駄洒落 人物

駄洒落

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/12 14:08 UTC 版)

人物

  • 多治家礼(たじやれい) - 駄洒落研究家を自称、ハルキブックスより『ダジャレ練習帳』『これをダジャレで言えますか?』『このダジャレで生きのびろ!』などの駄洒落を主題とした著作を出版。名前そのものも駄洒落にかけた駄洒落。
  • 鈴木ひでちか - 日本だじゃれ活用協会の代表理事。自由国民社より会社を強くする「だじゃれ」仕事術『爆笑する組織』を出版している。
  • 中島ピロタカ - ダジャレ界の異端児。『だじゃれの日』の発案や銚子電気鉄道(千葉県銚子市)とコラボしたタイなのにヒラメいちゃいました?貸切列車『鯛パニック号』などをプロデュースした事で有名。TED (カンファレンス)のスピーカーとしても登壇している。
  • 高信太郎 - 漫画家で、漫画作品のほとんどのオチが駄洒落。単行本の名にも『漫画日本むつかし話(まんが日本昔ばなし)』『起承転外(起承転結奇想天外)』など駄洒落によるものが多々ある。
駄洒落を用いたペンネームなど

※上記と異なり作風自体に駄洒落要素の少ないものも含まれる。

  • 二葉亭四迷(ふたばていしめい) - 明治時代の作家。「くたばってしまえ」から。
  • 阿佐田哲也(あさだてつや) - 雀士小説家麻雀徹夜を繰り返し「朝だ、徹夜!」と言ったことから。
  • かとう唯(かとうゆい) - 駄洒落が大好きなミュージカル女優で、ダジャレントとして活動している。自己紹介ソング 『ありかとうゆいたくて』 や、69個の 「だじゃれ」 で構成された『ダジャロック!』などの作詞も手掛け、ゆいチューブ(YouTube)などで公開している。

だじゃれの日

一般社団法人日本だじゃれ活用協会が制定した記念日で、日付は9月1日。「ク(9)リエイティブかつイ(1)ンパクト」があるだじゃれは、人と人とのコミュニケーションをより豊かなものにしてくれる「無形文化遊具」であり、だじゃれが秘める無限の「吸(9)引(1)力」を活かし、生活に彩りと潤いをもたらすことで世の中に「救(9)い(1)」を届けたいとの願いが込められている[3]

脚注

[脚注の使い方]



「駄洒落」の続きの解説一覧




駄洒落と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「駄洒落」の関連用語

駄洒落のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



駄洒落のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの駄洒落 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS