鹿島俊雄 鹿島俊雄の概要

鹿島俊雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/28 07:59 UTC 版)

日本の旗 日本の政治家
鹿島 俊雄
かしま としお
生年月日 1907年5月2日
没年月日 (1995-11-04) 1995年11月4日(満88歳没)
出身校 東京歯科医学専門学校(現:東京歯科大学[1]
所属政党 自由民主党

日本の旗 第29代 郵政大臣
内閣 第2次田中角榮第2次改造内閣
在任期間 1974年11月11日 - 1974年12月9日

選挙区 全国区
当選回数 3回
在任期間 1959年6月2日 - 1977年7月10日
テンプレートを表示

来歴・人物

1933年、東京歯科医学専門学校を卒業[1]

1959年日本歯科医師連盟をバックにして全国区から第5回参議院議員通常選挙に立候補し当選。1963年科学技術政務次官に就任。その後1965年1971年の参院選でも全国区で当選した。1974年11月、第2次田中角榮内閣郵政大臣として初入閣。しかし、この内閣は田中金脈問題で28日後に総辞職をし、鹿島はその後再入閣することがなかったため、わずか29日間しか閣僚を経験することができなかった。

1977年、政界引退。1995年11月4日死去。享年88。

日出学園理事の鹿島隆雄は息子。

参考文献

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。


議会
先代:
大竹平八郎
日本の旗 参議院予算委員長
1973年 - 1974年
次代:
大谷藤之助
先代:
村上春藏
日本の旗 参議院商工委員長
1967年 - 1968年
次代:
金丸冨夫



  1. ^ a b c 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』279頁。


「鹿島俊雄」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鹿島俊雄」の関連用語

鹿島俊雄のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鹿島俊雄のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鹿島俊雄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS