鳥刺し 鳥刺しの概要

鳥刺し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/09/05 15:30 UTC 版)

『魔笛』に登場する鳥刺しパパゲーノ

概要

鳥刺しが使う代表的な道具は黐竿(もちざお)と呼ばれる先端に鳥黐を塗った長い竿[1]で、これで小鳥を「刺す」(くっつける)ことで捕らえる。このほか、鳥黐などでを仕掛けてや鳥笛、口笛を巧みに使うことで鳥をおびき寄せて捕まえたり、霞網吹き矢猟銃を使用することもある。

江戸時代の日本においては、鳥刺しは鷹匠に仕えており、の餌となる小鳥を捕まえていた。また、鳥刺しを題材としたカードゲーム子供の遊び[2]も行われていた。

鳥刺しは、生業とする者以外にとっては魚釣りと同様に趣味と実益を兼ねたレジャーであった。刺した鳥は食用または観賞用にされ、メジロウグイスなど声や姿が美しい小鳥は多くの愛好家が存在する。ただし、現在の日本では鳥獣保護法などによってみだりに野鳥を獲ることは禁じられている。

各地の芸能

黐竿をもった鳥刺しのふるまいを真似た「鳥刺舞」(「鳥刺し踊り」「さいとりさし」とも)は伝統芸能として各地に伝わっている[3][4][5]

長崎県

長崎県雲仙市の旧国見地区で伝わっている。顔に頬かむりをし、裸に九尺を独特の締め方で巻き、竿を持ち、鳥を刺す様子を再現した踊り。 1747年神代鍋島家八代当主・鍋島茂興公が、鍋島家の佐賀本藩の名代として上洛した際に踊りを習ったのがはじまりとされている。

沖縄県

沖縄の伝統芸能「京太郎」の芸のなかに鳥刺舞(トゥイサシメー)の踊りがある。

参考文献


  1. ^ 長い竿を持った姿を描いた浮世絵として 「一世一代 坂東彦三郎 平惟茂」「鳥さし勘八 中村歌右衛門」、早稲田大学坪内博士記念演劇博物館浮世絵閲覧システム。[1]
  2. ^ 東条種家編 「児童体育遊戯法」, 1888年. [2]
  3. ^ 鳥刺し踊り(長崎県雲仙市国見町)[リンク切れ]
  4. ^ 「さいとりさし」鳥取県倉吉市[リンク切れ]
  5. ^ 石倉鳥刺舞山形県天童市


「鳥刺し」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鳥刺し」の関連用語

鳥刺しのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鳥刺しのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鳥刺し (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS