1973年の宝塚歌劇公演一覧 宝塚大劇場公演

1973年の宝塚歌劇公演一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/06 18:55 UTC 版)

宝塚大劇場公演

公演組、公演日(新人公演を除く)、公演演目(形式名、場を除く)の参考資料は90年史[1]

花組 小林一三生誕百年記念

参考資料は60年史別冊[2]

  • 1月1日 - 1月30日

『宝塚名曲選』14景

スタッフ

  • 作・演出:白井鐡造
  • 振付:花柳寿楽
  • 作曲・編曲:入江薫、中井光晴、十時一夫、中野潤二、吉崎憲治
  • 琴作曲:葛原祐川
  • 音楽指揮:野村陽児
  • 合唱指導:橋本和明
  • 振付:冨士野高嶺
  • 装置:石浜日出雄
  • 衣装:小西松茂
  • 照明:今井直次
  • 小道具:上田特市
  • 効果:坂上勲
  • 音響監督:松永浩志
  • 演出補:大関弘政
  • 演出助手:太田哲則
  • 制作:小辻糺

主な出演

『パレード・タカラヅカ』 12場

雪組

参考資料は60年史別冊[3]

  • 2月1日 - 2月27日

ミュージカル・プレイ『れんげ草』 8場

スタッフ

  • 作・演出:大関弘政
  • 作曲:中井光晴、入江薫、吉崎憲治
  • 音楽指揮・合唱指導:橋本和明
  • 振付:渡辺武雄、高木祥次
  • 装置:渡辺正男
  • 衣装:小西松茂
  • 照明:小川清次
  • 小道具:万波一重
  • 効果:中田正広
  • 音楽監督:松永浩志
  • 演出助手:太田哲則、三木章雄
  • 制作:野田浜之助

主な出演

グランド・レビュー『愛のラプソディ』 26場

スタッフ

主な出演

月組

参考資料は60年史別冊[4]

  • 3月1日 - 3月22日

ミュージカル・コメディ『鼓よ空よ響け』 10場

スタッフ

  • 構成・演出:高木史朗
  • 作曲・編曲:中元清純
  • 作調・囃子指導:望月太明蔵
  • 音楽指揮・合唱指導:十時一夫
  • 装置:石浜日出雄
  • 衣装:任田幾英
  • 照明:今井直次
  • 小道具:万波一重
  • 効果:坂上勲
  • 音響監督:松永浩志
  • 演出助手:太田哲則、南明
  • 制作:野田浜之助

主な出演

グランド・レビュー『愛のラプソディ』 26場

  • 続演

スタッフ

  • 構成・演出:高木史朗
  • 制作:野田浜之助

主な出演

  • バイオリンの歌手、シャンパンの歌手:古城都
  • ピアノの歌手:初風諄
  • 砂の歌手、探険の男:大滝子
  • 踊る男:榛名由梨
  • デコレーションの美女:恵さかえ、千草美景
  • 花の青年:叶八千矛
  • トリオの男:汐路朝子、麻生薫、常花代
  • 踊る女:藍えりな、麗美花、愛みちる

星組

参考資料は60年史別冊[5]

  • 3月24日 - 4月25日

宝塚コメディ『花かげろう』 15場

  • 新人公演:4月21日

スタッフ

  • 作・演出:植田紳爾
  • 振付:花柳寿楽
  • 作曲:入江薫、寺田瀧雄
  • 音楽指揮:野村陽児
  • 装置:渡辺正男
  • 衣装:小西松茂
  • 照明:今井直次
  • 小道具:上田特市
  • 効果:中田正広
  • 音響監督:松永浩志
  • 演出補:阿古健
  • 制作:平松悟

主な出演・本公演

主な出演・新人公演

グランド・レビュー『ラ・ラ・ファンタシーク』-あなたに宝石を- 24場

花組

参考資料は60年史別冊[6]

  • 4月26日 - 5月24日

宝塚・ロマン『新・花かげろう』 15場

  • 第一回新人公演:5月12日
  • 第二回新人公演:5月17日

スタッフ

  • 作・演出:植田紳爾
  • 振付:花柳寿楽
  • 作曲:入江薫、寺田瀧雄
  • 音楽指揮:野村陽児
  • 琵琶指導:柴田旭堂
  • 装置:渡部正男
  • 衣装:小西松茂
  • 照明:今井直次
  • 小道具:上田特市
  • 効果:中田正広
  • 音響監督:松永浩志
  • 演出補:阿古健
  • 制作:大谷真一

主な出演・本公演

主な出演・第一回新人公演

主な出演・第二回新人公演

  • 松あきら
  • 室町あかね
  • 新城まゆみ
  • 汐見里花
  • 立ともみ
  • 有花みゆ紀

グランド・レビュー『ラ・ラ・ファンタシーク』-あなたに宝石を- 24場

  • 作・演出:鴨川清作

月組

参考資料は60年史別冊[7]

  • 5月26日 - 6月28日

菊田一夫先生に捧げるミュージカル・ロマンス『霧深きエルベのほとり』 18場

ショート・ショート・ショー『ファニー・フィーリング』 16場

  • 作・演出:鴨川清作

雪組

参考資料は60年史別冊[8]

  • 6月30日 - 7月26日

日本民族舞踊第13集『竹』 5節

スタッフ

  • 取材・構成:宝塚歌劇団郷土芸能研究会
  • 演出:渡辺武雄
  • 脚本・演出補:阿古健
  • 音楽:高橋廉、堤五郎、十時一夫、中元清純、河崎恒夫
  • 音楽指揮:十時一夫
  • 振付:渡辺武雄、高木祥次、鈴木武睦千賀
  • 装置:黒田利邦
  • 衣装:小西松茂、中川菊枝
  • 照明:棚橋守
  • 小道具:上田特市
  • 効果:坂上勲
  • 音響監督:松永浩志
  • 演出助手:太田哲則、村上信夫
  • 制作:大谷真一

主な出演

ミュージカル・プレイ『カンテ・グランデ』 17景

花組

参考資料は60年史別冊[9]

  • 7月28日 - 8月28日

宝塚グランド・ロマン『この恋は雲の涯まで』 2部35場

星組

参考資料は60年史別冊[10]

  • 8月29日 - 9月27日

宝塚グランド・ロマン『この恋は雲の涯まで』 2部30場

  • 演出・振付:尾上松緑

月組

参考資料は60年史別冊[11]

  • 9月29日 - 10月30日

海外公演試作・舞踊詩『秋の宝塚踊り』 12景

スタッフ

  • 作・演出:白井鐡造
  • 音楽:高橋廉、堤五郎、中井光晴、入江薫、十時一夫、中元清純、河崎恒夫、寺田瀧雄
  • 琴作曲:葛原祐川
  • 音楽指揮・合唱指導:十時一夫
  • 振付:渡辺武雄、冨士野高嶺、花柳寿楽、花柳幾久英、松本尚女
  • 装置:石浜日出雄
  • 衣装:小西松茂、中川菊枝
  • 照明:今井直次
  • 小道具:上田特市
  • 効果:扇野信夫
  • 音響監督:松永浩志
  • 演出補:大関弘政
  • 演出助手:太田哲則
  • 制作:小辻糺

主な出演

ミュージカル・アドベンチャー『イフ…』-さよなら古城都- 24場

雪組

参考資料は60年史別冊[12]

  • 11月1 - 12月2日

ミュージカル・プレイ『たけくらべ』-樋口一葉より- 10場

ミュージカル・コメディ『ラブ・ラバー』 -さよなら恋のベニス- 20場

星組

参考資料は60年史別冊[13]

  • 12月5日 - 12月23日

舞踊劇『浮舟と薫の君』 10場

グランド・ショー『ゴールデン・サウンド』 22場




[ヘルプ]
  1. ^ 90年史 2004, p. 268.
  2. ^ 60年史別冊 1974, p. 133-134.
  3. ^ 60年史別冊 1974, p. 134-136.
  4. ^ a b 60年史別冊 1974, p. 135-136.
  5. ^ 60年史別冊 1974, p. 136-138.
  6. ^ a b 60年史別冊 1974, p. 138.
  7. ^ 60年史別冊 1974, p. 139.
  8. ^ 60年史別冊 1974, p. 140-141.
  9. ^ a b c d e 60年史別冊 1974, p. 142.
  10. ^ 60年史別冊 1974, p. 143.
  11. ^ 60年史別冊 1974, p. 144-145.
  12. ^ 60年史別冊 1974, p. 145-146.
  13. ^ 60年史別冊 1974, p. 147.
  14. ^ 90年史 2004, p. 280.
  15. ^ 60年史別冊 1974, p. 133.
  16. ^ a b 60年史別冊 1974, p. 137.
  17. ^ 60年史別冊 1974, p. 146.
  18. ^ 90年史 2004, p. 297.
  19. ^ 60年史 1974, p. 135.
  20. ^ 80年史 1994, p. 248.


「1973年の宝塚歌劇公演一覧」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

1973年の宝塚歌劇公演一覧のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



1973年の宝塚歌劇公演一覧のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1973年の宝塚歌劇公演一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS