NHK大阪放送局 沿革

NHK大阪放送局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/20 03:19 UTC 版)

沿革

  • 1925年大正14年)
  • 1926年(大正15年)
    • 8月20日 - 社団法人大阪放送局解散、一切の権利義務を社団法人日本放送協会が継承し社団法人日本放送協会関西支部に改称(放送時は大阪中央放送局と呼称)。
    • 12月1日 - 大阪市天王寺区上本町9丁目(現:近鉄タクシー本社所在地付近)の上本町演奏所から本放送開始。
  • 1927年昭和2年)8月13日 - 第13回全国中等学校優勝野球大会を実況中継(全国高校野球選手権大会中継の開始)。
  • 1928年(昭和3年)8月1日 - 全国に先駆けて『ラジオ体操』放送開始[15]
  • 1933年(昭和8年)6月26日 - ラジオ第2の放送開始。
  • 1936年(昭和11年)12月12日 - 大阪市東区(現:中央区)馬場町に、初代大阪放送会館落成。
  • 1950年(昭和25年)
    • 3月10日 - 大阪テレビジョンの実験放送をVHF4chで開始[16]
    • 6月1日 - 放送法施行に伴い社団法人日本放送協会が解散、特殊法人としての日本放送協会が一切の権利義務を継承。
  • 1951年(昭和26年)11月3日 - 堺放送所(ラジオ)の運用開始[16]
  • 1954年(昭和29年)3月1日 - 総合テレビの本放送を4chで開始(後にこのチャンネル番号でテレビ放送を開始する毎日放送は、この時点では新日本放送という社名のAMラジオ単営の放送局であった)。
  • 1958年(昭和33年)
    • 2月20日 - 生駒山よりFM実験放送開始(JOBK-FMX, 88.1Mc, 1 kW。1961年6月15日に10kWに増力)。
    • 11月29日 - 米軍からレーダー用に使用されていた1・2chの各帯域が返還されたことを受けて、総合テレビのチャンネル番号を4chから2chへ変更。空いた4chは毎日放送(同年6月1日付で前述の『新日本放送』から社名を変更)に割当(翌年3月1日に地上アナログ本放送を開始)。
  • 1959年(昭和34年)4月1日 - 教育テレビ12chの放送開始。NHK大阪放送局初の電子音楽の制作。
  • 1960年(昭和35年)9月10日 - テレビのカラー本放送開始。当初は、東京からのカラー放送の放送回線が整備されていなかったため、東京から送られてきたカラーVTRやカラーフィルムをそのまま放送していた(ちなみにNHK大阪でのカラー第1回放送は、総合テレビで、カラー放送開始記念番組『長唄 -京鹿子娘道成寺-』のカラーVTR放送だった)。
  • 1963年(昭和38年)11月12日 - 大阪放送会館新館落成(テレビスタジオのみ、8月から先行使用)[17]
  • 1964年(昭和39年)4月6日 - 大阪局制作の連続テレビ小説の第1作、『うず潮』放送開始。
  • 1969年(昭和44年)
    • 2月13日 - ラジオの送信所を堺から美原(ラジオ第1)、羽曳野(ラジオ第2)に移転。同時にラジオ第2放送が100kWから300kWに増力され、初の無人化大電力放送所として運用開始[18][19]
    • 3月1日 - FMの本放送開始[20]
  • 1970年(昭和45年)
  • 1971年(昭和46年)
    • NHK大津放送局 (28ch) を皮切りに、他の関西各府県でも府県域放送の総合テレビジョン放送が開始され、それと共にNHK大阪総合は大阪府域局扱いとなる。
    • 6月1日 - NHKがFM放送を府県域化するにあたり、当時大阪市北区に送信所があったエフエム大阪と共に飯盛山に共同でFM専用の新送信所を設置し、従来の生駒山のNHK-FM送信所は廃局された。
    • 7月1日 - 組織改正により大阪中央放送局から近畿本部に改称。
  • 1975年(昭和50年) - 「原爆投下時に大阪放送局への呼びかけをした女性アナウンサーが無事かどうかを知りたいので調べてほしい」という手紙が届き、当時、大阪放送局の職員だった白井久夫が調査を開始する[22]
  • 1978年(昭和53年)10月1日 - 総合テレビでの音声多重放送開始。当初は2か国語放送のみ(大阪での第1回放送は「午後5時のニュース」)。また、同日、FM放送のPCMデジタル・ステレオ回線の運用を東京-名古屋-大阪間で開始。これにより、大阪・名古屋での同ステレオ放送で長年行っていた全国放送の放送素材をアナログ・テープで事前に各局に送ってからの放送を終了。
  • 1979年(昭和54年)10月 - 東京からのテレビ放送の音声回線がステレオ化されたことに伴い、総合テレビの全国放送番組においての音声多重放送のステレオ放送を開始。
  • 1980年(昭和55年)7月25日 - 組織改正により大阪放送局に改称。
  • 1982年(昭和57年)12月 - 音声多重放送本放送開始(当初は総合テレビのみで、教育テレビは1990年10月より)。
  • 1983年(昭和58年)5月 - 文字字幕放送開始。
  • 1985年(昭和60年)11月 - 文字多重放送開始。
  • 1986年(昭和61年)8月4日 - 大阪放送局と韓国KBS釜山放送本部の間で地域放送の協力協定を結ぶ[23]
  • 1987年(昭和62年)5月29日 - 大阪放送局と中国・上海電視台の間で協力協定を結ぶ[23]
  • 1995年平成7年)1月17日 - 阪神淡路大震災兵庫県南部地震)が発生し、この日以降暫くの間は東京からの放送を行う中で随時当局からの放送を交えながら報道特番を続けた。
  • 2001年(平成13年)11月3日 - 2代目大阪放送会館大阪歴史博物館を含む)落成(放送業務は同年10月29日より)。
  • 2003年(平成15年)12月1日 - 地上デジタル放送開始。
  • 2011年(平成23年)7月24日 - 正午をもってアナログ放送を終了。翌日(7月25日)の午前0時に完全停波。
  • 2013年(平成25年)5月27日 - 17時より『NHKネットラジオ らじる★らじる・大阪』の配信を開始。(他、仙台・名古屋も同時開始)
  • 2018年(平成30年)4月12日 - 正午より民放ラジオポータルサイト『radiko』の実験配信(全国規模)を開始[24]
  • 2019年令和元年)6月14日 - 組織改正により大阪拠点放送局に改称[25][26]
  • 2020年(令和2年)2月14日 - テレビ主調整室の機材更新により、大阪放送局送出の番組でもウォーターマーク「NHK G」「NHK E」が表示されるようになった。
  • 2021年(令和3年)3月3日 - NHKプラスで地域向けのテレビ番組の見逃し配信が開始[27]
  • 2022年(令和4年)4月1日 - 名称を大阪放送局に戻した[1]

  1. ^ a b 日本放送協会理事会議事録(2022年3月7日開催分)”. 日本放送協会. p. 4 (2022年3月25日). 2022年3月25日閲覧。
  2. ^ 各エリアの中心となる放送局について、民放では基幹局という表現を用いるが、NHKにおいては全国単一組織であることを踏まえ「各エリアの拠点となる局」という意味で拠点局と表記している。
  3. ^ 最寄り駅…地下鉄(谷町線・中央線)谷町四丁目駅
  4. ^ ラジオ第1放送FM放送でも総合テレビ程ではないが自主編成番組への差し替えが他地域に比べて多い。ちなみに、総合テレビとラジオ第1の地域放送時間は全国平均に比べても1時間ほど多くなっている(総合テレビで4時間程。ラジオ第1で3時間程組まれている)。Eテレも少数ながら自主編成番組への差し替えがある(主に地域番組を放送する関係で本来は総合テレビで放送される番組の振り替え放送が中心)。
  5. ^ 1999年(平成11年)1月17日には阪神・淡路大震災関連の特別番組を、関西地方の総合テレビと衛星第1テレビ(当時)で同時放送したが、この設備を介したものではない。
  6. ^ 東日本大震災から1年 放送機能強化の取り組みについて - NHK会長記者会見要旨 2012年3月3日閲覧
  7. ^ 2021 年度(令和3年度) インターネット活用業務実施計画”. 日本放送協会. p. 21 (2021年1月13日). 2021年5月25日閲覧。
  8. ^ 2011年4月18日の『NHKとっておきサンデー』において、理事の今井環が発言。
  9. ^ 2011年(平成23年)9月1日は訓練の一環として『お元気ですか日本列島』を大阪放送局のニューススタジオから放送した。
  10. ^ NHK 大阪局の機能強化を発表 東京の有事に備え、バックアップ充実へ理事が駐在”. デイリースポーツ (2020年10月1日). 2020年10月13日閲覧。
  11. ^ 週によっては、東京制作かつ収録放送(「栗原はるみのキッチン日和」等)を放送する場合あり。
  12. ^ 2021年10月現在は、10時台に『えぇトコ』(『NHK地域局発』の枠内で放送)、11時台に『バラエティー生活笑百科』、15時台に『歴史探偵』のそれぞれ再放送を放送。
  13. ^ 2021年度 国内放送番組編成計画 (PDF)”. 日本放送協会 (2021年2月10日). 2021年2月10日閲覧。
  14. ^ 字幕問題当時の大阪放送局長が退任 NHK役員人事、女性理事最多に”. 朝日新聞 (2022年4月12日). 2022年4月14日閲覧。
  15. ^ NHK大阪放送局・七十年史編集委員会 『こちらJOBK -NHK大阪放送局七十年-』NHK大阪放送局、1995年、46-47,280頁。 
  16. ^ a b NHK大阪放送局・七十年史編集委員会 『こちらJOBK -NHK大阪放送局七十年-』NHK大阪放送局、1995年、292頁。 
  17. ^ NHK大阪放送局・七十年史編集委員会 『こちらJOBK -NHK大阪放送局七十年-』NHK大阪放送局、1995年、188,297頁。 
  18. ^ NHK大阪放送局・七十年史編集委員会 『こちらJOBK -NHK大阪放送局七十年-』NHK大阪放送局、1995年、299頁。 
  19. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室 『NHK年鑑'69』日本放送出版協会、1969年、277頁。 
  20. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室 『NHK年鑑'69』日本放送出版協会、1969年、225頁。 
  21. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室 『NHK年鑑'71』日本放送出版協会、1971年、2頁。 
  22. ^ しかし、被爆当時の広島中央放送局の在籍者名簿、当日の出勤者の記録書類、一命を取り留めた職員への訊き取り調査などを詳細に行ったものの、原爆投下直前の放送を担当した井沢幸世アナウンサーが声の主として有力視されたが本人は否定しており、結果的に呼びかけを行った女性アナウンサーが誰だったのかを特定することはできなかった。
  23. ^ a b NHK大阪放送局・七十年史編集委員会 『こちらJOBK -NHK大阪放送局七十年-』NHK大阪放送局、1995年、236-237頁。 
  24. ^ ラジコでNHKラジオが聴ける4月12日(木)より、全国を対象に2018年度の実験配信を開始 株式会社radiko、2018年3月22日
  25. ^ 2019年度第1四半期業務報告 (PDF)”. 日本放送協会. 2021年1月7日閲覧。
  26. ^ 日本放送協会2019年度業務に関する監査委員会の活動結果報告書 (PDF)”. 日本放送協会. 2021年1月7日閲覧。
  27. ^ 「ご当地プラス」配信開始! - お知らせ - NHKプラス”. 日本放送協会 (2021年3月3日). 2021年3月3日閲覧。
  28. ^ 大阪放送局沿革史』 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  29. ^ こちら JOBK - Google Books
  30. ^ NHK大阪放送局・七十年史編集委員会 『こちらJOBK -NHK大阪放送局七十年-』NHK大阪放送局、1995年、295頁。 
  31. ^ 読売新聞産経新聞、ほとんどのスポーツ紙・テレビ雑誌などがこれに当たる。同じ全国紙でも大阪府外の朝日新聞毎日新聞では大阪放送局の親局2に加え最寄の放送局数局の親局・基幹中継局のチャンネル番号が併記される(例・228(神戸・大津両本局)、32(京都・和歌山両本局)、51(奈良本局・西宮山口中継局ほか))。神戸新聞「2/28/50」(左から大阪本局・神戸本局・姫路中継局/豊岡中継局)で表記。逆に京都新聞(府内版)は京都総合開局以降も長年2のみの表記であったが1995年ごろから京都総合のチャンネル32が表記されるようになり2006年からは2011年の完全移行まで京都32、大津28のみ表記であった。
  32. ^ 例、京都ケーブルコミュニケーションズ(現:J:COM 京都みやびじょん)など
  33. ^ NHKオンライン 2021年度前半期 定時番組の部門種別(各地域) (PDF)
  34. ^ a b この年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で大会自体が中止となった。
  35. ^ この年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で大会自体が中止となったが、代替として2020年甲子園高校野球交流試合が開催され、NHKでも総合・Eテレ・ラジオ第1で全試合を中継した。
  36. ^ 全国ネット(主に週末・祝日デーゲームで年1試合を放送)または関西ローカル(阪神戦は平日ナイターで、オリックス戦は週末・祝日デーゲームで各々放送)で放送し、後者はビジター側地元局でも同時ネットまたは別制作で放送される場合がある。
  37. ^ 国会中継が都合により中継できなくなった場合や高校野球期間中に悪天候などで試合が中止・早終了となった場合でも別番組で穴埋めするため休止となる(ただし、春の選抜高校野球大会期間中の場合、休養日と平日が重なる日は放送される場合もある)。また、国政選挙の公示日当日は多くの地方局が『正午のニュース』のローカル枠で選挙関連ニュースを放送することから休止して別番組で穴埋めするほか、その前日も日本記者クラブ主催の党首討論会の中継があるため休止される。
  38. ^ 国会中継が都合により中継出来なくなった場合や高校野球期間中に悪天候などで試合が中止・早終了となった場合でも別番組で穴埋めするため休止となる。また、国政選挙の選挙運動期間中と重なる場合は関東など一部地域で政見放送が放送される関係上生放送を休止し、政見放送が放送されない地域でのみ東京・放送センターからの裏送りでアンコール放送もしくは総集編を放送する。
  39. ^ 番組表上の終了時刻は18:00となっている(17:57 - 18:00は地域の気象情報を放送)。
  40. ^ 『列島ニュース』など生放送のものについては大阪からの映像を一旦東京で受け、それを東京から全国送出している。
  41. ^ ちなみに、在阪の民放テレビ各局の場合は在京民放キー局も含めた全国各地の系列局への日常的な番組送出設備が備わっている。
  42. ^ おはよう関西』の出演者が担当している。
  43. ^ 11:57以降は大阪府・兵庫県でのみの放送で、その他の4府県は各局別の気象情報に差し替えとなる。また、11:54 - 11:57の東京発の全国の気象情報をネットしていないため、全国の天気を補足して伝えている。
  44. ^ 大阪府以外のニュースは近畿の域内各局が編集したVTRを流す。また、13時台の『列島ニュース』の中で全国向けに録画放送されている(ただし、稀に同番組で大阪局のニュースが取り上げられない場合がある)。
  45. ^ 5:56枠・6:28枠・11:54枠・17:57枠は気象情報のみ、12:15枠・15:07枠はニュースのみ。
  46. ^ ウィークエンド関西』キャスターの伊藤雄彦垂水千佳が担当している。
  47. ^ 5:55枠・6:28枠・11:57枠は気象情報のみ、12:10枠はニュースのみ。
  48. ^ a b c 18:53 - 18:55は東京発の全国の気象情報をネット。
  49. ^ 5:55枠・11:57枠は気象情報のみ、12:10枠はニュースのみ。
  50. ^ 5:55枠・7:57枠・11:57枠は気象情報のみ、12:10枠はニュースのみ。
  51. ^ 18:55 - 18:57は東京発の全国の気象情報をネット。
  52. ^ 6:56枠・11:57枠は気象情報のみ、12:10枠はニュースのみ。
  53. ^ 19:55 - 19:56に『えぇトコ 味だより』も別途放送。
  54. ^ a b NHKオンライン 2021年度(前半期)放送番組時刻表 (PDF)
  55. ^ ロシアによるウクライナへの軍事侵攻に関する特別報道体制のため、平日10:05 - 10:54に『キャッチ!世界のトップニュース』(BS1の平日朝の国際ニュース番組)の同日時差放送を実施(国会中継時を除く)しているのに伴うもの。
  56. ^ a b NHKの番組案内上、午前0時から4:15の深夜放送は原則として実際の曜日と放送上の曜日(金曜深夜の放送であれば「○日(土)<金曜深夜>」)と双方並列表記している関係上、それに従った。
  57. ^ あなたの声で強くなる ボイスマン プロフィール NHK大阪放送局
  58. ^ NHK大阪放送局のキャラクター「ボイスマン」が超クレイジー! 好感度アップのために制作したとは思えないビジュアル Pouch[ポーチ] 2013年4月10日
  59. ^ nhk_osaka_JOBKの2018年4月13日11時56分のツイート- Twitter「【あめちゃんいる?】 \4月13日(金)・大安/ NHK大阪・ご当地どーもくん 「おばちゃんどーもくん」 誕生!」
  60. ^ 春は、2013年まで大型連休にも「BKワンダーランド」を開催していたが、2014年春から大型連休のイベントが廃止され、3月のさくらまつりに統合された
  61. ^ クランクアップ後に当たる「さくらまつり」でもセット公開は実施される






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「NHK大阪放送局」の関連用語

NHK大阪放送局のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



NHK大阪放送局のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのNHK大阪放送局 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS