鬼の間とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 鬼の間の意味・解説 

鬼の間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/25 05:03 UTC 版)

鬼の間(おにのま)とは、京都御所において仁寿殿の西、後涼殿の東にある清涼殿(せいりょうでん)、南西隅の部屋。すなわち裏鬼門の位置にある。平安遷都(延暦13年・794年)時の内裏に大和絵師、飛鳥部常則康保元年(964年、この間に鬼を退治する白沢王像を描いたとされる。[1]壁に描かれていた王は、一人で剣をあげて鬼を追う勇姿であり、それを白沢王(はかたおう)といい、古代インド波羅奈国(はらなこく)の王であり、鬼を捕らえた剛勇の武将であると、順徳天皇が著した禁秘抄(きんぴしょう)(御抄)(みしょう)を解釈した[1]禁秘抄講義』3巻上(関根正直著)に記述されている。 現在の建物(鬼の間)に、白澤王の絵は描かれていない。[2]なお、江戸中期の随筆「夏山雑談」には、白沢王は李の将軍、「白澤王」としても記されている[2]。昭和43年、皇居東御苑が一般公開されたが、京都御所GHQの管理下でありながら、昭和21年11月に一般公開[2]されている、しかし現在でも鬼の間は一般公開されていない[2]




「鬼の間」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鬼の間」の関連用語

鬼の間のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鬼の間のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鬼の間 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS