3月12日
  39. ^ PayPayボーナスを利用した擬似運用体験ができるサービスを One Tap BUYが提供開始
  40. ^ 「PayPayあと払い(一括のみ)」を一部の対象者に提供開始
  41. ^ 「PayPayギフトカード」の提供を開始
  42. ^ 「Uber Eats」で「PayPay」が利用可能に
  43. ^ PayPay加盟店において「LINE Pay」での支払いが8月17日から可能に
  44. ^ 株式会社インプレス (2021年10月2日). “「PayPay」「楽天ペイ」「d払い」「au PAY」「LINE Pay」店舗向け手数料、10月1日時点の状況まとめ” (日本語). ケータイ Watch. 2021年10月3日閲覧。
  45. ^ 山川晶之 (2018年7月27日). “川邊社長「もうひとつヤフーを作る意気込み」--「PayPay」でQR決済トップを目指す”. CNET Japan. https://japan.cnet.com/article/35123169/ 2018年8月5日閲覧。 
  46. ^ 「PayPay」がオンライン決済に対応! 2月以降、「Yahoo!ショッピング」「ヤフオク!」「LOHACO」で順次導入予定”. PayPay株式会社・ヤフー株式会社・アスクル株式会社・ワイジェイカード株式会社(2018年11月30日作成). 2019年5月14日閲覧。
  47. ^ 期間固定TポイントのPayPayボーナスへの変更について”. PayPay株式会社(2019年3月4日作成). 2019年5月14日閲覧。
  48. ^ 8月からキャンペーン等で付与するポイントを、実店舗でも使える「PayPay」に変更 ~ オンライン決済で付与される「PayPayボーナス」は1%にアップ ~”. PayPay株式会社・ヤフー株式会社(2019年5月31日作成). 2019年6月2日閲覧。
  49. ^ ヤフー、各種サービスで使える「Tポイント」を「PayPay」に--2022年4月から”. CNET Japan (2021年12月1日). 2021年12月4日閲覧。
  50. ^ PayPayはYahoo!マネーを引き継ぎます”. PayPay株式会社(2019年9月3日作成). 2019年11月12日閲覧。
  51. ^ 那珂湊駅・勝田駅でのスマホ決済サービス「PayPay」導入について
  52. ^ 三島駅と修善寺駅へキャッシュレス決済端末を導入しました! キャッシュレス決済の運用開始について
  53. ^ スマホ決済 Pay Pay お支払い方法 ご案内”. 大阪バス. 2020年9月19日閲覧。
  54. ^ 路線バス全線でPayPayでのキャッシュレス支払が可能となりました。”. 有田鉄道 (2020年7月1日). 2020年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月16日閲覧。
  55. ^ ~バス車内・窓口でキャッシュレス決済が可能に~ 「PayPay」の取扱い開始について”. 熊野御坊南海バス (2020年4月1日). 2020年11月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月16日閲覧。
  56. ^ PayPay for Business
  57. ^ PayPay加盟店がユーザーに情報を簡単発信、「PayPay マイストア」開始へ
  58. ^ 「PayPayフリマ」サービス開始のお知らせ” (日本語). PayPayフリマ. 2020年2月28日閲覧。
  59. ^ PayPayフリマヘルプ - 購入されたあとの流れ”. m.yahoo-help.jp. 2020年2月28日閲覧。
  60. ^ 厳選されたストアのみが並び、電子マネー「PayPay残高」がお得にたまる、 プレミアムなオンラインショッピングモール「PayPayモール」が誕生 - プレスリリース - ヤフー株式会社” (日本語). 会社概要 - ヤフー株式会社. 2020年2月28日閲覧。
  61. ^ 「PayPayピックアップ」の加盟店申込が1カ月で2,000件を突破(PayPay)
  62. ^ 「PayPay」のミニアプリに、モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」が登場
  63. ^ PayPayボーナスを運用する - PayPay
  64. ^ PayPayが「マイナポイント事業」の申込登録の受け付けを開始
  65. ^ 「マイナポイント事業」の登録受付延長を受け、「PayPay」への登録受付も延長
  66. ^ セブン-イレブン アプリがPayPay対応。2月25日から,Impress Watch,2021年2月17日
  67. ^ Zホールディングスの金融サービスを「PayPay」ブランドに統一”. Zホールディングス (2020年7月31日).
  68. ^ 即時配達「PayPayダッシュ」終了 実験スタートから5カ月で
  69. ^ 開発速度を落とさずにどう品質を担保したのか スマホ決済「PayPay」Androidアプリ開発の裏側 logmi
  70. ^ PayPayに法人カードは使える?!|戦国法人カード”. xn--lck0cth848iewi0zqbur.com. 2020年5月9日閲覧。
  71. ^ PayPay公式サポート @PayPaysupport 【お知らせ】
  72. ^ PayPayが資金移動業として登録完了、現金で出金可能に
  73. ^ PayPayのアプリ内から「DiDiタクシー」が呼べるようになりました - PayPayからのお知らせ 2019.11.28
  74. ^ 日本経済新聞 (2018年12月18日). “「ペイペイ」100億円還元の功罪 決済インフラ責任重く”. 2018年12月23日閲覧。
  75. ^ ITmedia (2018年12月17日). “PayPayの「クレジットカード不正利用」はなぜ起きたのか?”. 2018年12月17日閲覧。
  76. ^ ITmedia (2018年12月27日). “PayPay、3Dセキュア対応へ クレカ不正利用は「全額補償する」”. 2019年3月12日閲覧。
  77. ^ PayPay (2019年2月4日). “3Dセキュア(本人認証サービス)の対応と、クレジットカード不正利用への補償について”. 2019年7月8日閲覧。
  78. ^ NHK (2018年12月17日). “「PayPay」不正利用相次ぐ”. 2018年12月17日閲覧。
  79. ^ 「PayPay」不正利用相次ぐ - ウェイバックマシン
  80. ^ PayPay (2018年12月18日). “PayPayアプリ アップデートのお願い”. 2018年12月23日閲覧。
  81. ^ PayPay カード情報入力回数に制限 不正決済問題受け
  82. ^ ITmedia (2018年12月18日). “PayPay、クレジットカード情報の入力回数に制限 登録方法に問題あったことを受け”. 2018年12月23日閲覧。
  83. ^ ITmedia (2018年12月21日). “決済サービス「PayPay」、クレジット決済の上限を月5万円に 不正利用対策で”. 2018年12月23日閲覧。
  84. ^ PayPay (2018年12月21日). “クレジットカードご利用時の上限金額の設定について”. 2018年12月23日閲覧。
  85. ^ クレジットカードの本人認証サービス(3Dセキュア)対応の導入について
  86. ^ PayPay(ペイペイ)の使い方、使える店、対応クレジットカード総まとめ。新キャンペーン情報も紹介!” (日本語). マネ会. 2019年6月6日閲覧。
  87. ^ PayPayボーナス等が「付与取消」となる場合の理由について PayPayからのお知らせ
  88. ^ 日経クロステック(xTECH). “PayPay、設定不備で加盟店情報2000万件が不正閲覧された可能性” (日本語). 日経クロステック(xTECH). 2020年12月7日閲覧。
  89. ^ PayPay、最大約2000万件の加盟店情報が漏えいか--アクセス権限の設定不備で” (日本語). CNET Japan (2020年12月7日). 2020年12月7日閲覧。
  90. ^ PayPay (2020年12月7日). “当社管理サーバーのアクセス履歴について - PayPayからのお知らせ” (日本語). PayPay. 2020年12月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月7日閲覧。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「PayPay」の関連用語

PayPayのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



PayPayのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのPayPay (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS