BiS 略歴

BiS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/17 07:48 UTC 版)

略歴

第1期

2010年
  • 10月 - 公開メンバー選考オーディション。
  • 11月 - 活動を開始[10]
2011年
  • 2月4日 - morph-tokyo(六本木)『オンナノコノウタ』にて初ライブ。
  • 2月12日 - 吉祥寺CLUB SEATAにて開催されたイベント"痛音presents『バレンタインハートフルライブ2011〜感謝をこめて〜』"に急遽出演。
  • 3月19日 - バンキンヤ(秋葉原)『アイドルキュレーション☆Night』 にて「パプリカ」を初披露。歌のパートがあるメンバー以外は全編通じてヘッドバンギングを続ける振り付けが衝撃を与える(後に準備体操から始まるバージョンに変更)。
  • 3月23日 - アルバム『Brand-new idol Society』でつばさレコーズよりCDデビュー。レコ発イベント『新生アイドル研究会 報告会DX』を阿佐ヶ谷ロフトAにて開催。
  • 4月24日 - 初の自主企画ワンマン・ライヴ『God save the BiS』を中野 heavysick ZEROにて開催。メンバーのキスマーク入りのチケットが準備され[11]、約80枚のチケットをソールドアウト。ライブ中、代表曲nerveを4回披露したことに加え(オープニングにて3回連続で披露された)、メンバーのプー・ルイとナカヤマ ユキコがステージ上で「パプリカ」PVで見せたディープキスを再現。
  • 5月5日 - タワーレコード新宿店にてインストアライブを開催[12]
  • 6月2日 - ヨコヤマリナの脱退を公式HPで発表。その号外をメンバーが配布。
  • 6月24日 - 『下北沢SHELTER異種格闘』を以てヨコヤマリナが脱退。
  • 7月9日 - 下北沢SHELTERにおける『NEVER MIND THE BiS』にてテラシマユフが加入[13]
  • 10月29日 - 下北沢SHELTERで『BiSのハロウィン/パーティー』開催。謎の大物DJ nozomiがイベントを大いに盛り上げる[14]
  • 12月20日 - 2011年の目標であった恵比寿リキッドルームでのワンマンライブ『IDOL is DEAD』を開催。一曲目の「nerve」を披露後、ナカヤマ ユキコが脱退を表明[15]
  • 12月31日 - 下北沢SHELTERにおける「SHELTER 20th ANNIVERSARY『THE FINAL OF 2011〜第1部〜』」にてナカヤマ ユキコが脱退[16]
2012年
  • 3月24日 - 新宿ロフトプラスワンでCDデビュー1周年イベント『全曲踊ろうぜみんな。あと乾杯しよう。』を開催。その場で渡辺マネージャーが涙ながらにディレクター降板を発表。「IDOL騒動」の発端となる。
  • 4月15日 - 下北沢SHELTER、ワンマンライブ『Killer BiS』で新メンバーワキサカユリカ、ミチバヤシリオの加入とavex traxへのレコードレーベル移籍を発表する[17]
  • 5月20日 - 堀江GOLDEEにて初の大阪ワンマン『OK BiS』(昼夜2回公園)を開催[18]
  • 7月18日 - avex traxよりマキシシングル「PPCC」でメジャー・デビュー
  • 7月20日 - 同日正午から翌21日正午まで、ドン・キホーテ新宿店で『愛DOLはみんなを疲弊させる!? 24時間耐久フリーライブ&握手+チェキ会』を開催[19]。この模様はニコニコ生放送で24時間生中継された。
  • 10月21日 - 赤坂BLITZでの初のワンマンライブ『IDOL is DEAD Repetition』を開催。2013年3月16日に両国国技館でワンマンライブを行う事が発表された[20]
  • 11月18日 - 四谷アウトブレイクで開催されたイベント『自家発電Vol.00』で、ノイズバンド非常階段とのコラボユニット「BiS階段」としてライブ。ライブ中にBiSのメンバーが鳥の臓物や生麺を客席へ投げ込むパフォーマンスを披露。以後、BiS階段としてのライブ活動もたびたび行うようになる。
2013年
  • 1月27日 - 新宿・風林会館での都内最大の女装ニューハーフイベント『プロパガンダ』に出演。1時間ステージで13曲を披露。機材トラブルでライヴが一時中断というハプニングもあったが、ここぞとばかりにマネージャーがステージに登場し、テキーラショット2発+脱衣で事無きを得た[21]
  • 2月6日 - ワキサカユリカの脱退が公式HP及びワキサカユリカのブログで発表される。
  • 3月16日 - 両国国技館でワンマンライブ『WHO KiLLED IDOL?』を開催。ワキサカユリカがこの公演を以って脱退。「2階席以外は満員」の4000人が集まる。
  • 4月12日 - テラシマユフの脱退が公式HP及びテラシマユフのブログで発表される。
  • 5月26日 - 渋谷Club Asiaにてワンマンライブ『BiS4』、『BiS48』を開催。『BiS4』をもってテラシマユフがBiSを脱退した。また『BiS48』では新メンバー(テンテンコ、カミヤサキファーストサマーウイカ)の発表と、その新メンバーを加えて6人体制でのライブが行われた。
  • 8月16日 - ミチバヤシリオの脱退が公式HP及びミチバヤシリオのブログで発表される。
  • 8月17日 - DDTプロレスリング主催のDDT万博〜プロレスの進歩と調和〜で、プー・ルイ福田洋とシングルマッチを戦う。この戦いは金的ありルールとして実施された。
  • 9月1日 - Zepp DiverCityにてワンマンライブ『IDOL SUiCiDE』を開催。渡辺淳之介から15000人の会場仮押さえ、及び各メンバーに会場を埋めるための案10000字以上を書くように命じる(後に課題未達成により会場キャンセル)。
  • 9月20日 - 同日正午から翌21日正午まで、渋谷COCONUTS LOUNGEで『愛DOLはみんなを疲弊させる!? 24時間耐久フリーライブ&特典会 Repetition』を開催。特典会では握手会、チェキ会に加え、ケツバット会、ビンタ会、ハグ会、罵倒会、高政あーん会、ナース姿でのローション握手会等を開催。カミヤサキが“24時間100キロマラソン”への挑戦を発表。またこのイベントだけでシングル「Fly/Hi」を7000枚以上売り上げ、翌日のオリコンデイリーチャートの2位を記録。
  • 9月22日 - おながわ秋刀魚収獲祭2013の出演をもって、ミチバヤシリオがBiSを脱退。
  • 10月27日 - KBS京都で行なわれたフェス『ボロフェスタ』で、ノイズバンド非常階段、ロックバンドソウル・フラワー・ユニオンとの合体バンド「ソウルフラワーBiS階段」が実現し、ソウル・フラワー・ユニオンの代表曲「海行かば 山行かば 踊るかばね」、ニューエスト・モデルの代表曲「こたつ内紛争」が演奏され、宮城県女川町の「蒲鉾本舗・高政」の蒲鉾が客席に投げ込まれた。
  • 11月5日 - 二子玉川ライズ・ガレリアにて開催されたイベント『HOT DENPO FESTIVAL 2013』にて、コシノジュンコが正式加入。同イベントのテーマソング「恋する電報Japan」を披露。また、コシノジュンコの終身名誉メンバー就任を発表。
  • 11月10日 - 新木場STUDIO COASTにて開催された『TOKYO BOOTLEG 7th Anniversary』で、コショージメグミの加入を発表。
  • 12月3日 - 広島ナミキジャンクション公演を皮切りに、全国ツアー『BiS after all』がスタート。このツアーでは車中泊と自炊が義務付けられ、ファンからの差し入れや買い食いなども一切禁止となる。またこのツアーの模様が密着撮影され、「ODD FUTURE」のミュージック・ビデオとして公開される。
2014年
  • 1月11日 - 代々木公園野外ステージにて『BiSの野外極寒ライブ〜ライブは寒風摩擦〜』と題した野外ライブを開催。かねてよりこの日のライブで今後のグループに関する重大発表をするとアナウンスしていたが、諸事情により発表が出来なくなり、メンバーが悔し涙を流すという事態が発生。
  • 2月12日 - 新宿ステーションスクエアにて『伝えたいことがあるんだ』と題したフリーライブを開催。2014年7月8日に横浜アリーナで行われるワンマンライブ『BiSなりの武道館』でのグループ解散を正式発表。フリーライブは「nerve」「レリビ」の2曲で中止となる。
  • 3月22日 - 渋谷O-WESTで行なわれた『闇鍋音楽祭』で、2度目の「ソウルフラワーBiS階段」が実現し、ソウル・フラワー・ユニオンの代表曲「海行かば 山行かば 踊るかばね」、ニューエスト・モデルの代表曲「こたつ内紛争」に加えて、ジャックスの「堕天使ロック」、BiSの「nerve」が演奏された。
  • 4月13日 - 那覇output公演を皮切りに、ラスト全国ツアー『THE BiS WHO SOLD THE WORLD TOUR』がスタート。2014年6月30日札幌公演までの全24公演。
  • 7月2日 - 新宿ステーションスクエアにて『最後のお願い』と題したフリーライブを開催。売れ行きが伸び悩む解散ライブ『BiSなりの武道館』の集客を呼びかけ、「nerve」を披露した。フリーライブの前にはメンバーが街宣車に乗って都内を周遊した。
  • 7月8日 - 横浜アリーナで解散ライブ『BiSなりの武道館』を開催。元メンバーのヨコヤマリナ、ナカヤマユキコ、ミチバヤシリオを加えた「nerve」に始まり、全49曲を3時間半かけて歌いきった。最後にメンバーの解散後の活動予定と『元BiSなりのワンマンライブ』開催を発表し、約3年半の活動を締めくくった。会場には約8000人が集結した。
  • 7月9日 - 『元BiSなりのワンマンライブ』開催。

第2期

2016年
  • 9月4日 - 中野heavysickZEROにて、新メンバーを入れての再結成ワンマンライブ『THiS is BiS』を開催。また、オーディションに落選したメンバーのうち5名(のち1名が辞退)[22]がBiSの公式ライバルグループ「SiS」を結成し活動していくことが発表された。その後、SiSは2016年9月25日に中野heavysickZEROにて、お披露目ライブ『THiS is SiS』を開催したが、翌9月26日にスタッフのグループ活動に対する背任行為により活動休止となった[23][24]。10月6日には、渡辺淳之介のTwitter上に公開された動画[25]で、SiS元メンバーのうち3名のGANG PARADEへの加入とWACK所属、さらに11月13日に東京・新宿BLAZEで開催のGANG PARADEワンマン・ライブ「Barely Last」でお披露目されることが発表された[26][27]
  • 11月20日 - 下北沢SHELTERにて、ワンマンライブ『Brand-new idol Society』を開催[28]。このライブでは、2017年2月22日に2ndアルバムを発売することと、1月から全国6都市を回る『Re:STUPID TOUR』を行うことが発表された[29]
2017年
  • 3月28日 - 同日から4月2日まで開催されたWACK合同オーディション最終審査に、プー・ルイとアヤ・エイトプリンスが参加。4月2日に横浜赤レンガ倉庫イベント広場で行われたフリーイベント「WACK EXHiBiTiON」でオオショージメグミ(パン・ルナリーフィ)とヒラノノゾム(ももらんど)のBiS加入、アヤ・エイトプリンスとGANG PARADEのカミヤサキが、5月から9月末までの期間限定でレンタルトレードすることが発表された[30]。また、パン・ルナリーフィとももらんどは、5月30日にLIQUIDROOMで行われた「BAD SOCiAL TOUR」初日公演でお披露目された[31]
  • 8月6日 - ペリ・ウブの体調不良により、東京・赤坂BLITZで開催が予定されていた「BAD SOCiAL TOUR」最終公演「IDOL is DEAD」が10月6日に延期が決定したのを受け、GANG PARADEとBiSHが出演する代替公演「SORRY!! NEXT BiS ONEMAN is 10.6!!」を開催[32]。同公演にて10月から、GANG PARADEとBiSのツーマン・ツアー「HELL!! CLASH!! BREAK!! TOUR」開催と、当初9月末までを予定していたアヤ・エイトプリンスとカミヤサキのレンタルトレード期間の無期限延長決定が併せて発表された[33]
  • 8月7日 - ペリ・ウブの体調不良により、8月16日に予定されていたシングル「I can't say NO!!!!!!!」の発売日が10月4日に延期されることが発表された[34]
  • 9月15日 - プー・ルイがダイエット企画「DiET or DiE」の失敗に伴い、2017年9月16日より活動休止[35]
  • 10月2日 - BiSH、BiS、GANG PARADEメンバーからなるシャッフルユニット・SAiNT SEXの結成を発表。ユニットにはBiSHのアイナ・ジ・エンドとアユニ・D、BiSのプー・ルイとカミヤサキ、GANG PARADEのユメノユア、ヤママチミキ、アヤ・エイトプリンスが参加[36]
  • 10月6日 - ワンマンライブ「IDOL is DEAD」延期振替公演を東京・赤坂BLITZで開催。ライブの途中、ステージ上のカミヤサキからの呼びかけに応える形で会場にいたプー・ルイがステージに上がり、そのまま復帰[37]。併せて日本クラウンのレーベル・CROWN STONESより2度目のメジャーデビューと、2018年1月より東名阪ツアーの開催を発表[38]
  • 10月18日 - SAiNT SEXの“Tシャツ付きシリアルナンバー入りCD”「WACK is FXXK」を、タワーレコード限定で2000枚での限定生産にてリリース[36]
  • 12月6日 - BiSH、BiS、GANG PARADE、EMPiREのマネジメントを行うWACKと、WACK所属アーティストらの楽曲制作を手がける松隈ケンタ率いるSCRAMBLESの設立3周年記念アルバム『WACK & SCRAMBLES WORKS』発売。BiSH、BiS、GANG PARADE、EMPiREのシャッフルメンバーによるカバー8曲に加え、SAiNT SEX「WACK is FXXK」、EMPiREの初CD音源も収録[39]
  • 12月8日 - 東京・Zepp DiverCity TOKYOで開催された所属事務所WACKの主催イベント「WACKのフェス。」に出演。SAiNT SEXが持ち曲「WACK is FXXK」をパフォーマンス。終了後にWACK代表の渡辺がステージに登場し、SAiNT SEXの解散を発表。この日の公演が同ユニットのラストライブとなった。さらにアヤとカミヤのレンタルトレードを2018年3月3日で解除することを発表。3月4日に東京・両国国技館で行われるワンマンライブ「BiS 2nd BEGiNNiNG TOUR FiNAL WHO KiLLED IDOL??」にGANG PARADEも登場し、“レンタルトレード終了の儀”を行うことが宣言された[40]
2018年
  • 1月6日 - 東京・中野heavy sick ZEROで行われた東名阪ツアー「BiS 2nd BEGiNNiNG TOUR」の初日公演にて、プー・ルイが3月4日に東京・両国国技館で行われるワンマンライブ「BiS 2nd BEGiNNiNG TOUR FiNAL WHO KiLLED IDOL??」をもってグループを脱退することをプー・ルイ本人が発表[41]
  • 3月4日 - 東名阪ツアー「BiS 2nd BEGiNNiNG TOUR」のツアーファイナルとなるワンマンライブ「BiS 2nd BEGiNNiNG TOUR FiNAL WHO KiLLED IDOL??」を、東京・両国国技館で開催。BiSとGANG PARADEのメンバーが渡辺と共に登場し、“レンタルトレード終了の儀”が執り行われたほか、本公演をもってBiSの発起人であるプー・ルイがグループを卒業[42]
  • 3月6日 - 合宿型オーディション「WACK合同オーディション2018」実施が発表され、3月12日から18日まで行われるこの合宿に、BiSよりペリ・ウブとパン・ルナリーフィが参加。合宿の模様は、ニコニコ生放送で生中継されることが決定した[43]
  • 3月7日 - 2度目の“メジャーデビュー”となる両A面シングル「WHOLE LOTTA LOVE / DiPROMiSE」をリリース。「WHOLE LOTTA LOVE」はプー・ルイおよび3月4日公演をもってGANG PARADEへと籍を戻すカミヤサキは不参加で、カミヤとレンタルトレードしていたアヤ・エイトプリンスを加えた新体制BiSの楽曲。一方「DiPROMiSE」はプー・ルイの卒業をテーマにしたナンバーで、プー・ルイ、カミヤサキがBiSのレコーディングに参加したラストソングとなる[44]
  • 3月18日 - 大阪・大阪城音楽堂にて、WACK所属グループが一堂に会するフリーイベント「WACK EXHiBiTiON」開催。このイベント内で「WACK合同オーディション2018」の結果が発表され、BiSにはアユナ・C(ムロパナコ)、オレンジコバンパイア(ネル・ネール)、チョウショージメグミ(ミュークラブ)、ガミヤサキ(のちに加入辞退)、セントチヒロ・テッテ(トリアエズ・ハナ)が合格。EMPiREのYUiNA EMPiREが5月1日の東京・マイナビBLITZ赤坂でのワンマンを最後にBiSへ完全移籍。また“Jリーグ方式”を取り入れ1stと2ndに分裂となり、1stにはパン・ルナリーフィ、ももらんど、ゴ・ジーラ、セントチヒロ・テッテ、ガミヤサキ、オレンジコバンパイア、2ndにはペリ・ウブ、アヤ・エイトプリンス、キカ・フロント・フロンタール、アユナ・C、チョウショージメグミ、YUiNA EMPiREが所属。さらに7月4日に新体制初となるニューシングルのリリースも決定した[45]
  • 4月15日 - 1年をかけて47都道県を回るツアー「I don't know what will happen TOUR」スタート[42]。同日、ツアー概要第2弾として6、7月の19公演が発表され、ツアー第2弾はすべて昼夜2公演で、昼はBiS2nd、夜はBiS1stの公演となった。これにより、BiS1stとBiS2ndの2チームに分裂した新体制での活動が本格化することとなった[46]
  • 4月20日 - ももらんどが精神的にも肉体的にも疲労が重なったことから、BiSとして活動をしていくことが困難な状況と判断され、脱退することが発表された[47]
  • 5月15日 - 「WACK合同オーディション2018」を経て、BiSに加入した新メンバーの名前とTwitterアカウントを解禁。なお、EMPiREから移籍したYUiNA EMPiREは名前を変更せずに活動することになった[48]
  • 6月2日 - 「I don't know what will happen TOUR」第2弾公演初日(金沢AZ)より、BiS1st(ビスファースト)、BiS2nd(ビスセカンド)の2部制「BiS.LEAGUE」を導入。ツアー会場でのグッズ購入者を対象とした第1回「BiS.LEAGUE」投票受付開始[49]
  • 7月3日 - 東京・代々木公園野外ステージでフリーライブ「YOYOGi Don't miss it!!」開催。オープニングアクトとして登場したBiS2ndが「レリビ」をパフォーマンスし、BiS1st・BiS2ndの10人がそれぞれステージで「BiS.LEAGUE」への投票を呼び掛けるアピールタイムが設けられた後、BiS1stがライブを行った[50]
  • 7月4日 - シングル「Don't miss it!!」リリース。シングルに封入される、シリアルナンバー付きの「BiS.LEAGUE券」でファンが応援するメンバーに投票を行い、その得票数の1位〜5位が次作のBiS1st、6位〜10位がBiS2ndとして活動することになるメンバー入れ替え戦「BiS.LEAGUE」が開幕[51][52]。その後、渡辺が「今回の分け方のはまりがすごく良かったので」として、次作も1位〜4位がBiS1st、5位〜10位がBiS2ndとする構成人数の変更を発表した[53]
  • 7月31日 - ニコニコ生放送で第1回「BiS.LEAGUE」集計結果を発表[54]。1位は7265票を獲得したゴ・ジーラ。以下、アヤ・エイトプリンス(6752票)、パン・ルナリーフィ(6579票)、トリアエズ・ハナ(6411票)の4名が次期1st、キカ・フロント・フロンタール (6141票)、ペリ・ウブ(5780票)、YUiNA EMPiRE(2343票)、ムロパナコ(1878票)、ネル・ネール(1735票)、ミュークラブ(1329票)の6名が次期2ndに所属することが決定した[55]。また次期よりキャプテン制が導入され、1stはゴ・ジーラ、2ndはムロパナコがそれぞれ就任。さらにゴ・ジーラには、1stの次作に収録される楽曲の作詞権が与えられた[56]
  • 8月4日 - TOKYO IDOL FESTIVAL2018に出演。2ndは「BiSBiS」を3回歌唱後、GANG PARADEの「GANG 2」を歌唱[57]。1stは「BiSBiS」を5回歌唱後、GANG PARADEの「Plastic 2 Mercy」を歌唱[58]
  • 11月14日 - シングル「アゲンストザペイン」リリース。前作同様、1stは3形態、2ndは通常盤のみの1形態。1st完全生産限定盤は2000枚の数量限定生産で、第1回「BiS.LEAGUE」で1位を獲得したゴ・ジーラ作詞の「イツカヤラレルゾ」に加え、BiS1stメンバーによる「アゲンストザペイン」ソロ歌唱バージョンのCDを封入[59]。また今作に合わせて第2回「BiS.LEAGUE」開催。投票には「アゲンストザペイン」各形態の初回生産分に封入されている「BiS.LEAGUE券」またはライブ会場でのグッズ購入者に配布される投票券が必要。投票期間は、11月12日20:00から12月25日20:00までの約1カ月半[60]。その期間中、計12回にわたって中間結果がアナウンスされ、最終的な投票結果は、12月29日に東京・Zepp Tokyoで行われる47都道府県ツアー「I Don't Know What Will Happen TOUR」の最終公演にて発表[61]
  • 12月29日 - Zepp Tokyoで「I Don't Know What Will Happen TOUR」の最終公演ならびに第2回「BiS.LEAGUE」集計結果を発表。これらの模様はニコニコ生放送でも生中継された[62]。1位は8727票を獲得したゴ・ジーラが連覇。以下、アヤ・エイトプリンス(8540票)、キカ・フロント・フロンタール (8350票)、ペリ・ウブ(8319票)、パン・ルナリーフィ(7943票)、ミュークラブ(6044票)、ネル・ネール(4876票)、YUiNA EMPiRE(4630票)、ムロパナコ(4374票)、トリアエズ・ハナ(3223票)となった。これにより上位4名が次期1st、下位6名が次期2ndに所属するはずだったが、同時に「BiS.LEAGUE」を廃止し10人体制となる事が発表された。さらに、アヤ・エイトプリンス、ネル・ネール、YUiNA EMPiRE、ムロパナコ、トリアエズ・ハナの5名が戦力外通告を受け、新シングル発売後に処遇が決定することとなった[63]
2019年
  • 1月1日 - ネル・ネールが精神的にも肉体的にも疲労が重なったことから、BiSとして活動をしていくことが困難な状況と判断され、脱退することが発表された[64]
  • 1月3日 – マイナビBLITZ赤坂で行われた「WACKなりの甲子園」のアンコールで、渡辺淳之介から「WACK合同オーディション2019」の開催が発表され、BiSからは戦力外通告されたアヤ・エイトプリンス、YUiNA EMPiRE、ムロパナコ、トリアエズ・ハナの参加が決定した[65]
  • 2月3日 - WACK主催の全国ツアー「Going Going WACK TOUR」の大阪・なんばHatch公演にて、4月から5月にかけて全国ツアー「BiS Are you ready to go? TOUR」開催を発表[66]
  • 3月1日 - 日本クラウン内に設立されたレーベル「Revolver records」への参加を発表。3月20日リリースのシングル「Are you ready?」が、Revolver records第1弾作品となった[67]
  • 3月18日 - 3月20日リリースの4thシングル「Are you ready?」発売を記念して合計69時間に及ぶライブイベント「BiSなりの69フェス。〜Are you ready to 69H?」を22日までの5日間、東京近郊の複数箇所で開催。このイベントは「Are you ready?」購入者を対象としたもので、ライブと特典会を1時間セットで繰り返し実施することを基本とし、5日間で合計69時間・全17部にわたって行われた[68]。69時間の中にはBiSメンバーと研究員の健康を配慮して寝食を共にする食事や睡眠の時間も設けられた[69]。またイベント初日の開会式にはレーベルメイトの歌謡コーラスグループ純烈がサプライズで応援に駆けつけた[70]
  • 3月30日 - 長崎・壱岐の島ホールでの「WACK EXHiBiTiON」にて、『Are you ready to go? TOUR』のツアーファイナルである5月11日のマイナビBLITZ赤坂公演をもって解散することが発表された。現メンバー9名から解散の申し入れがあったため、受理したという。また、WACK代表・渡辺より再結成オーディションの開催がアナウンスされ、応募資格は18〜28歳の女性。経験不問で特定のレコード会社やプロダクションと契約のない人、在籍者は4月30日までに事務所等契約解除通知が証明できる人、そして第1期BiSの活動を理解できる人が対象となっている[8]
  • 5月11日 - 東京・マイナビBLITZ赤坂で行われたワンマンツアー「Are you ready to go? TOUR」のツアーファイナルをもって解散。終演後、WACK代表の渡辺が9人の今後について発表を行い、ゴ・ジーラおよびキカは事務所契約を即時解除。パン、ムロ、YUiNAは契約を継続。アヤ、ミュークラブ、ハナ、ペリは事務所との契約が即時解除となるが、この4人は活動を継続したいとの意思表示があり、4人の今後について「野球でいう、いわゆる“FA宣言”をさせていただきます。移籍金、契約金なし、金的保証なし。即時活動可能です。ご興味ある事務所の方はfa@wack.jpまで。期限は5月末日になります。なおFAメンバーの残留は認めません」と説明した[71]

第3期

2019年
  • 6月11日 - 第3期始動。メンバーの発表とともに、赤目と鼻血が加工された顔面のアーティスト写真が公開された[9]
  • 7月21日・27日・28日 - 「BiS研究員補完計画」を実施。メンバー5名が全国に散らばり、3日間をかけて全76店舗あるタワーレコードおよびTOWERminiを訪店し、アルバム「Brand-new idol Society」の収録曲がダウンロードできるQRコード入りのフライヤーを配布[72][73]
  • 7月30日 - アルバムのリード曲「BiS-どうやらゾンビのおでまし-」のMVが公開。ただしメンバーのフォロワー目標数が未達成だった為、全編にわたって画面全体にモザイク加工が施された状態での公開となった[74]
  • 8月2日 - メンバー全員がフォロワー目標数15000人を達成し、加工なしの顔面が公開された[75]
  • 8月4日 - TOKYO IDOL FESTIVAL2019でWACKメンバーが出演するスペシャルプログラム「WACK presents DREAMLIGHTS in TIF」にシークレット出演し、初ライブを行った。「STUPiD」「BiS-どうやらゾンビのおでまし-」「thousand crickets」の3曲を披露[76]。同日21時には「BiS-どうやらゾンビのおでまし-」の無修正バージョンMVが公開された他、新たなアーティスト写真、「Brand-new idol Society」の収録曲およびジャケットアートワークが公開された[77]
  • 8月8日 - アルバム未収録の新曲「少年の歌」「Good bye」「kAsAbutA」の無料配信が開始された[78]
  • 8月13日 - CD発売前日に方向性の違い等により、12時を以てマナコ・チー・マナコの脱退が発表された[79]
  • 8月14日 - フルアルバム「Brand-new idol Society」でデビュー[9]
  • 8月18日 - 第3期初のワンマンライブ「THiS is BiS」を中野heavy sick ZEROで開催[80]
  • 9月14日・21日、10月12日 - 第3期初となる東名阪ツアー「PAiNFUL TRiCKY SADiSTiC DEADLY TOUR」を9月14日に東京・下北沢SHELTER、21日に大阪・LIVE HOUSE Pangea、10月12日に愛知・DAYTRIVEで開催。チケットは往復ハガキのみでの応募受付で、抽選はメンバー自身が行い、当落通知はメンバーのサイン入りで返信ハガキが返送された[81]
  • 10月1日 - 新メンバーとしてズズ・デスが加入。赤目と鼻血が加工された顔面のアーティスト写真が公開され、素顔解禁のタイミングは、Twitterフォロワーの増加具合を見ながら渡辺が判断することとなっている[82]
  • 10月7日 - 家庭の事情により活動継続が困難となったため、ズズ・デスが脱退[83]
  • 10月19日・26日・30日、11月16日・17日 - 「BiS研究員増殖計画」を実施。メンバー4名が全国に散らばり、5日間をかけて全76店舗あるタワーレコードおよびTOWERminiを訪店し、11月20日発売のシングルを1枚予約すると来店メンバーとチェキが撮影できる[84]
  • 11月2日・3日 - 「BiS vs CARRY LOOSE対抗駅伝」を実施。BiSとCARRY LOOSEが共催ライブのメインアクトの座を賭け、各グループのメンバー4人とマネージャー2人の計6人によるチーム編成で、東京・渋谷~静岡・熱海間を2日間かけて駅伝方式で往復し、CARRY LOOSEが勝利。なおゴール後には、東京・タワーレコード渋谷店B1F CUTUP STUDIOにて合同リリースイベントが行われた[85][86]
  • 11月20日 - 第3期BiS初のシングル「DEAD or A LiME」をリリース。
  • 11月24日 - 共催ライブイベント「CARRY BiS」を東京・WOMBで開催。「BiS vs CARRY LOOSE対抗駅伝」で勝利したCARRY LOOSEがメインアクト、BiSはオープニングアクトを務めた。なおBiSのライブ終了後には、2020年2月5日に2ndアルバムをリリースすることが発表された[87]
  • 12月28日 - 「DEAD or A LiME」発売を記念して24時間に及ぶライブイベント「Let's have a 24 hour BiS's party」を東京・UNITで開催。このイベントは「DEAD or A LiME」を1枚購入することで入場でき、ライブと特典会を1時間セットとして計24回実施[88][89]
2020年
  • 1月3日 – 「WACK合同オーディション2020」の開催が発表され、BiSからはチャントモンキーの参加が決定した[90](その後、参加メンバーはトギーに変更された)。
  • 1月4日 - 2月3日 - 第3期初となる全国ツアー「"LIVE DAM Ai" presents STAND BY BiS」を8都市で開催[91]
  • 2月5日 - 2ndアルバム「LOOKiE」をリリース[92]
  • 4月30日 - 新曲「IT'S TOO LATE」の無料配信が開始された[93]
  • 5月20日 - 新曲「DESTROY」をゲリラリリース。数量限定でネット上のどこかに販売。
  • 6月17日 - 新曲「CURTAiN CALL」をゲリラリリース。これもまた数量限定でネット上のどこかに販売。
  • 6月20日 - 無観客ワンマンライブ「HEART‐SHAPED BiS IT'S TOO LATE EDiTiON NO AUDiENCE LiVE」を開催。ニコニコでライブの様子を生配信した。持ち曲の30曲をMC無しで歌い切った。
  • 7月8日 - 新曲「イミテーションセンセーション」をカセットテープでゲリラリリース。数量限定でタワーレコード限定販売。
  • 8月19日 - EP「ANTi CONFORMiST SUPERSTAR」をリリース。同日東京と大阪で2班に分かれ[94]、宣伝カーに乗ってゲリラ街頭PRを行った[95][96]
  • 9月9日 - 「HEART-SHAPED BiS IT'S TOO LATE EDiTiON NO AUDiENCE LiVE」の模様を収めた「HEART-SHAPED BiS IT'S TOO LATE EDiTiON NO AUDiENCE LiVE」をインターネット上のどこかでゲリラリリース。メンバーが商品制作を行った完全生産限定のオフィシャルブートレグで、記録媒体にはBlu-rayではなくBlu-ray-Rが使用され、ジャケットには白黒コピーの粗い画質のアートワークが使われており[97]、1000枚限定の同商品は発売直後に完売。その後同日夜に、ライブBlu-ray「HEART-SHAPED BiS IT'S TOO LATE EDiTiON NO AUDiENCE LiVE」を10月14日に正式リリースすることが発表された[98]
  • 10月18日、11月1日・15日・28日、12月6日 - およそ8ヵ月ぶりとなる有観客ワンマンライブ「KiLL YOur WiNTerxxx」を10月18日に愛知・日本特殊陶業市民会館 フォレストホール、11月1日に北海道・札幌文化芸術劇場hitaru、15日に京都・ロームシアター京都、28日に宮城・電力ホール、12月6日に福岡・福岡サンパレスで開催[99][100][101]
  • 11月25日 - 研究員セレクトアルバム「“プロパガンダ”と“PROPAGANDA”」をリリース。数量限定でタワーレコード限定販売[102]
  • 12月18日 - ワンマンライブ「The DANGER OF MiXiNG BiS」を東京・LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)で開催[103]
  • 12月23日 - 新曲「COLD CAKE」をゲリラリリース。数量限定で宮城・セガ仙台、東京・ハイテクランド セガ 渋谷、愛知・セガマーケットスクエアささしま、大阪・セガ難波アビオン、福岡・セガ福岡天神、セガキャッチャーオンラインのクレーンゲームの景品として登場[104]
2021年
  • 1月17日 - 2月14日 - 全国ツアー「KiLLiNG IDOLS TOUR」を10都市で開催[105]
  • 1月29日 - 新曲「COLD CAKE」を再度ゲリラリリース。数量限定でタワーレコード限定販売[106]
  • 2月24日 - 2nd EP「KiLLiNG iDOLS」が日本クラウン内に新たに設立されたBiSのプライベートレーベルである「ULTRA STUPiD RECORDS」よりリリースされる[107]
  • 2月27日 - 渡辺淳之介のTwitterにて「WACK合同オーディション2021」の現役参加メンバーが発表され、BiSからはチャントモンキーの参加が決定した[108]
  • 4月18日・24日・25日 - 学生限定公演「BiSの学園天国」および女性限定公演「BiSのKiSS ME ONLY THE GiRLS」を4月18日に東京・UNIT、24日に大阪・LIVE SQUARE 2nd LINE、25日に愛知・DAYTRIVEで開催[109]
  • 5月26日 - 第3期初の両A面シングル「TOUCH ME / LOVE」をリリース[110]
  • 6月12日 - 9月4日 - 全国ツアー「ENDLESS SUMMER BiS TOUR」を20都市で開催[111]
  • 6月30日 - 宮城・タワーレコード仙台パルコ店限定でBEAT CRUSADERS「IMAGINE?」をカバーしたシングルをゲリラリリース。100枚限定でリリースされ、ジャケットにはメンバー4人が実際に1枚1枚手形を押している[112]
  • 7月6日 - BiSとZOCが7月12日に東京・タワーレコード渋谷店 5Fで合同リリースイベント開催を発表。BiSとZOCはいずれも前日7月5日に、同日同会場である7月12日のタワレコ渋谷店でリリースイベントを開催する旨を告知。タワレコ渋谷店がTwitter公式アカウントにて会場をダブルブッキングしてしまったと謝罪。協議の末に合同リリースイベントの開催することになった[113]
  • 7月12日、BiSとZOCが東京・タワーレコード渋谷店で合同リリースイベントを開催。リリースイベントの模様は現地での観覧のほか、会場に足を運べない人のために配信も行われた[113][114]
  • 7月22日・30日・31日、8月1日 - 開催延期となっていた東北ツアー「ARABAKI×BiS GIP! -GREAT iDOL PURiTANS-」を7月22日に岩手・KESEN ROCK FREAKS、30日に宮城・SENDAI GIGS、31日に宮城・石巻BLUE RESISTANCE、8月1日に岩手・KLUB COUNTER ACTION MIYAKOで開催[115][116]。日高央(Gt. / THE STARBEMS)、津田紀昭(Ba. / KEMURI, THE REDEMPTION)、RONZI(Dr. / BRAHMAN, OAU)をバンドメンバーに迎え、“BiS with ARABAKI 20th CENTURY STUPiD BOYS“として出演した[117]
  • 7月29日 - 福岡・タワーレコード香椎浜店限定でKEMURIの楽曲「PMA (Positive Mental Attitude)」をカバーしたシングルをゲリラリリース。100枚限定でリリースされ、ジャケットにはBiSメンバーが1枚1枚に“足形”を押したデザインが採用された[118]
  • 8月30日 - 奈良・タワーレコード橿原店限定でBRAHMANの楽曲「BASIS」をカバーしたシングルをゲリラリリース。100枚限定でリリースされ、ジャケットにはBiSメンバーが1枚1枚に“顔拓”を押したデザインが採用された[119]
  • 10月4日 - タワレコ渋谷店にて11月3日にBiSとZOCによるスプリットシングル「割礼GIRL / BEGGiNG」がタワーレコード限定で発売され、11月に東名阪対バンツアー「BiS×ZOC presents We are BZ tour」の開催を告知した[120]
  • 11月4日 - ナノ3が加入[121]
2022年
  • 2月18日 - トギーが無期限で活動休止をすることが発表された[122]
  • 2月23日 - シングル『DA DA DA DANCE SONG』をリリース[123]
  • 7月6日 - シングル『Hey boy hey girl』をリリース。
  • 7月18日 - 新宿マルイメン 屋上イベントスペースで開催された4th SG「Hey boy hey girl」発売記念 リリースイベントをもってチャントモンキーが脱退[124][125]
  • 8月6日 - 「TOKYO IDOL FESTIVAL 2022」にてトギーが復帰。BiSの出演はアナウンスされていたが、復帰についてはアナウンス無しという電撃復帰であった[126]
  • 10月14日 - ヒューガーが加入[127]

2023年

  • 1月8日 - イトー・ムセンシティ部、ネオ・トゥリーズが日比谷野外音楽堂にて開催された「ESCAPE from BiSimulation」をもって脱退[128][129]
  • 3月25日 - WACK合宿オーディション2023にて候補生のアイカ・ザ・ポリス(イコ・ムゲンノカナタ)、hitorikko(クレナイ・ワールズエンド)、チャンアダルト(シオンエピック)の加入が決定[130]。5月14日に東京・中野heavysick ZEROでのライブ「BiS the REPRODUCTiON LiVE」でお披露目。
  • 7月12日 - シングル『イーアーティエイチスィーナーエイチキューカーエイチケームビーネーズィーウーオム』をリリース[131]
  • 11月8日 - シングル『LAZY DANCE』をリリース[132]

2024年

  • 2月28日 - 3rdアルバム「NEVER MiND」をリリース[133]
  • 3月5日 - シオンエピックが脱退[134]
  • 4月1日 - 運営体制の変更を発表。今後は通常のアイドル活動に加え、メンバー自らプロモーション、イベントブッキングなどのマネジメント業務を担当し、結成当初のモットーである「自給自足」に回帰する[135]

  1. ^ ARTiSTS”. WACK. 2017年6月28日閲覧。
  2. ^ アイドル・グループ構成員増殖計画vol.1”. OTOTOY. 2017年7月2日閲覧。
  3. ^ BiS 新生アイドル研究会サイト powered by syncl”. 2012年6月29日閲覧。[リンク切れ]
  4. ^ ロマン優光 (2015年12月11日). “『TVタックル』地下アイドル特集をみたよ:ロマン優光連載46”. ブッチNEWS. 2017年5月28日閲覧。
  5. ^ a b アイドルなのに野外で全裸、BiSが初シングルの衝撃PV公開”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2011年7月6日). 2011年7月6日閲覧。
  6. ^ 【ライブレポート】BiS、3時間半歌い続けての解散。横浜アリーナ総エヴィゾリ”. BARKS (2014年7月8日). 2015年6月3日閲覧。
  7. ^ BiS再始動!プー・ルイが新メンバー募集し11月にアルバム発売”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年7月8日). 2016年7月8日閲覧。
  8. ^ a b BiSが解散を発表、再結成オーディション開催”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年3月30日). 2019年3月31日閲覧。
  9. ^ a b c 第3期BiS始動!「Brand-new idol Society」で8月デビュー、赤目&鼻血アー写公開”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年6月11日). 2019年6月11日閲覧。
  10. ^ BiS-新生アイドル研究会-:プロフィール・バイオグラフィ・リンク”. BARKS. 2015年6月3日閲覧。
  11. ^ BiSワンマンライブで生キスマーク入りチケット用意”. ナタリー (2011年4月5日). 2012年6月29日閲覧。
  12. ^ BiS、1カ月越しのタワレコイベントに感激&新作コンペも”. ナタリー (2011年5月6日). 2012年6月29日閲覧。
  13. ^ 新メンバーユフ遂にステージへ!新生アイドル研究会BiSワンマンライブフォトレポート@下北沢SHELTER 2011.07.16”. INMUSIC (2012年4月10日). 2012年6月29日閲覧。
  14. ^ 大物ゲストDJがシェルターに参戦!「BiSのハロウィンパーティー」イベントレポート at 下北沢シェルター(動画付き)”. INMUSIC (2011年11月4日). 2012年6月29日閲覧。
  15. ^ ユケの卒業後も2012年に向けて再出発を宣言!BiS念願のリキッドワンマンの舞台に立つ!ワンマンライブ「IDOL is DEAD」”. INMUSIC (2011年12月27日). 2012年6月29日閲覧。
  16. ^ BiS ナカヤマユキコ脱退!そして2012年へダイブ!!(動画コメントあり)”. INMUSIC (2012年1月4日). 2012年6月29日閲覧。
  17. ^ 「BiS メジャーへシャウト!」エイベックス移籍とメンバー加入を発表。ワンマンライブ「Killer BiS」@下北沢シェルター(メンバーコメントあり)”. INMUSIC (2012年4月19日). 2012年6月29日閲覧。
  18. ^ 大阪・北堀江にアイドルの滝汗が飛び散る!BiS大阪初ワンマン「OK BiS」”. INMUSIC (2012年5月22日). 2012年6月29日閲覧。
  19. ^ BiSが24時間連続インストアイベント。満身創痍の「survival dAnce〜no no cry more〜」”. BARKS (2012年7月23日). 2012年7月24日閲覧。
  20. ^ “BiS 運営謝罪でアイドル抗争終結、両国国技館へ”. Billboard JAPAN. (2012年10月22日). https://www.billboard-japan.com/d_news/detail/7878/ 2012年10月22日閲覧。 
  21. ^ “アイドルグループBiS 女装イベント「プロパガンダ」でハプニング”. SPA!. (2013年1月28日). https://nikkan-spa.jp/376879 2013年1月30日閲覧。 
  22. ^ “BiS公式ライバルグループ・SiS(仮)逆襲インタビュー”. Billboard JAPAN. (2016年9月21日). https://www.billboard-japan.com/special/detail/1697 2016年10月6日閲覧。 
  23. ^ Twitter・SiS OFFICIAL - 2016年9月26日 23:00
  24. ^ “BiS公式ライバルグループ・SiS(仮)狂乱デビューライブで負け犬軍団の矜持見せる! しかし活動中止へ”. Billboard JAPAN. (2016年9月27日). https://www.billboard-japan.com/d_news/detail/42391/ 2016年10月6日閲覧。 
  25. ^ JxSxKのツイート(784015467576823808)
  26. ^ ギャンパレ BiS公式ライバルグループ・SiSメンバー電撃加入”. Billboard JAPAN. 株式会社阪神コンテンツリンク (2016年10月6日). 2016年10月6日閲覧。
  27. ^ GANG PARADE『Barely Last』インタビュー”. Billboard JAPAN. 株式会社阪神コンテンツリンク (2016年11月8日). 2016年11月10日閲覧。
  28. ^ BiS【元BiSなりのワンマンライブ】以来の地で示した新しいストーリー「魂を引き継いで歌っていく」”. Billboard JAPAN. 株式会社阪神コンテンツリンク (2016年11月25日). 2016年12月7日閲覧。
  29. ^ 新生BiS、2月に早くも2枚目のフルアルバム”. ナタリー (2016年12月8日). 2016年11月20日閲覧。
  30. ^ BiSに新メンバー2名加入、アヤとギャンパレ・カミヤのトレードも”. ナタリー (2017年4月2日). 2017年4月18日閲覧。
  31. ^ BiSツアー初日に新メンバーお披露目、Twitterアカウントも開設”. ナタリー (2017年4月8日). 2017年4月18日閲覧。
  32. ^ BiS赤坂ワンマンがペリ・ウブ急病で延期、BiSHとギャンパレが代替公演”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2017年8月3日). 2017年8月3日閲覧。
  33. ^ a b c BiSとギャンパレがツーマンツアー開催、アヤ&カミヤサキのレンタルトレードは無期限延長”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2017年8月6日). 2017年8月6日閲覧。
  34. ^ a b BiSニューシングル、ペリ・ウブの体調不良受け発売延期”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2017年8月7日). 2017年8月7日閲覧。
  35. ^ a b BiSのプー・ルイが活動休止”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2017年9月16日). 2017年9月18日閲覧。
  36. ^ a b BiSH、BiS、GANG PARADEメンバーからなるSAiNT SEXが「WACK is FXXK」発売”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2017年10月2日). 2017年10月2日閲覧。
  37. ^ a b プー・ルイ帰還で5回連続「パプリカ」、メジャーデビューも発表のBiS赤坂BLITZ”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2017年10月7日). 2017年10月7日閲覧。
  38. ^ BiSが2度目のメジャーデビュー、両国国技館含む東名阪ツアーも”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2017年10月6日). 2017年10月6日閲覧。
  39. ^ BiSH、BiS、ギャンパレ、EMPiREメンバーがシャッフル”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2017年10月17日). 2017年10月17日閲覧。
  40. ^ a b c BiS、BiSH、GANG PARADE、EMPiRE集結!衝撃発表にざわついた「WACKのフェス。」”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2017年12月9日). 2017年12月10日閲覧。
  41. ^ a b BiSからプー・ルイ卒業、ラストステージは両国国技館”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年1月6日). 2018年2月27日閲覧。
  42. ^ a b c d 「BiSは私の人生の一番の汚点であり、誇りです」BiSからプー・ルイ卒業&新体制スタート”. 株式会社ナターシャ (2018年3月5日). 2018年3月5日閲覧。
  43. ^ 「WACK合同オーディション2018」ニコ生で7日間密着&BiSHアイナら参加”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年3月6日). 2018年3月7日閲覧。
  44. ^ 新体制BiSが放つ「WHOLE LOTTA LOVE」MV&アヤ復帰の6人体制アー写公開”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年2月20日). 2018年2月27日閲覧。
  45. ^ WACKオーディション結果発表!キャン・マイカは改名、BiSは2チームに分裂”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年3月18日). 2018年3月18日閲覧。
  46. ^ 分裂したBiS、47都道府県ツアーでも分裂”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年4月15日). 2018年5月6日閲覧。
  47. ^ a b BiS、ももらんどが本日付けで脱退”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年4月20日). 2018年4月20日閲覧。
  48. ^ 分裂したBiS、1stと2ndの対照的なビジュアル公開”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年5月15日). 2018年5月16日閲覧。
  49. ^ BiSidolのツイート(1002505640076455938)
  50. ^ BiS1stとBiS2nd、代々木公園フリーライブで「BiS.LEAGUE」投票を熱く呼びかけ”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年7月4日). 2018年7月4日閲覧。
  51. ^ BiSメンバー入れ替え戦「BiS.LEAGUE」開幕、新シングル「Don't miss it!!」に投票券”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年4月26日). 2018年5月6日閲覧。
  52. ^ 「Don't miss it!!」封入の「BiS.LEAGUE券」が対象となる投票期間は、2018年7月3日 20:00~2018年7月29日 23:59。
  53. ^ 「BiS.LEAGUE」次作も1stが4名、2ndが6名に「今回のはまりがすごく良かった」”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年7月9日). 2018年7月28日閲覧。
  54. ^ 「BiS.LEAGUE」集計結果発表をニコ生配信”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年7月26日). 2018年7月28日閲覧。
  55. ^ 「BiS.LEAGUE」でゴ・ジーラ最多得票獲得、次作の1st&2ndメンバー決定”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年8月1日). 2018年8月3日閲覧。
  56. ^ BiSがキャプテン制を導入、ゴ・ジーラは次回新曲の作詞権を獲得”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年8月1日). 2018年8月3日閲覧。
  57. ^ Tetsuo_Hiragaのツイート(1025603474900172800)
  58. ^ Tetsuo_Hiragaのツイート(1025610872394153984)
  59. ^ 西澤裕郎 (2018年8月3日). “BiS、新体制初シングルを11月発売&完全生産限定盤にゴ・ジーラ作詞曲収録”. StoryWriter. 2018年8月3日閲覧。
  60. ^ これに先立ち、グッズ購入者の投票は8月4日のTOKYO IDOL FESTIVAL2018から受付開始された。
  61. ^ BiS1stと2nd決める第2回「BiS.LEAGUE」詳細明らかに”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年10月24日). 2018年11月18日閲覧。
  62. ^ BiS運命の47都道府県ツアー千秋楽、生中継が決定”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年12月26日). 2019年1月1日閲覧。
  63. ^ 大波乱「BiS.LEAGUE」はゴ・ジーラ連覇、BiS10人中5人が戦力外通告を受ける”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年12月29日). 2019年1月1日閲覧。
  64. ^ a b BiSからネル・ネール脱退”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年1月1日). 2019年1月1日閲覧。
  65. ^ WACK合同オーディション開催決定、合宿には所属メンバー7名参加”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年1月3日). 2019年3月5日閲覧。
  66. ^ BiS、1カ月間に11会場を回るツアー決定”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年2月3日). 2019年2月4日閲覧。
  67. ^ a b クラウン新レーベルにBAND-MAID、BiS、FABLED NUMBER、predia、UNCHAIN”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年3月1日). 2019年3月6日閲覧。
  68. ^ BiS、研究員と寝食を共にする“BiSなりの69時間フェス”は全17部制に”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年3月8日). 2019年4月4日閲覧。
  69. ^ BiS、研究員と寝食共にする“69時間フェス”「BiSなりの69フェス。」開催”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年3月4日). 2019年3月6日閲覧。
  70. ^ BiSの69時間イベント開幕!レーベルメイト・純烈が白塗りメイクで応援に駆け付ける”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年3月18日). 2019年4月4日閲覧。
  71. ^ 第2期BiSがラストライブを終え解散、9人はそれぞれの未来へ”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年5月11日). 2019年5月12日閲覧。
  72. ^ 配布されたフライヤーは同一デザインだが、収録曲ダウンロードのQRコードのみ各日異なり、それぞれ別の楽曲が配信された(21日「teacher teacher teacher」、27日「ナンデスカ?」、28日「strawberry girl」)。
  73. ^ BiSがあなたの街にやって来る、3日かけてタワレコ全店舗を訪問「BiS 研究員補完計画」”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年7月18日). 2019年7月29日閲覧。
  74. ^ BiS全編モザイクの衝撃MV公開、無修正バージョン解禁まであと少し”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年7月30日). 2019年8月4日閲覧。
  75. ^ BiSidolのツイート(1157204436961206272)
  76. ^ 西澤裕郎 (2019年8月4日). “BiSがTIF2019にゲリラ出演、第1期2期の歴史を受け継ぐ初ライヴ”. StoryWriter. 2019年8月4日閲覧。
  77. ^ BiS目標達成で顔出し解禁!MV無修正バージョン、アー写、アルバム詳細を一挙公開”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年8月4日). 2019年8月4日閲覧。
  78. ^ BiS、アルバム未収録の「少年の歌」「Good bye」「kAsAbutA」無料配信スタート”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年8月8日). 2019年10月10日閲覧。
  79. ^ 第3期BiS、CDデビュー直前でマナコ・チー・マナコが脱退”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年8月13日). 2019年10月10日閲覧。
  80. ^ 第3期BiSが中野heavy sick ZEROで初ワンマン開催、チケット争奪戦の電話番はメンバー”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年7月16日). 2019年7月29日閲覧。
  81. ^ 西澤裕郎 (2019年8月6日). “第3期BiS、初の東名阪ツアー開催&初ワンマンのニコ生放送も”. StoryWriter. 2019年10月10日閲覧。
  82. ^ BiSに新メンバー「ズズ・デス」加入、赤目アー写の加工解除時期はマネージャー次第”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年10月1日). 2019年10月10日閲覧。
  83. ^ BiS、新メンバーのズズ・デス脱退”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年10月7日). 2019年10月10日閲覧。
  84. ^ BiSが再びあなたの街へ、「研究員増殖計画」でタワレコ全76店舗を訪問”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年10月7日). 2019年10月10日閲覧。
  85. ^ BiS対CARRY LOOSE、メインアクトの座を懸け200km駅伝バトル”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年10月10日). 2019年11月28日閲覧。
  86. ^ 渋谷~熱海往復200kmを走破!BiS vs CARRY LOOSE対抗駅伝の勝者はCARRY LOOSE”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年11月4日). 2019年11月28日閲覧。
  87. ^ CARRY LOOSEとBiS、駅伝バトルの末に繰り広げた熱いツーマンライブ”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年11月24日). 2019年11月28日閲覧。
  88. ^ BiS、年末に24時間イベント「Let's have a 24 hour BiS's party」開催”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年11月19日). 2019年11月28日閲覧。
  89. ^ 第3期BiSが24時間ライブ完遂、初披露曲含む計75曲をパフォーマンス”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年12月29日). 2020年2月12日閲覧。
  90. ^ 「WACK合同オーディション2020」開催決定、合宿参加メンバーはこの6名”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2020年1月3日). 2020年2月12日閲覧。
  91. ^ 第3期BiSが8都市回る全国ツアー開催、ファイナルはリキッド”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年10月13日). 2020年2月12日閲覧。
  92. ^ BiSの2ndアルバム「LOOKiE」詳細発表、新曲「BASKET BOX」除く試聴音源を公開中”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年12月26日). 2020年2月12日閲覧。
  93. ^ BiS新曲「IT'S TOO LATE」無料配信スタート、新アー写&JK写も公開”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2020年4月30日). 2020年5月15日閲覧。
  94. ^ 東京はネオ・トゥリーズとイトー・ムセンシティ部、大阪はチャントモンキーとトギー
  95. ^ BiSidolのツイート(1295925958952865792)
  96. ^ BiSidolのツイート(1296044537563947008)
  97. ^ BiSメンバー自主制作の無観客ライブ映像作品、ネットのどこかで販売開始”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2020年9月9日). 2020年9月28日閲覧。
  98. ^ BiS無観客ライブ映像を“正式に”発売、30曲パフォーマンスを完全収録”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2020年9月9日). 2020年9月28日閲覧。
  99. ^ BiS、観客ありのワンマンライブ「KiLL YOur WiNTerxxx -but fall-」開催決定”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2020年9月22日). 2021年9月15日閲覧。
  100. ^ BiS有観客ワンマンライブ「KiLL YOur WiNTerxxx」北海道、京都、宮城で開催決定”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2020年10月12日). 2021年9月15日閲覧。
  101. ^ BiS、11カ月ぶりに福岡でワンマンライブ開催”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2020年11月1日). 2021年9月15日閲覧。
  102. ^ BiS「“プロパガンダ”と“PROPAGANDA”」ジャケット公開、布教盤は特製バンダナで包装”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2020年11月17日). 2021年9月15日閲覧。
  103. ^ BiS感情爆発の2020年ラストライブ終幕、新ツアー「KiLLiNG IDOLS TOUR」開催を発表”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2020年12月19日). 2021年9月15日閲覧。
  104. ^ ゲーセンに急げ!BiS新曲「COLD CAKE」がセガのクレーンゲーム限定で登場”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2020年12月23日). 2021年9月15日閲覧。
  105. ^ BiS感情爆発の2020年ラストライブ終幕、新ツアー「KiLLiNG IDOLS TOUR」開催を発表”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2020年12月19日). 2021年9月15日閲覧。
  106. ^ BiS、新曲「COLD CAKE」ゲリラリリース”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年1月29日). 2021年9月15日閲覧。
  107. ^ Inc, Natasha. “BiS、プライベートレーベルULTRA STUPiD RECORDSから新作「KiLLiNG IDOLS」発売決定(写真7枚)”. 音楽ナタリー. 2021年1月14日閲覧。
  108. ^ 「WACK合同オーディション2021」に参加する現役メンバー発表”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年2月27日). 2021年9月15日閲覧。
  109. ^ BiS、学生限定&女性限定ライブを東名阪で開催”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年3月3日). 2021年9月15日閲覧。
  110. ^ BiSの両A面シングル「TOUCH ME / LOVE」詳細発表、職場で撮った新アー写公開”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年4月14日). 2021年9月15日閲覧。
  111. ^ 3期BiS史上最大!夏に駆ける全国ツアー「ENDLESS SUMMER BiS TOUR」”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年5月13日). 2021年9月15日閲覧。
  112. ^ BiS、100枚限定ビークルカバーシングルを仙台でゲリラリリース”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年6月30日). 2021年7月29日閲覧。
  113. ^ a b BiSとZOCのリリースイベントがダブルブッキング、Twitterで協議して合同リリイベ開催へ”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年7月6日). 2021年10月5日閲覧。
  114. ^ BiSとZOC、ダブルブッキングから実現した激レア合同リリースイベント”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年7月15日). 2021年10月5日閲覧。
  115. ^ BiSが「アラバキ」への思い込めたドキュメンタリー公開、東北ツアー振替日程も発表”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年5月6日). 2021年9月15日閲覧。
  116. ^ BiS東北ツアーチケット完売、仙台で追加公演開催”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年6月10日). 2021年9月15日閲覧。
  117. ^ BiSのバンド編成ライブ!白熱の東北ツアーで1期BiS曲も披露”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年8月1日). 2021年9月15日閲覧。
  118. ^ BiSゲリラリリース再び!KEMURI「PMA」カバーシングルは100枚限定、香椎浜に急げ”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年7月29日). 2021年7月29日閲覧。
  119. ^ BiSが3度目のゲリラリリース!BRAHMAN「BASIS」カバーシングルはタワレコ橿原店限定”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年8月30日). 2021年9月19日閲覧。
  120. ^ BiSとZOC、プロデューサーを交換したスプリットシングル発売&ツアー開催”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年10月4日). 2021年10月10日閲覧。
  121. ^ Inc, Natasha. “BiSに新メンバー「ナノ3」加入!Twitterフォロワー2万5000人到達まで赤目鼻血”. 音楽ナタリー. 2021年11月6日閲覧。
  122. ^ Inc, Natasha. “BiSのトギー、活動休止「辞めません!」”. 音楽ナタリー. 2022年7月19日閲覧。
  123. ^ Inc, Natasha. “BiS新シングル「DA DA DA DANCE SONG」詳細発表、2年ぶりリリイベ開催”. 音楽ナタリー. 2022年12月6日閲覧。
  124. ^ a b Inc, Natasha. “BiSからチャントモンキー脱退「BiSはこれからもっと大きくなっていくはずです」(コメントあり)”. 音楽ナタリー. 2022年7月19日閲覧。
  125. ^ a b Inc, Natasha. “【イベントレポート】BiSチャントモンキー、笑顔でスクワットして脱退「ありがとうございました!」(チャントモンキー コメントあり)”. 音楽ナタリー. 2022年7月19日閲覧。
  126. ^ Inc, Natasha. “BiSのトギーが電撃復帰!「TIF2022」で半年ぶりライブ”. 音楽ナタリー. 2022年8月8日閲覧。
  127. ^ a b Inc, Natasha. “BiSに新メンバー「ヒューガー」加入!赤目&鼻血加工解除の条件とは”. 音楽ナタリー. 2022年10月21日閲覧。
  128. ^ Inc, Natasha. “BiSのイトー・ムセンシティ部、ネオ・トゥリーズ脱退(2人のコメントあり)”. 音楽ナタリー. 2022年12月19日閲覧。
  129. ^ a b c Inc, Natasha. “【ライブレポート】BiS初の日比谷野音はチケット完売の大盛況、ネオとイトー脱退で明日から3人体制に(写真8枚 / MCコメントあり)”. 音楽ナタリー. 2023年1月9日閲覧。
  130. ^ Inc, Natasha. “BiSに新メンバー3名加入!WACKオーデ2023、運命の合格者発表”. 音楽ナタリー. 2023年3月25日閲覧。
  131. ^ Inc, Natasha. “BiS「イーアーティエイチスィーナーエイチキューカーエイチケームビーネーズィーウーオム」MV公開”. 音楽ナタリー. 2023年7月13日閲覧。
  132. ^ Inc, Natasha. “BiS「BiS新曲プロデューサーはDOPING PANDAフルカワユタカ、ナノ3の目に涙”. 音楽ナタリー. 2023年9月15日閲覧。
  133. ^ BiS新アルバム「NEVER MiND」豪華プロデューサー陣発表、AxSxEとJxSxK初コラボも”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2024年1月31日). 2024年3月5日閲覧。
  134. ^ a b Inc, Natasha. “BiSのシオンエピック本日脱退”. 音楽ナタリー. 2024年3月5日閲覧。
  135. ^ Inc, Natasha. “BiSのマネジメント体制変更、“自給自足アイドル”に原点回帰することに(コメントあり)”. 音楽ナタリー. 2024年6月17日閲覧。
  136. ^ HYUGA_BiSのツイート(1632363479914131458)
  137. ^ 「BiSの“Do you remember Rock’N Roll TV”?」第62回:クレナイ・ワールズエンド「orangeーオレンジー」”. TV LIFE. 株式会社ワン・パブリッシング (2023年5月16日). 2023年5月30日閲覧。
  138. ^ 元BiSのマナコ・チー・マナコこと小森まなこ、新バンドkillmilky結成”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2020年7月7日). 2021年8月8日閲覧。
  139. ^ 第3期BiSメンバーはなぜBiSの名を背負うと決めたのか? その覚悟と2ndEP『KiLLiNG IDOLS』に込めた想いとは”. スパイス. 株式会社イープラス (2021年3月4日). 2022年4月13日閲覧。
  140. ^ BiSインタビュー「曲を出せば出すほど、どんどん伝えたいという気持ちが増している」”. TV LIFE. 株式会社ワン・パブリッシング (2021年5月28日). 2022年4月13日閲覧。
  141. ^ 元BiSのチャントモンキー、「未菜」として再スタート”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2022年8月5日). 2022年8月5日閲覧。
  142. ^ 元BiSネオ・トゥリーズが“Lan”名義で再始動”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2023年9月11日). 2023年9月14日閲覧。
  143. ^ 「BiSの“Do you remember Rock’N Roll TV”?」第63回:シオンエピック『水曜日のダウンタウン』”. TV LIFE. 株式会社ワン・パブリッシング (2023年5月30日). 2023年5月30日閲覧。
  144. ^ “元BiSコショージがアイドル再始動、プロデュースはサクライケンタ”. 音楽ナタリー. (2014年11月6日). https://natalie.mu/music/news/130529 2014年11月6日閲覧。 
  145. ^ Ultimate!! Girls Revolution特設サイト”. 2013年2月17日閲覧。
  146. ^ ただし「Re:STUPiD」発売時のアーティスト写真でも白塗りをしていた。
  147. ^ STINGRAY【インタビュー】”. 2YOU MAGAZINE (2020年11月25日). 2024年3月5日閲覧。
  148. ^ ムロパナコに関するお知らせ”. 株式会社WACK (2019年6月24日). 2019年7月25日閲覧。
  149. ^ 第2期BiSのムロパナコ、双方合意でWACKとの契約解除”. 株式会社ナターシャ (2019年6月25日). 2019年7月25日閲覧。
  150. ^ DEARSTAGE新人ユニットは3組、BiSやAISの元メンバーも参加”. 株式会社ナターシャ (2019年7月31日). 2019年8月1日閲覧。
  151. ^ BiS、プー・ルイの軌跡たどる「DiPROMiSE」MV”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年3月3日). 2018年3月5日閲覧。
  152. ^ BILLIE IDLEに“大型新人”プー・ルイ加入!BLITZワンマンで夏の7都市ツアー開催を発表”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年6月7日). 2018年6月30日閲覧。
  153. ^ BiSの作品”. ORICON STYLE. オリコン. 2024年3月5日閲覧。
  154. ^ BiS1stの作品”. ORICON STYLE. オリコン. 2018年11月21日閲覧。
  155. ^ BiS2ndの作品”. ORICON STYLE. オリコン. 2018年11月21日閲覧。
  156. ^ DVDには「primal.」(MUSIC VIDEO)&映像特典を収録。
  157. ^ DVDには「2011/12/20 LIVE "IDOL is DEAD"@LIQUID ROOM (ライブ映像)」などを収録。
  158. ^ DVDには「PPCC」(MUSIC VIDEO)などを収録。
  159. ^ 「BiSとDorothy Little Happy」名義。Dorothy Little Happyとのコラボレーション・シングル。
  160. ^ DVDには「2012.7.13 LIVE"BiSメジャーデビュー記念直前大パーティ まだメジャーじゃないもん!! "@新宿LOFT(ライブ映像)」を収録。
  161. ^ DVDには「BiSimulation」MUSIC VIDEO(2種)、メイキング映像を収録。
  162. ^ DVDには「2012.10.21 LIVE"IDOL is DEAD -repetition-"@赤坂BLITZ」を収録。
  163. ^ DVDには「DiE」MUSIC VIDEO、メイキング映像を収録。
  164. ^ DVDには「2013.8.7 LIVE"BiS階段"@WWW」を収録。
  165. ^ DVDには「Fly」MUSIC VIDEO、メイキング映像を収録。
  166. ^ DVDにはアニメ “Backstageidolstory”/コショージメグミ デビュー密着ドキュメント映像を収録。
  167. ^ DVDには「STUPiG」MUSIC VIDEO、メイキング映像を収録。
  168. ^ DVDには「2014.3.3 BiS after all EXTRA@O-EAST」を収録。
  169. ^ DVDには「FiNAL DANCE」MUSIC VIDEO、メイキング映像を収録。
  170. ^ DVDには映画「劇場版 BiS誕生の詩」ディレクターズカット版を収録。
  171. ^ DVDには「2017.10.6 LIVE "IDOL is DEAD"@赤坂BLITZ」を収録。
  172. ^ 初回生産限定盤Aには「2018.3.4 『BiS 2nd BEGiNNiNG TOUR FiNAL WHO KiLLED IDOL??』@東京・両国国技館」ライブ映像・ボーナス映像を収録したBlu-ray、「2018.3.4 『BiS 2nd BEGiNNiNG TOUR FiNAL WHO KiLLED IDOL??』@東京・両国国技館」ライブ音源を収録したCD2枚組、Photobook(50P.)、ポストカード(25枚)を同梱。
  173. ^ 初回生産限定盤Bには「2018.3.4 『BiS 2nd BEGiNNiNG TOUR FiNAL WHO KiLLED IDOL??』@東京・両国国技館」ライブ映像を収録したDVDを同梱。
  174. ^ 完全生産限定盤には、ゴ・ジーラ作詞の「イツカヤラレルゾ」が収録される他、「アゲンストザペイン」1stメンバーソロ歌唱バージョンを収録したボーナスCD4枚、「アゲンストザペイン」ミュージックビデオをはじめとした映像を収録したBlu-ray、Photobookを同梱。
  175. ^ 初回限定盤には「アゲンストザペイン」ミュージックビデオをはじめとした映像を収録したDVDを同梱。
  176. ^ 完全生産限定盤にはBiS「I Don't Know What Will Happen TOUR」FiNALを収録したBlu-rayとPhotobook(100P.)、Tシャツを同梱。
  177. ^ 初回生産限定盤にはBiS「I Don't Know What Will Happen TOUR」FiNALを収録したDVDを同梱。
  178. ^ サイドビーのトラック1終了後に「TOUCH ME」がシークレットトラックとして収録されている。
  179. ^ 初回限定盤には、岩淵弘樹がディレクション、ゆめっち(3時のヒロイン)がナレーションを務めた「DOCUMENT of KiLLiNG IDOLS TOUR」を収録したBlu-rayを同梱。
  180. ^ DVDには映画『アイドル・イズ・デッド』とライブ映像を収録。
  181. ^ a b DVDにはミュージック・ビデオを収録。
  182. ^ DVDには映画『アイドル・イズ・デッド -ノンちゃんのプロパガンダ大戦争-“Special Edition-”』を収録。
  183. ^ 2014年4月19日発売
  184. ^ CD収録曲は1.Fly/2.DiE/3.PPCC/4.nerve/5.primal./6.IDOL DVD収録映像は1.Fly (Music Video)/2.DiE (Music Video)/3.PPCC (Music Video)/4.nerve(2012.10.21 LIVE “IDOL is DEAD Repetition”@赤坂BLITZ)/5.primal.(2013.3.16 LIVE “ROAD TO BUDOKAN KOKUGIKAN 「WHO KiLLED IDOL?”@両国国技館)/6.IDOL(2012.7.13 LIVE“BiSメジャーデビュー記念直前大パーティ まだメジャーじゃないもん!! ”@新宿LOFT)
  185. ^ 編曲は松隈ケンタ。なお、でんぱ組.incはBiSの「IDOL」をカヴァー。編曲は玉屋2060%。
  186. ^ 編曲は松隈ケンタ。
  187. ^ 「完全版BiSキャノ」DVD発売決定、カンパニー松尾から長すぎるコメント到着”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2015年4月23日). 2015年4月23日閲覧。
  188. ^ “BiS正統派アイドル転向? 1カ月アイドルを学ぶラジオ番組”. ナタリー. (2012年10月5日). https://natalie.mu/music/news/77791 2012年10月9日閲覧。 
  189. ^ 番組一覧:BiSのビッスン?(仮)|ラジオ日本 AM1422kHz”. 2012年12月28日閲覧。
  190. ^ カンパニー松尾(監督) (5 March 2015). 『劇場版BiSキャノンボール2014』予告編. moviecollectionjp. 2017年8月9日閲覧
  191. ^ Inc, Natasha. “劇場版 アイドルキャノンボール2017 | あらすじ・内容・スタッフ・キャスト・作品情報”. 映画ナタリー. 2022年4月10日閲覧。
  192. ^ “MOBiSPROOF”. design studio STUDS. (2013年10月18日). https://mobisproof.tumblr.com/ 2016年4月19日閲覧。 
  193. ^ BiS 新曲『IDOL』PV公開 正統派アイドル路線変更は嘘!?”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク (2012年4月10日). 2019年8月27日閲覧。
  194. ^ 西澤裕郎 (2012年12月30日). “アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー”. OTOTOY. オトトイ. 2019年8月27日閲覧。



BIS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/10 06:54 UTC 版)

BIS

bis

BiS

  • BiS - 新生アイドル研究会。プー・ルイが立ち上げた女性アイドルグループ。

関連項目



bis

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/23 02:06 UTC 版)

bis』(ビス)は、光文社が発行している10代後半 - 20代前半女性向けファッション雑誌である。2001年創刊。2006年8月号をもって休刊。2017年復刊[1][2]




「bis」の続きの解説一覧




BiSと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「BiS」に関係したコラム

  • FXで取引される通貨ペアの種類と一覧

    FX(外国為替証拠金取引)で取引される通貨ペアは、日本においては米ドル/円をはじめとする円を基軸通貨とした通貨ペアが主に取引されています。 USD/JPY・・・米ドル/円 EUR/JPY・・・ユーロ/...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「BiS」の関連用語

1
BIS規制 デジタル大辞泉
34% |||||


BiSのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



BiSのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのBiS (改訂履歴)、BIS (改訂履歴)、bis (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS