K-POP K-POPと政治

K-POP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/01 07:27 UTC 版)

K-POPと政治

韓国ではしばしば音楽に政治が持ち込まれ、政治とは切り離せない存在となっている[11]。芸能人にも『愛国心のある優等生』として振る舞うことが求められる[12]。女性アイドルグループmiss Aスジや、男性グループHIGHLIGHTヤン・ヨソプなどのように従軍慰安婦を支援するための商品を使ったアーティストは「愛国ティナー」[注 1]と称賛され、女性アイドルグループ少女時代サニーは韓国独立運動の記念日である3月1日に『歴史を忘れてしまった民族には未来がない』というメッセージを出したことがある[12]。中でも防弾少年団(以下、BTS)は、世界に向けて国家として「韓流」を積極的に後押ししている韓国の歴代大統領のお気に入りであり、国賓としてフランスに出向いた朴槿恵大統領(第18代)や文在寅大統領(第19代)がそれぞれ現地で彼らの公演を観覧し、終演後には抱擁を交わしてメンバーとの親しさをアピール[13]。BTSがビルボード1位を取った際には文化勲章が贈られ、文在寅大統領は「Congratulations to the Seven Music-loving Boys and Their Wings, 'ARMY'! The songs, dance, dreams and enthusiasm of BTS energized to young people around the world.(音楽好きな7人の少年と彼らの翼であるARMY(「ARMY」はファンの総称)、おめでとうございます! BTSの歌、ダンス、夢、熱意は世界中の若者を活気づけ、力を与えました」とのコメントを寄せている[11][13]

その一方で、女性アイドルグループKARAのメンバーは記者会見でマスコミから「竹島はどこの領土か?」と聞かれた際に「韓国で活動するのは久しぶりです。日本のファンからは愛をたくさんいただいて…」などと言葉を濁したため、記者の質問をはぐらかしたとしてネットユーザーのみならず大手新聞やポータルサイトからも非難され、バッシングを受けた[注 2][14]安重根尹奉吉など朝鮮の独立運動家に関するテレビ番組のクイズに誤答したアイドルたちは視聴者から非難され、公式な場で謝罪を余儀なくされている[12][15]旭日旗模様、またはそのように見えるデザインを使用した男性アイドルグループBIGBANGのリーダー・G-DRAGON[注 3]とメンバーのT.O.P、少女時代のティファニー[注 4]音楽ユニットTrouble Makerのヒョンスン(元BEAST)とヒョナ(元4minute[注 5]、女性アイドルグループGirl's Dayのヘリ[注 6]などが批判を受け、バッシングされたり謝罪に追い込まれたりしている[16][17][18]

また韓国人のなかには「反日」と「愛国」を同一視する者も多い[12]。2000年代にはチャート上位に反日ソングが入るようになり、『独島は我が領土』を歌った少女時代[注 7]竹島で脱北合唱青年団40人と「独島コンサート」を開催した歌手RUI(イ・スンチョル)のように反日に結びつく政治的活動を行うアーティストも現れるようになった[19][20][21]。日本人を罵倒し嘲る歌詞の『fUKk zAPAN』(DJ DOC[注 8])や反日的な内容の歌詞の『東京は我らの領土』(G-MA$TA)、そして日本のロックフェス「FUJI ROCK FESTIVAL '01」において日の丸を引き裂くパフォーマンスをしたNo Brainというロックバンドなどは韓国でも問題視された[19]

2018年9月、日本の秋元康が作詞を手掛けたBTSの楽曲「Bird」が、「秋元康は右翼的だ」という韓国人ファンからの反発で別の曲に差し替えられた[22]

2018年11月、韓国では日本統治からの解放の象徴とされる原爆投下時のきのこ雲とそれを喜ぶ韓国人の写真がプリントされたTシャツを着たBTSの行動が日本で問題となり、同月9日放送のテレビ朝日の音楽番組『ミュージックステーション』の出演が取りやめになった[12][13]。さらに同月11日には、ユダヤ人人権団体サイモン・ウィーゼンタール・センター」が、過去にBTSがナチス軍服に似た衣装を着て、ハーケンクロイツに似たマークが入った旗を使ったことを指摘、日本とナチスの被害者への謝罪を要求した[注 9][13]

2019年7月、日本政府が打ち出した半導体などの材料3品目を対象とする輸出規制強化に反発する韓国のネットユーザーからTWICEIZ*ONEなどのK-popグループの日本人メンバーに対して「日本に帰れ」という脱退要求があり、さらには「韓国人メンバーと同じ給料を受け取るな」などという非難も出た[23][24]


注釈

  1. ^ 2015年頃に韓国で生まれた『愛国者』と『エンターテイナー』を合わせた造語
  2. ^ それ以前から日本で活躍した俳優やタレントは、まるで「踏み絵」のように竹島問題や日本の印象について記者から質問を受け、親日派のレッテルを貼られて芸能活動ができなくなることを恐れたタレントの多くは反日と受け取られる回答をしている。
  3. ^ 2017年、自身のインスタグラムに掲載した動画に白地に中央から放射線状に赤い色が広がる柄に染色された絞り染めのTシャツ姿が映っていた。
  4. ^ 2016年、自身のスナップチャットに旭日旗模様のスタンプ入りの写真を投稿した。
  5. ^ 2013年、2人で旭日旗がプリントされたペアTシャツを着た。
  6. ^ 2012年、東日本大震災への応援メッセージの意味で着たTシャツに旭日旗プリントがあった。
  7. ^ リハーサルの際に歌ったが、日本での活動に支障が出るとのことで本番では歌わなかった。
  8. ^ この曲では『ペクチェ (百済)』名義。
  9. ^ 過去にはナチスを思わせる帽子で写真に収まったリーダーのRMが非難を受けている。
  10. ^ 日本でいうウェブマスターのこと。

出典

  1. ^ K-POP=アイドルではない/古家正亨さんインタビュー 前編”. 日刊スポーツ. 2018年4月2日閲覧。
  2. ^ http://blog.daum.net/urangg/197
  3. ^ http://yurajun.tistory.com/3064
  4. ^ a b The Record 2009-08 Vol.597 特集「2008年 世界の音楽産業」社団法人日本レコード協会。数値はIFPI「Recording Industry In Numbers 2009」)
  5. ^ 2011年9月20日 朝日新聞『韓流番組、なぜ増えた? TV局「自前より安い」・韓国「輸出」に力』
  6. ^ K-POP Night in Japan 2010(韓国文化院)
  7. ^ [芸能]K-POPの競争力強化支援へ、韓国政府(統一日報 2011年6月22日)
  8. ^ a b “ジャパンエキスポに韓国が介入? 山田五郎のラジオ解説が波紋”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2011年7月10日). http://www.j-cast.com/2011/07/10100988.html?p=all 2015年8月27日閲覧。 
  9. ^ etnews
  10. ^ cnngo
  11. ^ a b それでもなぜK-POPは世界を制したのか。韓国アイドルが政治を語り始めた理由”. Business Insider Japan (2018年11月25日). 2019年9月7日閲覧。
  12. ^ a b c d e 防弾少年団を「反日」にした「愛国ティナー」の圧力”. SmartFLASH. 光文社 (2018年11月20日). 2019年9月6日閲覧。
  13. ^ a b c d 原爆にナチス…火種抱えた「防弾少年団」は大統領のお気に入り”. SmartFLASH. 光文社 (2018年11月13日). 2019年9月6日閲覧。
  14. ^ 「KARA」、竹島問題質問に「沈黙」 韓国メディアから批判浴びる”. J-CASTニュース. ジェイ・キャスト (2012年8月24日). 2019年9月6日閲覧。
  15. ^ ソルヒョン(AOA)、「安重根」わからず…視聴者から非難殺到で謝罪”. WoW!Korea (2016年5月13日). 2019年9月6日閲覧。
  16. ^ 「BIGBANG」G−DRAGONの海外公演での衣装に旭日旗?韓国ネットで物議”. Record china (2017年8月10日). 2019年9月7日閲覧。
  17. ^ ヒョナ-ヒョンスン、旭日旗ペアTシャツ論争「コンセプトは?」”. 中央日報日本語版 (2013年11月27日). 2019年9月7日閲覧。
  18. ^ BIGBANG、BEAST、少女時代……韓国の若者は、なせ“旭日旗アレルギー”に燃料を投下してしまうのか”. サイゾー (2016年8月18日). 2019年9月7日閲覧。
  19. ^ a b 韓国“K-POP”は反日ソングだらけ! あの『少女時代』までも反日ソングを歌う - ガジェット通信” (日本語). ガジェット通信 (2010年8月31日). 2011年10月15日閲覧。
  20. ^ 日本入国拒否された歌手イ・スンチョルの「独島コンサート」とは?”. 中央日報日本語版 (2014年11月11日). 2019年9月6日閲覧。
  21. ^ "日本入国拒否"イ・スンチョルの「その日に」、音源配布4日で5万件の反応”. WoW!Korea (2014年11月18日). 2019年9月6日閲覧。
  22. ^ 防弾少年団、秋元康さんとのコラボ断念 韓国で批判”. 朝日新聞 (2018年9月17日). 2019年9月6日閲覧。
  23. ^ TWICE日本人メンバーがバッシングされるなか『FNSうたの夏まつり』に東方神起、IZ*ONEが出演 日本での反響は?”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年7月26日). 2019年9月6日閲覧。
  24. ^ BTS(防弾少年団)が日本で活動できなくなる? 韓国向け輸出規制への反発で噂される対抗処置”. 日刊サイゾー (2019年7月14日). 2019年9月6日閲覧。
  25. ^ a b c d BTSの"マスター"、相次ぐ活動休止の背景 K-POPシーン独自の文化を解説1”. Real Sound (2019年6月6日). 2019年9月7日閲覧。
  26. ^ a b c d BTSの"マスター"、相次ぐ活動休止の背景 K-POPシーン独自の文化を解説2”. Real Sound (2019年6月6日). 2019年9月7日閲覧。
  27. ^ a b c d K-POPアイドルを追う“チクドク”と過激な“サセン”の違い1”. NEWSポストセブン. 小学館 (2018年1月12日). 2019年9月7日閲覧。
  28. ^ a b c K-POPアイドルを追う“チクドク”と過激な“サセン”の違い2”. NEWSポストセブン. 小学館 (2018年1月12日). 2019年9月7日閲覧。
  29. ^ 大好きなアーティストを1位に ストリーミング回数を操作する熱狂的ファンたち BuzzFeed News 2018年10月25日
  30. ^ 防弾少年団(BTS)全米1位獲得は“チャート不正操作”だった? 空前の快挙があぶり出した「K-POPの闇」 Nifty news 2018年9月30日
  31. ^ KRIS(元EXO)に米iTunesチャートの順位操作疑惑…不正行為と見なされビルボード順位から除外 wow korea 2018年11月8日
  32. ^ 「原爆Tシャツ」「ナチス帽」で苦境のBTS 全米1位の裏にある“異常”な実態 (2/5) ITメディアビジネス 2018 11月15日
  33. ^ 国会が小中女子グループ所属事務所を呼んだ理由は…”. 中央日報 (2010年9月30日). 2010年12月31日閲覧。
  34. ^ KBS「未成年ガールグループの衣装-ダンス規制を準備中」”. 中央日報 (2010年10月18日). 2010年12月31日閲覧。
  35. ^ 青少年芸能人の過剰露出・扇情性…政府が規制へ”. 中央日報 (2010年11月9日). 2010年12月31日閲覧。
  36. ^ 【写真】少女たちの果敢な露出”. 中央日報 (2010年12月10日). 2010年12月31日閲覧。
  37. ^ 少女時代-KARA、法的措置を取るか?「強固に対応」 X SPORTS NEWS 2011年1月13日
  38. ^ 韓流中傷の日本漫画がネットに 事務所「強気の対応」表明 朝日新聞 2011年1月14日
  39. ^ 「K-POPの流行は韓国政府が操作した詐欺」…日本放送中央日報2011年2月28日
  40. ^ 高岡蒼甫「ここはどこの国だよ!」韓流ドラマばかりのテレビ局批判、2011年7月25日 J-CASTニュース、2011年7月28日閲覧。
  41. ^ 『フジテレビ(8ch)は韓国のテレビ局か』高岡蒼甫氏(@tkok_sosk_8228)一連の発言まとめ、7月24日までの
  42. ^ フジテレビの韓流騒動について、2011年08月15日
  43. ^ 「韓流が嫌なら見るな」は間違っている 作家・深水黎一郎がフジ騒動を分析、J-CASTニュース 2011年8月17日
  44. ^ a b 8・21フジテレビ韓流ゴリ押し・偏向報道抗議8000人デモのまとめ、ガジェット通信2011.08.21
  45. ^ NEWSポストセブン 2011.08.22配信
  46. ^ 【お台場デモ】8.21フジテレビ包囲、TV放送の正常化を求める運動[桜H23/8/22 ]
  47. ^ 朝日新聞 2011.9.1朝刊 37面
  48. ^ 도쿄 '반한류 시위' 1천명 운집‥"심상찮다"、MBC.2011.8.21
  49. ^ ロンドンオリンピックの歌手投票でK-POPを抜き初音ミクが1位に! 2位以下はK-POP続き
  50. ^ YOUTUBE.Emma Stone Is Obsessed With K-Pop - CONAN on TBS 2015-07-15.
  51. ^ Korean Group Ranks 2nd in Billboard Chart”. Korea Times (2007-11-10). 2011年7月16日閲覧。
  52. ^ Yoon, Lina. (2010-08-26) K-Pop Online: Korean Stars Go Global with Social Media. TIME. Retrieved on 2011-02-20.
  53. ^ Mrkic, Mike (2011年2月26日). “Korean pop the next big thing?”. Star Observer. 2011年2月27日閲覧。
  54. ^ billboard HOT 100 2012-10-6
  55. ^ Q.韓国でのレコードの種類を教えてください。「シングルアルバム」や「正規アルバム」って何?、もっと!コリア - 2020年8月1日閲覧。
  56. ^ 過去に所属にしていたアーティストも含まれています




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「K-POP」の関連用語

K-POPのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



K-POPのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのK-POP (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS