1935年 周年

1935年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/13 03:30 UTC 版)

周年

以下に、過去の主な出来事からの区切りの良い年数(周年)を記す。

芸術・文化・ファッション

誕生

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月


  1. ^ 「必殺シリーズ」の脚本家、吉田剛氏死去”. 産経ニュース (2018年11月19日). 2020年11月23日閲覧。
  2. ^ 元大洋投手コーチの森田斌氏が白血病で死去”. スポーツニッポン. 2020年11月14日閲覧。
  3. ^ “白川澄子さん 死因はくも膜下出血”. デイリースポーツ online (デイリースポーツ). (2015年11月27日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/11/27/0008601526.shtml 2020年11月23日閲覧。 
  4. ^ “野村氏の息子・克則氏は涙 「急すぎて受け入れられない」 死因は妻と同じ「虚血性心不全」”. デイリー. (2020年2月11日). https://www.daily.co.jp/baseball/2020/02/11/0013107305.shtml 2020年10月24日閲覧。 
  5. ^ ブルース界のレジェンド、ハーモニカ奏者のジェイムス・コットン、死去 BARKS 2017年3月17日付
  6. ^ 作家の堺屋太一さん死去産経新聞産経ニュース2019年平成31年)2月10日
  7. ^ 朝丘雪路さん死去、82歳 アルツハイマー型認知症で先月27日 “おしどり夫婦”夫の津川雅彦残して - スポニチアネックス 2018年5月19日配信、2020年10月28日閲覧
  8. ^ 平井道子 とは”. 2021年2月10日閲覧。
  9. ^ 『声優名鑑』成美堂出版、1999年7月、606頁。ISBN 978-4-41-500878-3
  10. ^ 声優・藤本譲さん、心不全のため死去 「ミスター味っ子」味皇役や「犬夜叉」夢心和尚役など”. アニメ!アニメ! (2019年6月17日). 2020年11月1日閲覧。
  11. ^ 内田雅也 (2012年3月27日). “猛虎人国記 (44) 〜山梨県〜 桜のように咲き、散った剛腕”. スポーツニッポン. https://www.sponichi.co.jp/baseball/yomimono/mouko/kiji/K20120327002920180.html 2021年2月16日閲覧。 
  12. ^ カープ50年 夢を追って、中国新聞社、1999年11月、P68
  13. ^ seijikanohの2019年4月5日 のツイート2020年11月21日閲覧。
  14. ^ “元西鉄・滝内弥瑞生氏が死去 82歳” (日本語). Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2018年9月23日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/09/23/kiji/20180923s00001173218000c.html 2020年12月25日閲覧。 
  15. ^ 声優の肝付兼太さん死去 『ドラえもん』初代スネ夫役”. ORICON STYLE (2016年10月24日). 2020年11月10日閲覧。
  16. ^ H・P・ラヴクラフト『ラヴクラフト全集 3』東京創元社、1984年、192・194・236・237・243・246 - 297頁。ISBN 978-4-488-52303-9
  17. ^ 山本弘編『ヴィンテージSFセレクション 胸躍る冒険【篇】 火星ノンストップ』早川書房、2005年、72・76・80・84・96 - 102・111 - 113・146 - 150・154 - 158頁。ISBN 978-4-15-208651-8
  18. ^ アガサ・クリスティー『ABC殺人事件』早川書房、2003年、10・19・26 - 30・41頁。ISBN 978-4-15-130011-0
  19. ^ ホルヘ・ルイス・ボルヘス『伝奇集岩波書店、1993年、13 - 18・33・248頁。ISBN 978-4-00-327921-2





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「1935年」の関連用語

1935年のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1935年のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1935年 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS