1000 1001 から 1999 までの数

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 1000の解説 > 1001 から 1999 までの数 

1000

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/21 10:34 UTC 版)

1001 から 1999 までの数

1001 から 1100 までの数


1101 から 1200 までの数


1201 から 1300 までの数


  • 1201 - スーパー素数、中心つき四角数、エマープ(1201 ←→ 1021)、七進数や四十九進数、そして2401進数における独自周期素数英語版
  • 1202 - 192 + 202 + 212
  • 1210 - 113 − 112 、2つの友愛数 (1184, 1210) の後者
  • 1215 - 35 × 5 = 64 − 34 = 65 − 38
  • 1216 - 26 × 19、九角数
  • 1217 - スーパー素数。
  • 1218 - 四素合成数
  • 1221 - 3 × 11 × 37 = 33 × 37 = 11 × 111回文数六進法では 5353(6) で上二桁と下二桁の列が同じになる。
  • 1223 - ソフィー・ジェルマン素数
  • 1224 - 33 + 53 + 73 + 93 、4連続奇数立方和で表せる数、1つ前は完全数496
  • 1225 - 三角数、3番目の平方三角数、六角数、中心つき八角数
  • 1229, - 1231と組で42番目の双子素数、ソフィー・ジェルマン素数、エマープ(1229 ←→ 9221)、π(10000) = 1229 (ただしπ(x)は素数計数関数)
  • 1231 - エマープ(1231 ←→ 1321)
  • 1233 - 122 + 332
  • 1234 - レスリー・ファイストの楽曲
  • 1236 - 双子素数の和(617 + 619)
  • 1240 - 四角錐数
  • 1241 - 中心つき立方体数
  • 1242 - 十角数
  • 1247 - 五角数
  • 1250 - 2 × 54 。素因数分解形が 2i × 5j になる数、1つ前は1000、次は1280
  • 1255 - 251 × 5フリードマン数
  • 1260 - 22 × 32 × 5 × 7 = 35 × 36高度合成数矩形数、最小のヴァンパイア数、フリードマン数(21 × 60)、1から10までの数のうち8だけ割り切れない。
  • 1261 - 350 + 351 + 352 、六芒星数
  • 1264 - 最初の27個の素数の合計
  • 1266 - 中心つき五角数
  • 1267 - 7 × 181
  • 1275 - 三角数
  • 1277 - 1279と組で43番目の双子素数
  • 1280 = 28 × 5 。素因数分解形が 2i × 5j になる数、1つ前は1250、次は1600
  • 1283 - 安全素数、エマープ (1283 ←→ 3821)
  • 1285 - ノノミノの数、4番目のナイスフリードマン数((1 + 28) × 5)
  • 1288 - 七角数
  • 1289 - 1291と組で44番目の双子素数、ソフィー・ジェルマン素数
  • 1296 - 64 = 362 = 24 × 34二重平方数。最初の8個の立方数の和、8×8 のチェス盤における長方形の総数。6n の1つ前は216、次は7776。素因数が 2i × 3j になる数、1つ前は1152、次は1458
  • 1297 - スーパー素数
  • 1300 = 15 + 25 + 35 + 45

1301 から 1400 までの数


  • 1301 - 1303と組で45番目の双子素数、中心つき四角数、エマープ(1301 ←→ 1031)
  • 1306 = 11 + 32 + 03 + 64[4]
  • 1307 - 安全素数
  • 1320 - 双子素数の和(659 + 661)
  • 1319 - 1321と組で46番目の双子素数、安全素数
  • 1321 - エマープ(1321 ←→ 1231)
  • 1325 = 202 + 212 + 222マルコフ数
  • 1326 - 三角数、六角数
  • 1327 - 素数のギャップが30を超える最小の素数(1361 - 1327 = 34)
  • 1330 - 三角錐数、ルース=アーロン・ペア (1330, 1331) の前者
  • 1331 = 113、中心つき七角数、ルース=アーロン・ペア (1330, 1331) の後者、回文立方数(∀N>3のN進法によって1331を表記しても、1331は必ず回文立方数になる。これはであるため)
  • 1332 - 22 × 32 × 37 = 36 × 37、矩形数
  • 1333 = 360 + 361 + 362、最小の18-ハイパー完全数
  • 1335 - 五角数、「待ち望んで千三百三十五日に至る者は、まことに幸いである。」(ダニエル書 12章 12節)
  • 1344 - 連続してある数に対して約数の和を求めていった場合42個の数が1344になる。1344より小さい数で42個ある数はない。いいかえると を満たす n が42個あるということである。(ただし σ は約数関数)[5]
  • 1350 - 九角数
  • 1361 - 素数のギャップが30を超える最小の素数の組(1361 − 1327 = 34)の中の大きい方
  • 1364 - リュカ数
  • 1365 - 五胞体数
  • 1367 - 安全素数
  • 1369 - 中心つき八角数
  • 1371 - 最初の28個の素数の合計
  • 1378 - 三角数
  • 1379 - 14 × 14 の魔方陣の一列の和
  • 1381 - 中心つき五角数、エマープ(1381 ←→ 1831)
  • 1387 - 超プーレ数英語版、十角数
  • 1395 - ヴァンパイア数(15×93)
  • 1399 - エマープ(1399 ←→ 9931)

1401 から 1500 までの数


  • 1404 - 七角数
  • 1405 - 262 + 272 = 72 + 82 + ... + 162、26番目の中心つき四角数
  • 1406 - 37 × 38、矩形数
  • 1407 - 370 + 371 + 372 、この形で表すことのできる3番目の楔数である。一つ前は651、次は2163。
  • 1409 - ソフィー・ジェルマン素数、スーパー素数
  • 1419 - ツァイゼル数
  • 1426 - 五角数
  • 1427 - 1429と組で47番目の双子素数
  • 1430 - カタラン数
  • 1431 - 53番目の三角数、六角数
  • 1433 - スーパー素数
  • 1435 - ヴァンパイア数(35×41)
  • 1439 - ソフィー・ジェルマン素数かつ安全素数(9番目)、の数字列からできる最小の素数。(オンライン整数列大辞典の数列 A174277)
  • 1440 - 4(4×360)、高度トーティエント数
  • 1441 - 六芒星数
  • 1444 = ローマ数字表記でパンデジタル数であるもののうち最小のもの[6]
  • 1447 - スーパー素数
  • 1451 - 1453と組で48番目の双子素数、ソフィー・ジェルマン素数
  • 1454 = 212 + 222 + 232
  • 1458 = 21 × 36 = 2 × 729。素因数分解形が 2i × 3j になる数、1つ前は1296、次は1536。九進法では 2000(9) になる。
  • 1461 - 閏年を含めたときの4年間の日数
  • 1463 = 111 + 112 + 113
  • 1464 = 110 + 111 + 112 + 113
  • 1469 - 八面体数
  • 1470 - 五角錐数
  • 1471 - スーパー素数、中心つき七角数、エマープ(1471 ←→ 1741)、十進法において、スーパー素数同士のエマープとしては最小。
  • 1480 - 最初の29個の素数の合計
  • 1481 - 1483, 1487, 1489と組で6番目の四つ子素数、1483と組で49番目の双子素数、ソフィー・ジェルマン素数
  • 1482 - 矩形数
  • 1483 = 380 + 381 + 382
  • 1485 - 三角数
  • 1487 - 安全素数、1489と組で50番目の双子素数である。
  • 1490 - テトラナッチ数
  • 1491 - 九角数
  • 1496 - 四角錐数
  • 1499 - ソフィー・ジェルマン素数、スーパー素数

1501 から 1600 までの数


  • 1501 - 中心つき五角数
  • 1511 - ソフィー・ジェルマン素数、エマープ(1511 ←→ 1151)
  • 1512 = 23 × 33 × 71 = 63 × 71 。連続してある数に対して約数の和を求めていった場合、53個の数が1512になる。1512より小さい数で53個ある数はない。いいかえると を満たす n が53個あるということである。(ただし σ は約数関数)
  • 1513 - 中心つき四角数
  • 1520 - 五角数、ルース=アーロン・ペア (1520, 1521) の前者
  • 1521 = 中心つき八角数、ルース=アーロン・ペア (1520, 1521) の後者
  • 1523 - 安全素数、スーパー素数
  • 1525 - 七角数
  • 1530 - ヴァンパイア数(30×51)
  • 1536 - 29 × 3 = 512 × 3 。素因数分解形が 2i × 3j になる数、1つ前は1458、次は1728八進法では 3000(8) になる。
  • 1537 - キース数
  • 1540 - 三角数、六角数、十角数、三角錐数
  • 1555 - 60 + 61 + 62 + 63 + 64六進法では11111(6)となり回文数
  • 1556 - 最初の9個の素数の平方の合計
  • 1559 - ソフィー・ジェルマン素数
  • 1560 - 39 × 40矩形数
  • 1561 = 390 + 391 + 392
  • 1568 = 28 × σ(28)
  • 1572 = 123 − 122 − 12
  • 1575 - 奇数の過剰数
  • 1583 - ソフィー・ジェルマン素数
  • 1584 = 123 − 122 = 11 × 122
  • 1589 = 222 + 232 + 242
  • 1593 - 最初の30個の素数の合計
  • 1596 - 三角数
  • 1597 - スーパー素数、フィボナッチ数マルコフ数
  • 1600 - 402 = 26 × 52 = 64 × 25。素因数分解形が 2i × 5j になる数、1つ前は1280、次は2000ホワイトハウスの番地(ワシントンDCペンシルベニア通り1600番地)、SATの満点の点数。

1601 から 1700 までの数


  • 1601 - ソフィー・ジェルマン素数、マーク・トウェインの小説『1601』、エマープ(1601 ←→ 1061)
  • 1602 - ハーシャッド数
  • 1607 - 1609と組で51番目の双子素数
  • 1617 - 五角数
  • 1618 - 中心つき七角数
  • 1620 - ハミリング数、ハーシャッド数、双子素数の和(809 + 811)
  • 1619 - 1621と組で52番目の双子素数、安全素数
  • 1621 - スーパー素数
  • 1625 - 中心つき四角数
  • 1626 - 中心つき五角数
  • 1633 - 六芒星数
  • 1634 = 14 + 64 + 34 + 44
  • 1638 - 調和数
  • 1639 - 九角数
  • 1640 - 矩形数
  • 1641 = 400 + 401 + 402
  • 1644 - 双子素数の和(821 + 823
  • 1651 - 七角数
  • 1653 - 三角数、六角数
  • 1656 - 双子素数の和(827 + 829
  • 1667 - 1669と組で53番目の双子素数
  • 1669 - スーパー素数
  • 1676 = 11 + 62 + 73 + 64
  • 1679 = 23 × 73 、 23を基とする最小のハーシャッド数、天文学者カール・セーガンは1974年にアレシボ天文台から1679ビットの「E.T.への手紙」(アレシボ・メッセージ)を発信した。
  • 1680 - 高度合成数
  • 1681 - 412、中心つき八角数、n2 + n + 41 の形で最小の合成数素数生成式参照)
  • 1682 - ルース=アーロン・ペア (1682, 1683) の前者
  • 1683 - ルース=アーロン・ペア (1682, 1683) の後者
  • 1695 - 15 × 15 の魔方陣の一列の和
  • 1697 - 1699と組で54番目の双子素数

1701 から 1800 までの数


  • 1701 - 35 × 7、十角数、『スタートレック』に登場するU.S.S.エンタープライズの艦番
  • 1705 - トリボナッチ数
  • 1711 - 三角数
  • 1716 - 双子素数の和(857 + 859)
  • 1717 - 五角数
  • 1720 - 最初の31個の素数の合計
  • 1721 - 1723と組の55番目の双子素数
  • 1722 - 矩形数、ジューガ数
  • 1723 - 410 + 411 + 412 、 スーパー素数
  • 1728 - 123 = 26 × 33 = 64 × 27。素因数分解形が 2i × 3j になる数、1つ前は1536、次は1944十二進法で1000 、1大グロス
  • 1729 - タクシー数、カーマイケル数、ツァイゼル数、中心つき立方体数
  • 1730 - 232 + 242 + 252
  • 1733 - ソフィー・ジェルマン素数
  • 1741 - スーパー素数、中心つき四角数、エマープ(1741 ←→ 1471)
  • 1756 - 中心つき五角数
  • 1760 - 1マイル=1760ヤード
  • 1764 - 双子素数の和(881 + 883)
  • 1770 - 三角数、六角数、オーストラリアにセブンティーンセブンティ (1770) という名前の町がある
  • 1771 - 三角錐数
  • 1772 - 中心つき七角数
  • 1777 - 下3桁が「777」の素数としては最小
  • 1778 - の近似値
  • 1782 - 七角数
  • 1785 - 四角錐数
  • 1787 - 1789と組の56番目の双子素数、スーパー素数
  • 1794 - 九角数、四素合成数
  • 1800 - 5(5×360)、五角錐数、7以外の1から10までに加えて25(52)で割り切れる最小の数。

1801 から 1900 までの数


  • 1806 - 矩形数
  • 1807 = 420 + 421 + 422シルベスター数列英語版の第5項
  • 1811 - ソフィー・ジェルマン素数
  • 1820 - 五角数、五胞体数
  • 1823 - 安全素数、スーパー素数
  • 1827 - 5番目のヴァンパイア数(21×87)
  • 1830 - 三角数
  • 1834 - 八面体数、最初の5個の素数の3乗の合計
  • 1836 - 陽子電子質量のおおよその比率
  • 1837 - 六芒星数
  • 1847 - スーパー素数
  • 1849 = 中心つき八角数
  • 1851 - 最初の32個の素数の合計
  • 1854 - モンモール数
  • 1861 - 中心つき四角数
  • 1862 - ルース=アーロン・ペア (1862, 1863) の前者
  • 1863 - ルース=アーロン・ペア (1862, 1863) の後者
  • 1865 - 六進法で 12345 となる。
  • 1867 - (p, p + 4, p + 6, p + 10, p + 12)が素数になる3番目の素数 p である。(オンライン整数列大辞典の数列 A022007)
  • 1870 - 十角数
  • 1871 - 1873, 1877, 1879と組で7番目の四つ子素数、1873と組で57番目の双子素数
  • 1877 - 1879と組で58番目の双子素数、1877 = 242 + 252 + 262
  • 1884 = 121 + 122 + 123
  • 1885 = 120 + 121 + 122 + 123十二進法で1111、ツァイゼル数
  • 1889 - ソフィー・ジェルマン素数
  • 1891 - 三角数、六角数、中心つき五角数
  • 1892 - 矩形数
  • 1893 = 430 + 431 + 432
  • 1898 - 26を基とする最小のハーシャッド数

1901 から 1999 までの数


  • 1901 - ソフィー・ジェルマン素数、エマープ(1901 ←→ 1091)
  • 1907 - 安全素数
  • 1909 - 2番目の18-ハイパー完全数
  • 1913 - スーパー素数
  • 1914 - 四素合成数
  • 1918 - 七角数
  • 1920 = 27 × 3 × 5 = 64 × 30 、連続してある数に対して約数の和を求めていった場合56個の数が1920になる。1920より小さい数で56個ある数はない。いいかえると を満たす n が56個あるということである。(ただし σ は約数関数)
  • 1926 - 五角数
  • 1931 - 1933と組で59番目の双子素数、ソフィー・ジェルマン素数
  • 1933 - 中心つき七角数
  • 1938 - 四素合成数
  • 1943 - 三角数、六角数
  • 1944 - 23 × 35。素因数分解形が 2i × 3j (i ≧ 0, j ≧ 0) になる数、1つ前は1728、次は2048
  • 1949 - 1951と組で60番目の双子素数
  • 1953 - 三角数
  • 1956 - 九角数
  • 1960 = 23 × 5 × 72
  • 1973 - ソフィー・ジェルマン素数
  • 1974 - 四素合成数
  • 1980 - 22 × 32 × 5 × 11 = 44 × 45矩形数
  • 1981 - 440 + 441 + 442
  • 1985 - 中心つき四角数
  • 1987 - 300番目の素数
  • 1988 - 最初の33個の素数の合計
  • 1997 - 1999と組で61番目の双子素数
  • 1998 - 27を基とする2番目のハーシャッド数
  • 1999 - 十進法で下三桁が999の素数としては最小であり、逆数の循環節の長さも999桁。六進法では13131(6)回文数

  1. ^ a b なお、∀N>3のN進法によって1331を表記しても、1331は必ず立方数になる。これはであるため。
  2. ^ “片手だけで数字を31まで数える方法”. GIGAZINE. (2008年5月12日). http://gigazine.net/news/20080512_count_to_31_on_one_hand/ 2015年9月27日閲覧。 
  3. ^ オンライン整数列大辞典の数列 A002804
  4. ^ オンライン整数列大辞典の数列 A032799
  5. ^ オンライン整数列大辞典の数列 A241954
  6. ^ A105417


「1000」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「1000」に関係したコラム

  • 株式の信用取引における空売りと空買いとは

    株式の信用取引では、空売りと空買いの2通りの取引方法があります。空売りでは、最初に株式の売り注文をして、取引を終える時に株式を買い戻す取引を行います。空売りは、株価が高い時に売って安くなったら買い戻し...

  • 株式投資で評価損が出た時の対処法

    株式投資における評価損とは、その時点で手持ちの株式を売却すると損失が発生することです。ここでは、株式投資で評価損が出た時の対処法を紹介します。▼損切り損切りとは、手持ちの株式を損失が発生した状態で売却...

  • 株式投資を1000円から始めるには

    株式投資は、10万円、100万円単位のお金が必要というイメージがありますが、実は、わずか1000円から始めることができます。株式投資を1000円から始めるには、いくつかの条件があります。まず、株式の売...

  • 株式投資で評価益が出た時の対処法

    株式投資における評価益とは、その時点で手持ちの株式を売却すると利益が発生することです。ここでは、株式投資で評価益が出た時の対処法を紹介します。▼利益確定売り利益確定売りとは、手持ちの株式を利益が発生し...

  • 株式の信用取引を用いたつなぎ売りの活用方法

    つなぎ売りとは、現在保有している株式を売らずに同じ銘柄を信用取引で空売りすることです。例えば、1株1000円の銘柄を1000株、現物で買ってその後1株1200円に値上がりしたとします。この時点でつなぎ...

  • 株式取引でのサヤ取りの方法

    サヤ取り(鞘取り)とは、2つの銘柄、あるいはそれ以上の銘柄の価格差を取る売買手段のことです。株式取引でのサヤ取りの方法は、通常は2つの同じような値動きをする銘柄を選び、1つは売り、もう1つは買いのポジ...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「1000」の関連用語

1000のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1000のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1000 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS