鳥取砂丘 祭事・催事

鳥取砂丘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/18 05:04 UTC 版)

祭事・催事

  • 鳥取砂丘光のアートフェア - 10月末から翌年1月にかけて開催される光の祭典(イルミネーションなど)[12]。当初計画されていた7000mの光のツリーは専門家から生態系や景観への影響の指摘を受けて取りやめとなった[13]
  • 砂の美術館 - 砂像彫刻を専門に展示する世界で初めての美術館。毎年テーマを変えて開催される。
  • 鳥取大砂丘全日本サンドボード選手権大会 - 鳥取砂丘で行われるサンドボードの全日本大会、体験試乗会。

文学碑

砂丘近隣に有島武郎(浜坂の遠き砂丘のなかのしてさびしきわれを見出でつるかも)、枝野登代秋(砂丘をいくつか越えしが波音のまぢかにきこえて海まだ見えず)、高浜虚子(秋風や浜坂砂丘少しゆく)、森川暁水(月荒き砂丘は古邑うづむとや)、与謝野晶子(砂丘とは浮かべるものにあらずして踏めば鳴るかなさびしき音に)などの歌碑句碑が点在する。

北島三郎の曲「港春秋」の歌碑もある。また、演歌歌手水森かおりの曲「鳥取砂丘」は大ヒットにより注目を集め、ご当地ソングの走りとなった。

交通アクセス

いずれもJR鳥取駅から。

  • 日本交通日ノ丸バス「鳥取砂丘(砂丘会館)」行きに乗り、終点で下車。所要時間22分で、運賃は370円。30 - 70分間隔で運行。
  • 日本交通(岩美・岩井線)「長谷橋」行きまたは「蕪島」行きに乗り、「砂丘東口」下車。所要時間20分。1時間に1便以上あるが、土休日とお盆・正月は減便される。
  • 湯めぐりエクスプレス「湯村温泉」行きに乗り、「砂丘センター」下車。所要時間は最短24分だが、ほとんどの便は鳥取空港を経由するため45分を要する。1日数便のみで、砂丘を経由しない便もある。
  • 土曜・休日(元旦除く)及び夏休み期間はループ麒麟獅子バスも利用できる。運賃は300円。40 - 50分間隔で運行。

周辺情報


  1. ^ 鳥取県観光連盟 - とっとり旅の生情報 鳥取砂丘
  2. ^ 国内視察スポット(関連サイト・情報とイメージ)/鳥取県 外務省
  3. ^ “鳥取砂丘の「オアシス」、巨大化 初めてボートで測量”. 朝日新聞. (2017年3月11日). http://www.asahi.com/articles/ASK397FVMK39PUUB00G.html?iref=comtop_8_05 
  4. ^ a b c d e f g h 大槻恭一, 岡田周平, 神近牧男 ほか、「鳥取砂丘の開発と保全」『農業土木学会誌』 1999年 67巻 12号 p.1315-1320_1,a1, doi:10.11408/jjsidre1965.67.12_1315
  5. ^ 法律第十二号(昭二八・三・一六 - 衆議院、2018年11月閲覧
  6. ^ 鳥取砂丘が道路「侵食」…砂防林枯れて砂が飛散 読売新聞 2014年12月5日
  7. ^ 日本一の鳥取砂丘を守り育てる条例”. 鳥取県生活環境部公園自然課. 2011年12月10日閲覧。
  8. ^ 鳥取砂丘:保全条例施行5年 落書き1217件 砂の持ち帰り、違法行為も 毎日新聞 2014年6月4日
  9. ^ 鳥取砂丘人骨は江戸~明治の男女=海難事故で埋葬か、鑑定で謎解明-県警”. 時事ドットコム (2011年8月2日). 2011年12月10日閲覧。
  10. ^ 鳥取砂丘人骨ミステリー 明治に流行したコレラか 47NEWS
  11. ^ 鳥取県立公文書館 (2016年5月). “鳥取県略年表 明治元年-平成27年”. 2017年10月29日閲覧。
  12. ^ 7千メートル光のタワー 鳥取砂丘、10月末から 日本海新聞
  13. ^ 「生態系や景観が壊れる」 鳥取市、砂丘の光のツリー計画を中止 産経新聞


「鳥取砂丘」の続きの解説一覧



鳥取砂丘と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鳥取砂丘」の関連用語

鳥取砂丘のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鳥取砂丘のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鳥取砂丘 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS