黄道帯とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 黄道帯の意味・解説 

黄道帯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/09 21:04 UTC 版)

黄道帯(こうどうたい、: Zodiac)とは、黄道の上下に9度の幅をとって空にできる帯のこと[1]。獣を象った星座を多く通ることから獣帯(じゅうたい)とも呼ばれる[2][3]。現在、黄道帯には13の星座があり、このうちへびつかい座を除いた12の星座を黄道十二星座という。




注釈

  1. ^ 占星綺想は雑誌「ユリイカ」で2000年1月から1年間にわたって連載されたエッセイであると鏡は「あとがき」で述べている。

出典

  1. ^ 中嶋浩一『天文学入門 星とは何か』丸善出版、2009年5月30日、30頁。ISBN 978-4621081167
  2. ^ 羽仁礼『図解 西洋占星術』新紀元社、2008年12月19日。ISBN 978-4775306819
  3. ^ 渋沢龍彦『黒魔術の手帖』文藝春秋〈文春文庫〉、2004年2月。ISBN 978-4167140069
  4. ^ a b c d 鏡リュウジ『占星綺想』青土社、2007年6月10日(原著2000年)、増補新版、203-204頁。ISBN 9784791763467


「黄道帯」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「黄道帯」の関連用語

黄道帯のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



黄道帯のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの黄道帯 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS