NFL テレビ放送権

NFL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/11 04:24 UTC 版)

テレビ放送権

NFLのテレビ放映権は、レギュラーシーズンポストシーズンともに、全試合がNFLと放送局との間で契約が結ばれる。放映権料は各チームにほぼ均等に配分され、レベニュー・シェアリングの源泉となっている。

なお、他のメジャースポーツ (MLB , NBA , NHL) では、リーグが放映権を管理するのは全国放送やポストシーズンなど一部であり、それ以外のローカル放送はチームが放送局と直接契約することから、チームによって収入に大きな差が出ている。

ちなみに、「試合開始72時間(3日)前までにチケットが完売できない場合、スタジアムから75マイル(約120km)以内のエリアでは試合が放送されない」という特別なルール(ブラックアウトルール)が設けられている[20]。これは「ホームゲームはあくまでスタジアムで観戦するべきものであり、テレビ中継は遠征先での試合を観るための手段」という考え方に基づいている。

以下の放送のほか、NFL独自の配信サービスであるNFL Game Passが全試合の配信を行う。

2022年までの放映権料/配信権料は次の通り(金額は推定)[21]

  • FOXNFL on FOX (アウェーチームがNFCであるレギュラーシーズン日曜日、感謝祭、およびほとんどのポストシーズンの試合) 11億ドル/年(2014年 - 2022年)、Thursday Night Football のうち11試合 6.6億ドル/年[22][23][24](2018年-2022年)
  • CBSNFL on CBS (アウェーチームがAFCであるレギュラーシーズン日曜日、感謝祭、およびほとんどのポストシーズンの試合) 10億ドル/年(2014年 - 2022年)
  • NBCSunday Night Football 、およびポストシーズンのワイルドカード2試合とディビジョナルプレーオフ1試合 9.5億ドル/年(2014年 - 2022年)
  • ESPNMonday Night Football 19億ドル/年(2014年 - 2022年)
  • NFL NetworkThursday Night Football
  • DirecTV:NFL SUNDAY TICKET 19億ドル/年(2015年 - 2022年)[25]
  • ABC /ESPN: ワイルドカード 1億ドル/年 (期限不明) [26]
  • Amazonビデオ:Thursday Night Football のうち11試合に加えてシーズン後半に行われる現地土曜日開催の一試合 6500万ドル/年 (2020年 - 2022年) [27]

2023年シーズンから2033年シーズンまでの11年間は、総額1050億ドルで、以下の放送局・配信業者に権利が与えられる[28][29]

  • FOXNFL on FOX(アウェーチームがNFCであるレギュラーシーズン日曜日、感謝祭、およびほとんどのポストシーズンの試合)(Tubiによる配信を含む) 20億ドル/年
  • CBSNFL on CBS (アウェーチームがAFCであるレギュラーシーズン日曜日、感謝祭、およびほとんどのポストシーズンの試合)(Paramount+による配信を含む) 20億ドル/年
  • NBCSunday Night Football (Peacockによる配信を含む)20億ドル/年
  • ESPNMonday Night Football (ABCによる地上波放送、ESPN+による配信を含む)27億ドル/年
  • AmazonビデオThursday Night Football 10億ドル/年

また、上記の期間スーパーボウルはCBSが2023,2027,2031シーズン、FOXが2024,2028,2032シーズン、NBCが2025,2029,2033シーズン、ABCが2026,2030シーズンを放送する[30]

経緯

1956年CBSにより、NFLのレギュラーシーズンの中継が始まる(それ以前はチャンピオンシップゲームなど一部の試合のみ中継されていた)。

1960年に発足したAFLは、ABCと5年間にわたる放映権契約を結び、その放映権収入を各チームに分配することにより、NFLに対抗して誕生し、すぐに消滅したほとんどの競合リーグと異なり、AFLの運営を軌道に乗せることを可能とした。

1961年、プロスポーツリーグが一つのTVネットワークとの独占契約を可能とする法律が可決されたことを受け、1962年シーズンよりNFLがCBSとの独占契約を結び、AFLに追随する形で放映権収入を各チームに分配した。AFLは1965年よりNBCと独占契約を結んでいる。

1966年、NFLとAFLの合併が合意に達し、翌1967年に行われた第1回のNFL-AFLワールドチャンピオンシップゲーム(のちのスーパーボウル)をCBSとNBCが共に放送した。第2回以降はCBSとNBCが交互に放送した。

1970年の旧NFLとAFL合併による新NFL発足後は、CBSが旧NFLの流れを汲むNFC、NBCがAFLの流れを汲むAFCの放映権を保有することになった。NFC所属チームとAFC所属チームが対戦する際には、アウェイチームが所属するカンファレンスの放映権を保有する局が放送を担当する。また、同年シーズンより、ABCによりマンデーナイトフットボールが新設された。

1982年の放映権更新以降、スーパーボウルの放送はマンデーナイトを放送するABCも加わり3社による持ち回りになった(ABCによる初の中継は1985年第19回)。放映権の変動があった現在では、NBC(第49回2015年)、第52回(2018年)、第55回(2021年))、CBS(第50回2016年)、第53回(2019年)、第56回(2022年))、FOX(第51回2017年)、第55回(2020年)、第58回(2023年))の順に担当することになっている。

1987年シーズンより、ESPNによりサンデーナイトフットボールの放送を開始。野球中継との兼ね合いからシーズン後半のみの放送だったが、1990年シーズンにはTNT(「NFL on TNT」)によって、シーズン前半にも編成されるようになる。

1993年末、1956年以来CBSが放映権を保有していたNFCの放映権を当時新興であったFOXが破格の放映権料(4年間15.8億ドル、その前の4年間にCBSが払った放映権料は2.9億ドル)で獲得。4大ネットワークの仲間入りを果たすきっかけになった。一方、CBSは放映権とともにいくつかの有力な加盟局もFOXに奪われ、経営的に打撃を受けた。

1998年には、4シーズン前FOXに放映権を奪われたCBSがNBCの保有していたAFCの放映権を獲得。また、同年シーズンよりサンデーナイトの放送がESPNに統一された。

2005年シーズンをもってABCがマンデーナイトから撤退、翌2006年シーズンより同じディズニー傘下であるESPNが引き継ぐことになる。サンデーナイトは新たにNBCが獲得、「NBCサンデーナイトフットボール」として放送される。また、サンクスギビングデーのゲームのうち新設された1試合(従来、ダラス・カウボーイズデトロイト・ライオンズのホームゲームが行われてきた)とシーズン終盤に行われる木曜日・土曜日のゲームの計8試合はNFL自ら所有するNFLネットワーク「サーズデーナイトフットボール」・「サタデーナイトフットボール」のタイトルで放送することになった。

2008年シーズンからは、北米以外の地域でNFL Game Passによる配信が始まった。

2012年シーズンより、サーズデーナイトはWeek2からWeek15まで拡張(この年のみ開幕戦は水曜夜に変更)、サンクスギビングデーの放送はNBCに譲ったものの、NFLネットワークの中継は13試合となった。2014年シーズンはWeek2からWeek16までの14試合に加え、Week16の土曜日に開催される2試合の計16試合が放送されるが、Week2からWeek8までの7試合、およびWeek16土曜日のうち1試合はCBSでもサイマル放送されることになった[31]

2014年シーズンからは、日曜昼間の中継を担当するFOXとCBSとの間で注目度の高いゲームが片方の局に偏ることを防ぐことを目的とする「クロスフレックス」制度が採用され、本来FOXが放送するNFC所属チーム同士の対戦やNFC所属チームがアウェーとなるゲームがCBSで、逆に、本来CBSが放送するAFC所属チーム同士の対戦やAFC所属チームがアウェーとなるゲームがFOXで放送されることがある[32]。プレイオフについても変更があり、NBCは従来ワイルドカードプレイオフ2試合を担当していたが、ワイルドカードプレイオフ、ディヴィジョナルプレイオフ1試合ずつとなり[33]、ESPNが新たにワイルドカードプレイオフ1試合を担当する[34]。2015年シーズンは、ESPNが放映権を持つワイルドカードプレイオフ1試合がABCでも放送される[35]

2015年シーズンからは、北米でもNFL Game Passによる配信が始まった。

2016年シーズン2017年シーズンには、サーズデーナイトの放送のうちそれぞれ5試合を、NFLネットワークに加えてNBCとCBSでも放送した。

2017年シーズンには、北米や日本を含む地域で、Amazonビデオがサーズデーナイトの10試合の非独占配信を行った。その後2022年シーズンまで配信契約が延長された。

2018年シーズンからは、サーズデーナイトの放送権がCBSおよびNBCからFOX独占となった。2022年シーズンまで続く契約となっている。

この他、1994年より衛星放送ディレクTVが日曜午後に行われる全試合(最大14試合。地上波では地元チーム中心に3(通常NFC・AFC担当局のいずれかダブルヘッダーを組む)- 4試合(Week17は両担当局ともダブルヘッダー)しか視聴できない)を放送する「NFL SUNDAY TICKET」を開始している。2014年10月、NFLと2022年までの契約延長に合意した[36]

2021年3月、2023年シーズンから2033年シーズンの11シーズンにわたり、放送・配信権の更新が行われた[28]。放映権料はほぼ倍増し、サーズデーナイトはAmazonビデオが独占することとなった。

日本での放送

 2020-2021年シーズンでは、以下の二局が放送している。

  • 日テレG+(NFL on 日テレG+)
    • 2016-2017年シーズン以降、レギュラーシーズンは週に生中継2、3試合程度。録画放送も2、3試合程度。ポストシーズンはスーパーボウルを含め、全試合を生中継している。
    • 2015-2016年シーズンまではレギュラーシーズン 週3 - 5試合(うち生中継1 - 3試合)。サンデーナイトはほぼ全試合中継(2014年シーズンは全試合生中継)。ポストシーズンは ワイルドカードからカンファレンス・ チャンピオンシップまでを一日一試合生中継し他の試合も録画中継、プロボウル生中継。2012年よりスーパーボウルも生中継を開始した。
  • NHK BS1(NFL中継 (NHK)
    • 2016-2017年以降はレギュラーシーズンを録画のみで週2試合以下。プレーオフはカンファレンスチャンピオンシップおよびスーパーボウルを生中継し、他は録画中継。プロボウルも録画中継。
    • 2015-2016年シーズンまではレギュラーシーズン 原則週3試合(うちシーズン開幕戦とMLBシーズン終了後のマンデーナイトは生中継あり)。マンデーナイトはほぼ全試合中継。ポストシーズン ワイルドカード - ディヴィジョナルプレイオフ(各1試合)、カンファレンスチャンピオンシップ・スーパーボウルは生中継。それ以外も全試合放送していた。

日本での配信

  • NFL Game Pass
    • 上述のように全世界と同様に全試合の配信。
  • DAZN
    • 2016-2017年シーズンより日本でNFLのオンライン配信を開始し、レギュラーシーズンは週3〜7試合を、ポストシーズンは全試合を生配信および録画配信。
  • Hulu
    • 2016-2017シーズン以降は、日テレG+が放送する試合の一部をリアルタイム配信している。
  • 日テレG+オンデマンドNFL
    • イレブンスポーツと提携し、2020年シーズンから日テレG+が放送する試合を生配信及び録画配信でオンデマンド提供している。

過去の日本での放送・配信

スーパーボウルについては、テレビ朝日TBS(「月曜ロードショー」枠)で放送していた時期もあったが、シーズン通じての放送は、地上波では1970年代に東京12チャンネル(アメリカン・プロフットボールアワー)で放送した後、1988年から日本テレビが放送を始め(1994年から1996年までは放送せず)、衛星放送では1986年頃から試験放送がされ[37]1989年NHK BS1によって開始された。

レギュラーシーズンに関しては、1998年にはスカパー!パーフェクト チョイスで週4〜5試合生中継を含むパッケージ「NFLシーズンチケット」を開始したが採算がとれず、放送4年目の2001年シーズンをもって放送終了した。翌2002年シーズンよりGAORA生中継を開始し、2015-2016年のシーズンまで継続した。日本テレビ系のBS日テレでは開局後の2001年シーズンから2006年シーズンまで放送した。


注釈

  1. ^ 但しニューヨーク・ヤンキースが首位になったことを筆頭に、NFLの球団が最も高い評価額となった年は意外と少ない。

出典

  1. ^ a b ハリス・インタラクティブによるアメリカでの人気スポーツの世論調査(2015年1月公表)
  2. ^ a b c d NFL Attendance - 2012ESPN.com 2013年2月2日閲覧。
  3. ^ a b NFL Is Bullish on Its $25 Billion Revenue Goal Ahead of Super Bowl Bloomberg 2019年6月14日閲覧。
  4. ^ a b c NFL owners approve enhanced schedule with 17 regular-season games per team”. NFL.com. 2021年3月31日閲覧。
  5. ^ 近藤祐司 (2010年12月10日). “さあラストスパート!12月を制するものがNFLを制す!!”. NFL JAPAN. 2010年12月30日閲覧。
  6. ^ このため、成績によっては同一地区の全4チームがプレーオフに進出する場合もある。
  7. ^ http://profootballtalk.nbcsports.com/2013/03/20/nfl-passes-jim-schwartz-rule/
  8. ^ Football Still Scores Best With U.S. Sports FansGallup.com. 2013年2月9日閲覧。
  9. ^ FootballGallup.com. 2013年2月9日閲覧。
  10. ^ a b c Dallas Cowboys are Again America's Favorite Football TeamHarris Interactive October 5, 2011. 2013年2月9日閲覧。
  11. ^ The Longest Wait Times In The WorldBuzz Feed. June 29, 2012. 2013年2月9日閲覧。
  12. ^ NFL games account for nearly three-quarters of the year's top 100 broadcasts”. Ad Age (2020年1月8日). 2020年1月9日閲覧。
  13. ^ a b c d Forbes: The Business of Football(2015年12月現在)
  14. ^ Forbes: The Business of Baseball (2015年12月現在)
  15. ^ Forbes: The Business of Basketball(2015年12月現在)
  16. ^ Forbes: The Business of Hockey (2015年現在)
  17. ^ Soccer Team ValuesForbes.com 2014年8月23日閲覧。
  18. ^ The World's Highest-Paid AthletesForbes.com 2016年12月25日閲覧。
  19. ^ [1]
  20. ^ チケット売れないNFL 地元はテレビ放送なし? - スポニチ Sponichi Annex ニュース 2009年9月3日
  21. ^ NFL放映権はなぜ高額で契約延長されたのか【前編】 [渡辺 史敏] - 2011年12月27日 NFL JAPAN.COM
  22. ^ “NFL, FOX Sports reach 'Thursday Night Football' agreement”. NFL Enterprises, LLC. (2018年1月31日). http://www.nfl.com/news/story/0ap3000000912686/article/nfl-fox-sports-reach-thursday-night-football-agreement 2018年8月19日閲覧。 
  23. ^ “Fox gets Thursday Night Football through '22”. ESPN.com. (2018年1月31日). http://www.espn.com/nfl/story/_/id/22273473/fox-broadcast-thursday-night-football-next-five-seasons 2018年2月1日閲覧。 
  24. ^ Bonesteel, Matt (2018年1月31日). “‘Thursday Night Football’ will move to Fox next season” (英語). The Washington Post. ISSN 0190-8286. https://www.washingtonpost.com/news/early-lead/wp/2018/01/31/thursday-night-football-reportedly-will-move-to-fox-next-season/ 2018年2月1日閲覧。 
  25. ^ 米衛星放送ディレクTV、NFLの日曜試合放映権を維持 - 2014年10月2日 ロイター
  26. ^ NFL presses toward massive new media deals, with formal negotiations near”. Sports Business Daily. 2020年8月8日閲覧。
  27. ^ Amazon Renews With NFL To Stream "TNF" Games Through '22”. Sports Business Daily. 2020年8月8日閲覧。
  28. ^ a b NFL signs $110 billion media rights deal — Amazon will get exclusive rights to Thursday Night Football”. MarketWatch. 2021年3月19日閲覧。
  29. ^ NFL Signs $105 Billion TV Deal, With Amazon Taking Thursdays”. Bloomberg (2021年3月19日). 2021年3月19日閲覧。
  30. ^ NFL announces new broadcast deals running through 2033 season”. NFL.com. 2021年3月19日閲覧。
  31. ^ 2014 Thursday Night Football Broadcast Schedule Announced”. NFL Communications (2014年4月23日). 2015年1月4日閲覧。
  32. ^ 2014 NFL Schedule: Flex games can now start in Week 5 - 2014年4月23日 NFL.com
  33. ^ NBC SPORTS ADDS NFL DIVISIONAL PLAYOFF GAME TO POSTSEASON SCHEDULE”. NBC Sports Group (2014年4月22日). 2015年1月3日閲覧。
  34. ^ ESPN to Televise Its First NFL Playoff Game”. ESPN (2014年4月22日). 2015年1月3日閲覧。
  35. ^ ESPN, ABC to simulcast NFL wild-card game in January 2016”. ESPN (2015年5月12日). 2016年1月11日閲覧。
  36. ^ NFL and DIRECTV Extend NFL SUNDAY TICKET In New Multi-Year Deal”. NFL Communications (2014年10月1日). 2015年1月4日閲覧。
  37. ^ 大塚範一. “大塚範一が語るNFLの魅力”. NFL JAPAN. 2012年2月7日閲覧。
  38. ^ NFL brain injury lawsuit includes 2,138 players
  39. ^ NFLチームのLA移転は消滅?障壁はカリフォルニア州法 [近藤 祐司][リンク切れ]
  40. ^ “NFLがロス移転へ加速か、8月に追加のオーナーミーティング”. NFL JAPAN. (2015年6月5日). http://www.nfljapan.com/headlines/67043.html 2015年6月5日閲覧。 
  41. ^ “NFL3チームのロサンゼルス移転計画、オーナー会議で検討”. AFP通信. (2015年12月4日). http://www.afpbb.com/articles/-/3068976 2015年12月4日閲覧。 
  42. ^ “ラムズのロス移転承認=21年ぶりに戻る―NFL”. 時事通信. (2016年1月13日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201601/2016011300423&g=spo 2016年1月13日閲覧。 
  43. ^ Raiders Media Relations (2020年1月22日). “Las Vegas Raiders - Silver and Black officially welcomed to the Silver State”. NFL Enterprises, LLC. https://www.raiders.com/news/las-vegas-raiders-silver-and-black-officially-welcomed-to-the-silver-state 2020年1月23日閲覧。 
  44. ^ NFL JAPAN.COM|特集”. NFL JAPAN. 2015年2月22日閲覧。
  45. ^ ロンドンゲーム、来季も1試合のみが濃厚に”. NFL JAPAN (2010年1月25日). 2015年2月22日閲覧。
  46. ^ 渡辺史敏 (2014年7月22日). “『ロンドンゲーム』試合数さらに増加か 一方でバッティングに懸念も”. NFL JAPAN. 2015年2月22日閲覧。
  47. ^ 2017年シーズン第3週と第4週にウェンブリー・スタジアムで試合開催”. NFL JAPAN (2017年1月21日). 2017年9月11日閲覧。
  48. ^ ロンドンゲーム、ジャガーズが来季から4年間主催へ”. NFL JAPAN (2012年8月22日). 2015年2月22日閲覧。
  49. ^ a b NFLが2019年シーズンのインターナショナルゲーム日程を発表”. NFL JAPAN (2019年4月18日). 2019年7月30日閲覧。
  50. ^ a b 2020年シーズンのインターナショナルゲームは中止、全試合をアメリカ国内で開催”. NFL Japan. 2020年5月5日閲覧。
  51. ^ 日本での事業継続に意欲 MFL JAPAN元代表、町田光さん”. アメリカンフットボール・WEBマガジン (2013年4月5日). 2015年2月22日閲覧。
  52. ^ a b イギリスでのNFL人気はどれくらい?”. アメフトNewsJapan (2012年10月25日). 2015年2月22日閲覧。
  53. ^ イギリスで高まるNFLの人気、本拠地移転の可能性も”. NFL JAPAN (2014年10月28日). 2015年2月24日閲覧。
  54. ^ NFL Reports Half A Million Fans Attend Block Party On London's Regent Street Saturday” (2013年9月30日). 2015年2月22日閲覧。
  55. ^ ファルコンズ・オーナー、「ロンドンにNFLチーム創設できる」”. NFL JAPAN (2014年6月3日). 2015年2月22日閲覧。
  56. ^ Michael David Smith (2011年2月8日). “London game may be casualty of labor situationsituation”. NBCスポーツ. 2015年2月22日閲覧。
  57. ^ 【2016年シーズン】第11週マンデーナイトフットボールの見どころ”. NFL JAPAN (2016年11月21日). 2017年9月11日閲覧。
  58. ^ Ranking the NFL's five international games in 2017”. ESPN.com (2017年4月21日). 2017年9月11日閲覧。
  59. ^ a b ファンタジー・フットボールを通じてファンとの関係をさらに強化するNFL(ナショナル・フットボール・リーグ)






NFLと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「NFL」の関連用語

NFLのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



NFLのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのNFL (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS