1961年 ノーベル賞

1961年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/04 09:30 UTC 版)

ノーベル賞

フィクションのできごと

脚注

[脚注の使い方]

  1. ^ 昭和二万日12、p.115
  2. ^ Karen Hedwig Backman (2014年1月14日). “Remembering Patrice Lumumba, 17 January 1961” (英語). Dailykos.com. 2014年9月18日閲覧。
  3. ^ 昭和二万日12、p.118
  4. ^ 昭和二万日12、p.120
  5. ^ 昭和二万日12、p.128-129
  6. ^ a b 昭和二万日12、p.130
  7. ^ 昭和二万日12、p.134
  8. ^ 昭和二万日12、p.140
  9. ^ 昭和二万日12、p.152-153
  10. ^ 昭和二万日12、p.152
  11. ^ 昭和二万日12、p.154
  12. ^ 昭和二万日12、p.156
  13. ^ 昭和二万日12、p.158-159
  14. ^ Jane Boulden (英語). Peace Enforcement: The United Nations Experience in Congo, Somalia, and Bosnia(2001年). Praeger Pub. p. 36. ISBN 978-0275969066 
  15. ^ 昭和二万日12、p.158
  16. ^ a b 昭和二万日12、p.160
  17. ^ 昭和二万日12、p.160-161
  18. ^ 昭和二万日12、p.165
  19. ^ 昭和二万日12、p.166
  20. ^ 昭和二万日12、p.176
  21. ^ 昭和二万日12、p.176-177
  22. ^ “青島幸男さんの長男、利幸氏が肺がんのため死去 テレビ番組の構成作家”. サンケイスポーツ (産経新聞社). (2017年11月9日). http://www.sanspo.com/geino/news/20171109/geo17110905100002-n1.html 2020年10月30日閲覧。 
  23. ^ 声優・新田万紀子さんが大動脈解離で急死 「のだめカンタービレ」「007」など担当”. スポーツ報知. 報知新聞社 (2018年2月9日). 2020年11月7日閲覧。
  24. ^ 山寺宏一”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2020年11月3日閲覧。
  25. ^ 初金星に禁断の日本人初ガッツポーズ/井筒親方悼む 日刊スポーツ 2019年9月17日5時0分(2020年12月25日閲覧)
  26. ^ “「ザ・ソプラノズ」主演ジェームズ・ガンドルフィーニさん急逝 享年51歳”. シネマトゥデイ. (2013年6月20日). http://www.cinematoday.jp/page/N0054056 
  27. ^ ドカベン香川伸行さん急死 心筋梗塞52歳 日刊スポーツ 2020年11月28日閲覧
  28. ^ METAL GEAR 25th ANNIVERSARY 「メタルギアソリッドの真実」 The Chronicle - コナミ公式サイト。2020年9月9日閲覧。
  29. ^ メタルギアソリッド3 スネークイーター シナリオ・ブック』新紀元社、2005年、505・506頁。ISBN 978-4-7753-0362-7
  30. ^ 献辞に実在の人物とある。
  31. ^ ネヴィル・シュート『渚にて 人類最後の日』東京創元社、2009年、12・128 - 135頁。ISBN 978-4-488-61603-8
  32. ^ 『『マブラヴ オルタネイティヴ』公式メカ設定資料集 MUV-LUV ALTERNATIVE INTEGRAL WORKS』エンターブレイン、2009年、18頁。ISBN 978-4-04-726223-2





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「1961年」の関連用語

1961年のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1961年のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1961年 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS