鳥居耀蔵 詩文

鳥居耀蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/26 02:31 UTC 版)

詩文

儒学者の家に生まれた耀蔵は詩をよくものした。特に幽閉時代は無聊を慰めるため詩作に励んだが、自身の悶々とした思いが込められている。例えば次の詩は赦免されて23年振りに江戸(=東京)へ帰ってきたときの述懐である。

「東京」

交市通商競イテ狂ウガ如ク
誰カ知ラン故虜ニ深望アルヲ
後ノ五十年須ラク見ルヲ得ベケレバ
神州恐ラクハ是レ夷郷ト作ラン

(現代語訳)
人々の行き交いも商業も狂ったように競っている。
誰が知るだろう、過去の罪人(耀蔵)の考えを。
五十年後の未来を予想できるならば
日本はおそらく野蛮人の国となっているだろう。

幕府での職歴

6月11日7月8日)、印旛沼古堀普請御用兼帯。
8月13日7月10日)、勘定奉行・勝手方を兼帯。
8月15日7月12日)、重ねて印旛沼古堀普請御用兼帯。
10月17日12月8日)、勘定奉行兼帯を解く。
10月3日11月2日)、讃岐丸亀藩主京極高朗のもとに永のお預け処分。



  1. ^ 田中弘之『「蛮社の獄」のすべて』(吉川弘文館、2011年)
  2. ^ 山脇悌二郎「天保改革と長崎会所」(『日本歴史』248号、1969年1月)
  3. ^ 松岡英夫 『鳥居耀蔵 天保の改革の弾圧者中公文庫 ISBN 978-4-12-205342-7、160p
  4. ^ 松岡、228p
  5. ^ 海音寺潮五郎 『悪人列伝 近代篇』 文春文庫 ISBN 978-4-16-713551-5、179p





鳥居耀蔵と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鳥居耀蔵」の関連用語

鳥居耀蔵のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鳥居耀蔵のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鳥居耀蔵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS